静岡・三河の工務店・新築・一戸建て・注文住宅・リノベ会社を検索できるイエタテ

  1. モデルハウスや完成見学会に行くときに注目&注意するべきポイントは?

家づくり Q&A

モデルハウスや完成見学会に行くときに注目&注意するべきポイントは?

モデルハウスや完成見学会など、家に見学に行くとしたら、どんなところに注目した
らよいですか?デザインとかぱっとみてわかるところに気を取られてしまったり、し
つこく営業されて好きなように見れないのではないかと心配です…。もし行く
なら、しっかり見学したいので、見落としがちなポイントや持って行った方がよいも
のなどもあれば教えてください。

情報収集|2017-09-08 metome

もちだの家からのご回答

「家を建てよう」と決まった時に、まず一番最初に向かうのが「モデルハウス」や「見学会」のようです。でも、私が一番気になっているのは、それが本当に正しいのでしょうか?ということです。

見学をしていただく家、仕上がった家は、どこも理想的で、綺麗で、素敵です。だから住宅会社は「見ていただきたい」のだと思います。
見学すると、「こんな家が建てられるんだ。」「家ってこうなってるんだ。」と、家のイメージが持てるという点ではもちろんお客様にとって有効な手段だと思います。

でも、その装備や綺麗さ、素敵さに目を奪われてしまうと、大事なことがあいまいになってしまいます。家を建てるためには「理想(フルスペック)」と「現実(予算)」との擦り合わせが必要です。それ以上に大事なのは、家は生活する場ですから、建てた後の生活だと思います。

それには、どのような暮らしをしたいか。そのために必要なものは何か。家計の整理、見直しをして、快適な生活を送るには、予算をどこに設定するのか。
今は、出向かなくても、事前の準備にはネットという武器があって、情報収集には事欠きません。まず、「情報収集」と「ご家族での話し合い」をして、準備をしてから見学されることをお勧めします。

その上で、予算の範囲内で、理想に限りなく近い家を建ててくれそうな会社はどこか。お客様の理想だけを取ってみれば、それができない会社は一つもないはずなのです。問題は予算であり、そこを親身になって相談してくれる会社(人)かどうか。そのような目で見学をした方が、結果的に得だと思います。

モデルハウスや、他社の見学会に参加されているお客様とお話ししていて感じるのは、

①建物の大きさ(延べ床面積)、仕様を把握されていない方が多いこと。
②その会社の標準仕様(本体価格に入っているもの)とオプション仕様(追加料金が発生するもの)の違いをご理解できていないこと。(営業マンの「出来ます」は必ずしも標準仕様ではない場合があるということです。)
③人気のある装備品や耐震等級や省エネのランクなどなど、「こんなにすごいんです。」という説明に対して、それが「どういう意味なのか」「何が違うのか」ということまで説明されていないのに「すごいんだ」と思い込んでいること。

以上の三点でしょうか。
これらは、実は自分らしい家を建てるための、会社選びの際の基準となる部分だと思います。

※回答内容はあくまで参考情報ですので、内容を保証するものではありません。

村松工務店からのご回答

建物のデザインとかも大切ですが、デザインはあなた様が建てる業者に要望されればどこの会社に頼んでも同じだと思います。大切なのは、その会社(担当者)があなた様のことをどれだけ親身になって考えてくれるかです。安い買い物では無いから、なるべく後悔が残らない会社で建てることをお勧めします。
(口先、言葉に気をつけてください)

※回答内容はあくまで参考情報ですので、内容を保証するものではありません。

旭建設からのご回答

こんにちは 旭建設の遠藤です。
モデルハウスや完成見学会などの注目点、注意点とのことなので、モデルハウス完備の弊社側からのお答えをさせていただきます。主な注目点・注意点を5つにまとめました。

◆注目点➀ 【しっかり標準仕様の説明を受けましょう】 
◆注目点② 【予算の相談をしましょう】
◆注目点③ 【図面を描いてもらいましょう】
◆注目点④ 【家に対する家具の大きさ・配置などを確認できますよ~】
◆注目点⑤ 【購入時・完成時・住みだしてからの資金計画は?】

こちらを1つずつ詳しく紹介させていただきます。

◆注目点➀ 【しっかり標準仕様の説明を受けましょう】 
モデルハウスを完備しているハウスメーカーや工務店なら多くの会社が「坪○○円ですよ~」と標準仕様を明確にしております。したがって、営業などに「ここの標準品は何で、オプション品は何か?」を尋ねてみてください。
 
◆注目点② 【予算の相談をしましょう】
モデルハウスにお越しいただくお客様の多くが、「地震には強いの?」(耐震性能)、『寒い家は嫌なの~」(断熱性能)など、性能面を確認されます。各会社それぞれ独自の考え方はありますが、「数値の比較だけで商品を購入して良いか?」などのご質問をいただくことも多々ございます。数値なくして建築は出来ないので、それはそれで大切なことですが、家を建てるなら、予算も意識しなければなりません。したがって、「坪○○円でもこんな事まで標準品なんだ~」「立派な仕様だから値段も立派なのねw」など、予算面での比較検討材料になるのもモデルハウスの利点かもしれません。

◆注目点③ 【図面を描いてもらいましょう】
モデルハウスに行くと、確かにデザインやディスプレーに目が行ってしまいます(私もそうですw)。ただし、あくまでもモデルハウスなので目の肥やし程度にしてください。モデルハウスには生活雑貨も置いてないし、集合展示場などにおいては巨大すぎて生活感が無くまさに『夢の新築住宅』的な演出がされております。そこで、建替え希望の方であれば、『現状の敷地図』を、土地からお探しの方では『土地の資料』をお持ちください(もし図面や土地の資料等ない方や、これから土地を探したい方は住所や希望を営業にお話しください)。注目点②の予算の相談をするには、土地の資料があればより具体的な資金計画が出来ますよ~。

◆注目点④ 【家に対する家具の大きさ・配置などを確認できますよ~】
弊社のお客様の例をお話ししますと、リビングの大きさを平均すると16~20畳を希望される方が多いので、間をとって18畳のリビングをモデルハウスでは採用しております。図面だけでは大きさの感覚がなかなかつかめないので、モデルハウスに行くならば家具や電化製品の大きさなど同時に見て、ご自身のライフスタイルを確認することも大切だと思います。

◆注目点⑤ 【購入時・完成時・住みだしてからの資金計画は?】
住宅を購入する際には、イニシャルコスト(購入時にかかる建物等の費用)とランニングコスト(生活を始めてからかかる費用)を同時に意識しなければなりません。技術の進歩と同時に建築基準法の見直しをはじめ、税金や補助金などの制度も年々変化しておりますので、現状の確認をすることが大切です。各社、性能や技術の説明はどこでもしてくれますが、一歩踏み込んだ話もしていかなければならないと思います。ご質問にもございましたように、『しつこい営業マン』と『信頼出来る営業マン』の違いがあるとしたら、イニシャルコストとランニングコストをしっかり説明してくれるかが1つのポイントになると思われます。是非、良い家づくりに営業を活用してみてください。

取り急ぎ注目点➀~⑤と簡単にまとめさせていただきましたが、家づくりには、『土地』・『資金』・『希望』の一つでも欠けては建てることは叶いません。大変な作業ではあるかと思いますが、乗り越えた先にある『素敵な生活』が来ると信じて頑張りましょう。心よりお待ちしております。

※回答内容はあくまで参考情報ですので、内容を保証するものではありません。

Casa(カーサ)からのご回答

冬の寒い時期でしたら、是非暖かさ(体感温度)に着目して見学すると良いと思います。具体的には室温と、可能でしたらレーザーで外周まわりの室内壁の温度、窓の温度、床の温度を計ることです。

◇(室温+表面温度)÷2=体感温度

ただ、注意するのはどういった能力の暖房器具でその室温になっているのかをチェックしないと、家の性能はわかりません。
もしご興味ございましたらご相談ください。

※回答内容はあくまで参考情報ですので、内容を保証するものではありません。

中部ガスからのご回答

十人十色といいますが、各ハウスメーカー・工務店で色々な特徴があると思います。私共、ガス会社は、いろいろな建築関連の会社の方とお付き合いさせていただいています。

一番のポイントは、営業マンとの相性だと思います。いろいろな相談に乗ってもらえる方との出会いではないでしょうか?あまり期日を迫るような営業マンは少し不安ですよね。家は一生で一番の高価なお買い物ですので、設備含めて、じっくり相談してみて下さい。

見落としがちなポイントとしては、モデルハウスは通常より大きい家が多いので、実際に建てられた方のご意見を聞ける会社が安心ですよね。
また、メジャーやカメラなどあると便利かもしれません。

※回答内容はあくまで参考情報ですので、内容を保証するものではありません。

セルコホーム浜松北(オバタケイ)からのご回答

こんにちは。セルコホーム浜松北の渡辺です。

モデルハウスや完成見学会へ行きたいということは、おそらく注文住宅をご検討しているのだと思います。
そうであれば、『新居でこういう生活がしたい』というイメージをアバウト(家族で楽しく暮らしたい、なるべく家事を楽にしたい等)でもいいので、家族で相談してから見学に行くといいと思いますよ。
見学する建物がそのイメージに合わなくても案内してくれている人に相談することで、間取りのアドバイスをもらえることもありますし、自分たちのイメージだとキッチンとお風呂は近い方がいいのかといった発見があるかもしれません。

また、いいなと思ったものは許可を得て写真を撮り、必要があればサイズも測っておきましょう。それをまとめておくと、実際に話しが進んでいった時の打合せ資料にりますよ。

最後に持ち物ですが、カメラ、メモ帳、筆記用具、メジャーがあれば大丈夫だと思います。

※回答内容はあくまで参考情報ですので、内容を保証するものではありません。

コバヤシ建築からのご回答

こんにちは。島田市の工務店コバヤシ建築の太田と申します。住宅の設計、施工管理をしています。よろしくお願いします。

なかなか難しい質問だと思いました。
大手ハウスメーカーと設計事務所や地域の工務店とは全く違う文化を持っていますので同列には申せませんが、もしかすると完成見学会やモデルルームの訪問から得られる情報よりウェブサイトの閲覧から得られる情報の密度のほうが濃いかもしれません。

逆にウェブサイトからでは伝えにくい情報って何だろう?と考えました。
体感的なもの。暑さ、寒さ、空気感、匂い、音の伝わり方、主婦動線的な距離感。空間の広さ。この場合、部屋が狭い、天井が低いほうが落ち着くっていうこともあります。それから空間の連続性。居間と庭のつながり感だとか。小さい子供さんに目が行き届く間取り的な安心感とか。素材の高級感みたいなものはやはり現物に触れないと今のバーチャル技術ではまだまだ伝えきれない気がします。

そう考えるとやはり事前にウェブサイトを熟読して得られる情報を予めゲットしておくのが正攻法かなと思いました。
その上で見学会やモデルルームではしっかりしたガイダンスをすることが出来る立場の人を指名して、説明を受けるというのがよいと思います。
予約してから行くというのも一つの方法ですね。担当する説明員の質で全てが決まるような気がします。

水回りの設備については、完成見学会の訪問よりも水回りメーカーのモデルルームを幾つかはしごするほうが情報量が圧倒的に多いですね。
営業掛けられる心配もないし。

以上、参考になさって下さい。

※回答内容はあくまで参考情報ですので、内容を保証するものではありません。

低燃費住宅 西三河オフィスからのご回答

見学会やモデルハウスに行ったらまずはエアコンの室外機が何台あるかをチェックされるといいかと思います。真夏か真冬に行って。

エアコンの室外機が5台も6台もあるようではそのお家はエネルギー垂れ流し住宅の危険性があると考えられます。
当然に気密と断熱がしっかりしていない今までの日本の家づくりの「夏暑くて冬寒いお家」の可能性が高いと思います。

これからエネルギー費用が値上がりしていくことは確実なので、光熱費が家計を圧迫してしまう住宅貧乏になってしまっては、何のためのマイホームか分かりません。
当然にメンテナンス費用もどうなって行くのかも踏まえてFP診断もしてもらうことをお勧めします。

そしてハンディタイプでレーザーを当てたところの温度が測れる機械を持っていかれるといいかと思います。床、壁、天井と
測ってみて温度差のないお家であるかどうかをチェックしてみて下さい。気密と断熱がしっかりしていないお家は5℃以上も
あったりします。この温度差は特に冬は危険です。家が凶器にかわってしまう恐れも・・・怖いですね。
隅々まで測ってみましょう。

ヨーロッパでは冬無暖房で室内が16℃を下回るお家を造ってはいけないと言う法律があるんです。
16℃を下回ってしまうと体に何かしら影響を与えてしまうからとの事です。さあ日本の家はいかがでしょう?
冬に朝起きると室内が10℃を下回っているなんてことがあるのでは・・・危険です。

気密と断熱のほかに陽の入り方も考えられた窓の配置や日射遮蔽も考えられた設計根拠も聞いてみるのもいいかと思います。
このことをしっかりと考えられていないと夏とんでもなく室内が暑いお家になる可能性が高いです。

健康、家の長持ちについては、壁の中の結露問題です。
気密や断熱が不十分だと壁の中で結露してカビが生えそのカビを食べにダニが寄ってきます。ダニの死骸やフンが
室内に充満しているそんなお家は果たして健康とは言えませんよね。結露は柱を腐らせたり鉄を錆びさせたりします。

あったかいところ暗いところ水分のあるところの3つの条件が揃うと白あり君が悪さをし始めます。

大きな地震の時に1階部分が2階に押しつぶされてしまっている写真など見たことがあるかとは思います。耐震不足と言われてはいますが、実は白ありや腐れによって耐えるべき柱や梁や合板なんかが機能していないことが判明しています。

建てた時は確かに強くても10年後に白ありや腐れにやられてしまった構造躯体で果たして地震に強い建物と言えるのでしょうか?
耐震の金物や免振装置なんかも強い構造躯体があってのことだと思います。

健康、安心、安全、長持ち、光熱費、エネルギー問題、環境問題そして未来の子供たちの為に考えられたお家はUA値=0.3以下 C値=0.3以下である事をお勧めします。

私どもの低燃費住宅はこれらの数値を全棟クリアし全棟家の性能の指標となるエネルギーパスを実施しています。C値の測定は工事中と工事完了時の2回行います。

そしてエアコン1台で夏涼しく冬暖かいお家を実現しています。性能良くお家を造ると床暖房や浴室暖房乾燥機なんかは必要ないんです。

光熱費がかかるからと夏暑くて冬寒い35年で使い物にならない今までのメカメカ住宅に住むがいいか、
少しのエネルギーでいつまでも安心、安全、健康にそして長持ちする快適なお家に住むがいいのか、
せっかく高いお金を出したりローンを組むわけですから今一度家づくりを考えましょう。

健康はお金では買えませんから。
そして未来の子供たちの為に考えましょう!!

家にしっかりとお金をかけられて、
そして何よりスタッフがしっかりとした理念を持って熱意があるかも大事なチェックポイントかなとも思います。


※回答内容はあくまで参考情報ですので、内容を保証するものではありません。

知りたい内容がなかったり、もっと知りたいと思ったら、イエタテ掲載社にどんどん質問してみよう!

その他の情報収集についての質問・相談 (98件)

情報収集|回答数:3 丈夫で汚れにくい「外壁」とは? 情報収集|回答数:8 スケルトン階段の安全性が気になります 情報収集|回答数:4 3階建ての木造住宅について教えてください 情報収集|回答数:2 2階建て木造住宅を守る地震対策は?(制震補強など) 情報収集|回答数:3 子ども部屋の仕切りはどう作る? 情報収集|回答数:3 太陽光パネルは人体に影響がある? 情報収集|回答数:6 木の家を建てたい!まずは何をすべきですか? 情報収集|回答数:1 ペットの足音対策はありますか? 情報収集|回答数:3 家の完成イメージはどんな形で見せてもらえますか? 情報収集|回答数:3 家づくりに関する補助金の最新情報はどこで知る事ができますか? 情報収集|回答数:2 家を一棟建てるのに良い季節はあるのですか? 情報収集|回答数:1 リフォームとリノベーションの違いは何ですか? 情報収集|回答数:1 犬を飼っている家でできる工夫を教えてください 情報収集|回答数:2 リフォームについて教えてください 情報収集|回答数:1 施工段階で庭に雑草が生えない工夫などはするのでしょうか? 情報収集|回答数:3 吹抜けのお家のお手入れについてアドバイスをお願いします 情報収集|回答数:0 お盆や親戚がくることを考慮した家造りをする人は多いですか? 情報収集|回答数:1 外壁塗装の色について教えてください! 情報収集|回答数:1 断熱=エコとなるわけは、どんなところにあるのでしょうか? 情報収集|回答数:1 床柱はどんな木材が選ばれることが多いですか? 情報収集|回答数:1 増築をすると雨漏りをすることがあるのでしょうか? 情報収集|回答数:2 部屋ごとにどんな木材が選ばれるのですか? 情報収集|回答数:0 東北はヒバ、静岡はヒノキを使うことが多い理由は何でしょう? 情報収集|回答数:2 シアタールームを作りたい! 情報収集|回答数:0 アイランドキッチンについて教えてください 情報収集|回答数:3 ペットと暮らすために・・・ 情報収集|回答数:1 古い瓦を再利用できますか? 情報収集|回答数:4 足元の窓について教えてください 情報収集|回答数:2 駐車場について教えてください。 情報収集|回答数:1 鉄筋と木造の違いを教えてください。 情報収集|回答数:2 天井にシミが出来ているのですが、これって雨漏りでしょうか? 情報収集|回答数:3 狭い土地でもガーデニングを楽しむ方法はありますか? 情報収集|回答数:3 「漆喰」「珪藻土」の特徴は? 情報収集|回答数:5 シックハウス対策について教えてください 情報収集|回答数:0 かっこいい階段をつけたいと思っていますが、使い心地やメンテナンスなどを教えてください。 情報収集|回答数:2 ロフト自体にエアコンを設置した方がいいですか? 情報収集|回答数:1 土間のメリット、デメリットとは? 情報収集|回答数:2 リフォームでカビ対策をしたいのですがいい方法はありますか? 情報収集|回答数:4 インテリアをコーディネイトしてもらう事はできますか? 情報収集|回答数:2 リフォームで間取りを変える事はできますか? 情報収集|回答数:2 建築士に希望をどう伝えたらいいですか? 情報収集|回答数:4 家ができるまでの期間は? 情報収集|回答数:1 木の浴室について教えてください 情報収集|回答数:1 空き地が購入可能か調べたい 情報収集|回答数:1 建ぺい率を知りたい 情報収集|回答数:1 モデルハウスで会社の特徴を知りたい! 情報収集|回答数:1 セルフビルドについて教えてください 情報収集|回答数:1 家を建てたいと思ったら、どんなものを参考にすればいいでしょうか? 情報収集|回答数:0 建てた後でも修正をしてもらえる場合はありますか? 情報収集|回答数:2 窓ガラスについて教えてもらえますか? 情報収集|回答数:1 外装の色によって室内の温度が変わることはありますか? 情報収集|回答数:0 床暖房を設置するメリットは何ですか? 情報収集|回答数:3 窓の結露を防ぐ方法はありますか? 情報収集|回答数:2 薪ストーブを設置をする際に注意することは? 情報収集|回答数:0 創エネリフォームってどんなリフォームですか? 情報収集|回答数:1 モニターハウスってお得ですか? 情報収集|回答数:1 アフターメンテナンスってどんなことをするんですか? 情報収集|回答数:1 バリアフリーリフォームってどんなリフォーム? 情報収集|回答数:1 新築した家のメンテナンスについて教えてください 情報収集|回答数:4 気密性の高い住宅の換気について教えてください 情報収集|回答数:0 モデルハウスはどんな所をチェックすればいい? 情報収集|回答数:0 「しずおか優良木材」について教えてください。 情報収集|回答数:5 いい土地、いい地盤ってどんなもの? 情報収集|回答数:0 エアー断震について教えてください 情報収集|回答数:2 屋上緑化についておしえてください 情報収集|回答数:1 無垢材の種類と特徴を教えてください。 情報収集|回答数:2 リフォームとリノベーションって何が違うの? 情報収集|回答数:1 赤松材の松ヤニについて教えてください! 情報収集|回答数:2 無垢の床は水回りに使っても大丈夫ですか? 情報収集|回答数:1 二世帯住宅の生活音を抑える工夫を教えてください。 情報収集|回答数:2 ゼロエネ住宅ってどうやって光熱費をゼロにしているんですか? 情報収集|回答数:0 「スマートハウス」って何ですか? 情報収集|回答数:2 「シックハウス症候群」にならないためには、どんなことに気をつければいいの? 情報収集|回答数:0 家のテイストは、年月が経った時のことを考えて決めるべき? 情報収集|回答数:2 坪単価の計算の仕方は? 情報収集|回答数:1 外張り断熱と内張り断熱の違いは? 情報収集|回答数:2 材木の強度を種類別に教えて下さい 情報収集|回答数:2 中古住宅を購入しリフォームする場合の注意点とは? 情報収集|回答数:2 ペットと一緒に住む家を建てる時気をつけることは? 情報収集|回答数:5 暖房費のあまりかからない家とは? 情報収集|回答数:2 山奥にある土地に家を建てる場合、値段も高くなりますか? 情報収集|回答数:1 発電や節電できる装置について 情報収集|回答数:1 長持ちする家について 情報収集|回答数:2 母親と同居するなら二世帯がいいのか、単世帯がいいのか?について 情報収集|回答数:2 梅雨時期に快適に過ごせる家づくりについて 情報収集|回答数:1 二階の水回り 排水音について 情報収集|回答数:3 リビングのアイランドキッチンについて 情報収集|回答数:1 真四角の家は地震に強い? 情報収集|回答数:3 断熱材について 情報収集|回答数:1 換気システムについて 情報収集|回答数:1 無垢フローリングへの塗装について 情報収集|回答数:0 見学会や展示場に行ったら必ずチェックすべきポイントを教えて下さい。 情報収集|回答数:0 今話題のリビング階段について教えて下さい。 情報収集|回答数:1 花粉症、ハウスダスト、アトピーにいい家について教えて下さい。 情報収集|回答数:1 子どもがのびのび育つ間取りやアイディアを教えて下さい! 情報収集|回答数:2 ステップ(スキップ)フロアのメリット、デメリットを教えて下さい。 情報収集|回答数:1 床暖房のコストを教えて 情報収集|回答数:2 吹きつけ発泡断熱材の環境配慮は?
CLOSE