静岡県西部

静岡・三河の工務店・新築・一戸建て・注文住宅・リノベ会社を検索できるイエタテ

注文住宅、リフォーム住宅会社を探す

住宅会社 住宅イベント モデルハウス 新築施工例 施工例特集 リノベ事例 フォトギャラリー 住まいのプロ コラム Q&A
  1. イエタテ
  2. 静岡県西部
  3. 家づくり Q&A一覧
  4. 情報収集
  5. 新築を建てるかリノベーションするか迷っています

家づくり Q&A

新築を建てるかリノベーションするか迷っています

築30年ほどの実家をリノベーションするか、解体して新築を建てるか迷っています。
実家は外観の見た目や今の間取りが純和風の作りですが、その雰囲気も、間取りも変えたいと思っています。
また、大幅な間取りの変更をしたい場合、そもそもリノベーションが可能なのでしょうか?
 
もし解体して新築を建てるということになった場合、新築を建てるのとリノベーションするのとは費用も変わってくるのでしょうか?

情報収集|2020-05-15 ぎょぎょぎょ

小幡建設からのご回答

築30年の家のリノベーションについては、特別な事情がない限りお勧めはしていません。

築100年で歴史的価値があればリノベーションすべきです。

築30年の家を1000万円以上~2000万円のリノベーションをしても、
全て満足できる住宅にはならない可能性が高いです。

また、30歳の方が築30年の家をリノベーションして20年住むとしましょう。
20年たつと家は築50年になりますのでいたるところが傷んできます。
そして、30歳の方は20年たつと50代です。

50代からの建替えだとすると、住宅ローンの返済期間が少なく、満足する建替えの費用を借りられないかもしれません。
築50年の家を現金かリフォームローンで最低限悪いところをリフォームして生活することになります。
リフォームローンは金利が高く・減税効果も少ないです。
生涯住宅リフォーム工事をやり続けることになります。

心のどこかで、1度は自分の好きな家を新築しておけばよかったと
後悔すること事もあるのではないでしょうか?

新築の家の耐震性・断熱性・耐久性とリノベーションの家と比べたら全く違います。
特に気密性能はリノベーションでは良くなりません。
リノベーションで外観デザイン・水廻りなどリフォームすると1000万以上は確実です。
間取りの変更すると一般的には耐震性が悪くなります。耐震補強をしても万全とは言えません。
また、30年前は地盤調査もない時代です。1mの土盛りするから、2mから3mのパイル(杭)を打っておきましょう? という時代です。杭が支持層までとどいているのか?
など明確でありませんでした。
当然、リノベーションしても基礎などは、リノベーション出来ません。
新築の様に地盤補償がある訳ではありません。

今、新築とリノベーションの差額が500万円~1000万円だったとしても
私は、新築をお勧めします。
 
先日も1年前にリノベーションで1500万円以上のリノベーション予定のお客様が
消費税の駆け込みで新築に切り替えられました。

完成した新築住宅の引き渡しの日に
本当に新築にしてよかった!!!と言っていただけました。

当社のお客さまではないですが、
お近くの方で、10年以内に他社でリノベーションされた方が、
最近、建替えされました。リノベーションしたばかりなのに!!とちょっとびっくりしました。

将来の事を考えながら目先の事だけでなくご検討されてはいかがでしょうか?

小幡の新築住宅の快適性を体感されたら考え方が整理できると思います。

ぜひお気軽に体感にお越しください。

水曜日・木曜日以外は何時でも体感可能です。

※回答内容はあくまで参考情報ですので、内容を保証するものではありません。

レオックからのご回答

お問い合わせの建物は築年数30年ということですが、リノベーションは可能です。

まずは耐震性能と断熱性能をチェックして、現在の新築の基準まで性能を上げることで、住みやすい快適な家になります。
間取はかなり自由になります。
外観の雰囲気は洋風にするにはかなりのコストがかかりますが、同じ和風ですっきりとしたデザインにすることは出来ます。
コストはおよそ新築建て替えの3分の2です。

豊橋に築35年の和風のリノベーションモデルハウスがあります。参考にしてください。

詳しくはこちら

※回答内容はあくまで参考情報ですので、内容を保証するものではありません。

Sanki Haus(サンキハウス)静岡三基からのご回答

築30年ですと1981年6月以降に新築された建物と思われますので、
新耐震基準以降の住宅として耐震診断を行い、リノベーションして現行の新築に近い耐震及び省エネ性能を実現することが出来ます。

金額に関してはどこまで求めるか、で大きく変わりますが、
新築同様の耐震等級3を求め、省エネもZEH基準(-20%)程度まで求めるなら新築の8割程度の金額が掛かると思います。
なぜなら、家をほぼ丸裸にして、金物や壁の増設をして高耐震にし、壁は気密処理を伴った断熱材の入れ替えをし、
窓は新しい製品に入れ替えをする必要があるからです。

金額を抑えての間取り変更リノベーションならば、窓を入れ替えずに2重窓にする事や
壁もある程度そのまま使う事で、古い部分を残すことになりますが新築の5割程度に抑える
ことが出来ます。

性能をどこまで求めるかで掛かる金額も変わります。


弊社で古い部分を残したリノベーションの事例がありますのでご覧ください。

詳しくはこちら

※回答内容はあくまで参考情報ですので、内容を保証するものではありません。

LivingD 第一建設からのご回答

建替えそれともリフォームのどちらが今の私たち家族には正解なのか。
迷ったことはありませんか?

どちらもいったいいくらぐらいかかるのか?
資金繰りはどうしたらいいのか?
やる事がたくさんあって何から手を付けていいのか?
などなどいろんなお悩みもセミナーを聞いてスッキリ解決。

ご自宅に居ながら聞けるオンラインセミナーも活用いただけます。是非お気軽にお申込ください!

詳しくはこちら

※回答内容はあくまで参考情報ですので、内容を保証するものではありません。

空間工房LOHASからのご回答

きちんと現地調査がが出来れば可能かと思います。

現在の耐震基準に準じた耐震補強と、おそらく断熱など省エネ改修も一緒にできるとよいかと思います。
最近はリフォームにでる補助金の種類が多いので上手に、静岡県や国の補助金などを利用して行えるとよいですね。

※回答内容はあくまで参考情報ですので、内容を保証するものではありません。

F設計からのご回答

非常に迷う難題だと思います。
なぜなら築30年の年数がまず気になります。
さらに間取りも変え、イメージも変えたい意向だという事、新耐震基準で建ったとはいえ木造の法定耐用年数20年をとっくに過ぎています。
さらに古い建物を生かした間取り、雰囲気にしたいのならまだしも、
そうでなく、単なるもったいない、コストが安くなるかも知れないだけの要望でしたら、建て替えを勧めます。

なぜなら木造の構造規準は日進月歩ですし、30年建った木造を現在の新築状態の強度まで戻す事は容易ではありませんし、軸組の老劣化も見逃せません。
永年過ごした家に事の外、愛着があるとか、木造の古色の美的魅力を生かしたいとかでは無ければ考えものです。

但し、以上は一般論ですが実際の建物を経験豊かな専門家に拝見、調査し、御要望に合致すれば、この上ない素敵な家に生まれ変わる事は勿論不可能な事ではありませ
ん。

※回答内容はあくまで参考情報ですので、内容を保証するものではありません。

瀧口建設からのご回答

建替え新築と大規模リフォームの選択肢は、その都度、状況判断が必要になります。
工事を施工する側にとっては、新築工事の方が、楽で、何の問題なく工事を進める事が可能です。

その一方大規模リフォーム工事につきましては、専門的知識が必要であり、
建物精密診断から着手して、新しい間取り計画及び補強計画が必要となってきます。

また、スケルトン解体後、白蟻被害、雨漏り等による木材劣化。
基礎には破断現象等に直面する場合も、多々あります。
そのような状況下において、対応することが出来る工事を熟知した専門スタッフがいる事により、工事対応が可能となってきます。

住宅の場合は、用途が変わらず、床面積変更が無ければリフォームの場合は、建築許可は、不要です。
建物固定資産税も、変わりません。申請費用の軽減が可能です。

ご質問の築30年の建物は、平成に入ってからの建物と判断付きますので、なんら問題なくリノベーションは可能と申し上げられます。
現在、国の補助金制度も動いていますので建替える場合には、
この様な工事手法もある事は、知っ得情報として、ご検討をお勧めいたします。

参考データとして、建物規模にもよりますが、フルリノベーションの費用は、
建替新築工事と比較して、500万円~1,000万円程度の経済効果のある工事手法となります。

※回答内容はあくまで参考情報ですので、内容を保証するものではありません。

天野工務店からのご回答

考えたらきりはありませんが、以下の内容を簡単に判断する基準にすると良いと思います。

①新築の総予算の1/2~2/3以下にリノベーション費用が収まるか(断熱、耐震込)

②既存の家の構造(太骨、中骨、細骨)及び劣化(大、中、小) はどの程度の仕様か

③思い入れはあるか!?

※回答内容はあくまで参考情報ですので、内容を保証するものではありません。

シバタ建設からのご回答

純和風の建築物の雰囲気を変える事と、大幅な間取りの変更を行う場合は、
今の造りや構造を生かしたかたちで行う為、思い通りの間取りにしにくい事や、新築でお家を建てた場合以上の工事費が掛かる恐れがあります。

尚且つ、新築でしか受けられないグリーン化事業の助成金などもございますので、
既存のお家を解体し、御新築でお家を建てることをお勧めします。

※回答内容はあくまで参考情報ですので、内容を保証するものではありません。

Ayami建築工房からのご回答

リノベにするか、新築にするか、とても迷うと思います。

築30年ですと耐震強度は今の基準より劣りますが、しっかりと補強する事で、耐震は今の基準法はクリアします。
間取りを変えるという事は、既存の柱、撤去出来ない部分は必ずあります。
その辺をしっかりプランニングし、まとめていくのがプロの仕事です。

両方で迷われる方がほとんどです。ご安心ください。
一度、基礎、床下、屋根裏を現場調査し最終判断を致します。
内装や外観もイメージに合わせて変えることは出来ます。
当社はリノベを得意としています!

『Ayami建築工房』で検索してみて下さい!

女性建築士として、皆様の声を形にお役に立てればと思っております!
ご参考になればと思います。

※回答内容はあくまで参考情報ですので、内容を保証するものではありません。

アスカ工務店からのご回答

参考になるかと思います。最近そのような工事をしました。

年齢が60台半ばのお施主様からのご要望は1979年完成、築年数41年の実家をフルリフォームしたいという事です。

ただその際、奥様からのご要望で耐震工事と断熱工事は必須。
間取りは自分たちがこれから生活するにあたりキッチンやお風呂、トイレ、洗面など設備器具は全て新規に交換。
使いやすく、バリアフリーにしたいという事でした。

当社からのご提案は耐震に関してはまずは現状の家の耐震診断をして必要な耐震工事を実施。
断熱工事に関しては、家を全て断熱するには外壁の剥がしなどかなりの費用が掛かるのでLDK、寝室、トイレ、洗面、移動する廊下などの
場所を決めての部分断熱としました。
部分断熱と言っても外壁面だけでなく床や天井、壁などお部屋をすっぽり包むのでお部屋の温熱環境は
かなり快適になります。

間取りに関してはご希望に合わせて大幅に変更しました。
昭和時代の家は、和室に趣をおきます。和室の8帖続き間などお正月などを除いて普段あまり使わないのに、家の広い面積を使います。
その為、この部分にこれから一番生活のメインになるLDKをもってきました。
その為明るいLDKに。しかも広く使え、収納面も充実しました。

そして各部屋の窓部分はその用途に合わせて交換しました。
LDKの窓は広い窓にしましたが防犯上も考えてシャッター付に。
間取り替えになった寝室などは今まで居間だったので、掃出しなどの窓は、これも防犯上を考え幅は1.6mですが、高さを30㎝程にした横滑り窓に交換しました。
その他の場所もその用途に合わせて交換しました。

費用的にはこの家の場合は2階に関しては、里帰りした子供たちが泊まる以外ほとんど使わないので耐震とトイレ交換、
洗面台設置と多少の内装以外はしませんでしたが、1階はフルリフォームして広さが30坪ぐらいで1200万、約
坪単価40万ぐらいでした。

新築ですと、既存の解体工事などもあるので坪あたり概算でも60万以上にはなると思います。
このお施主様はこれからの老後資金や実家の家への愛着もあり、新築ではなくフルリフォームにしました。
ただ、この場合の大事なポイントは家の耐震と断熱です。

これからの老後の第3人生に向かい、生活の安心と快適性は大事ですね。

※回答内容はあくまで参考情報ですので、内容を保証するものではありません。

HOT STYLE 柴田工務店からのご回答

経験上からの回答です。

「リノベーションの場合」
2年前に28坪ほどの平屋住宅を耐震工事(S59年 5/31以前に限る・補助金あり)を兼ねて家全体の大規模リフォーム工事を施工しました。
ワンちゃんを2匹飼っていたためかなり可愛がっていて、たまたま隣にアパートを借りての家を行き来しながらの工事でした。
床から天井まですべて解体撤去を部屋ごと施工して片付けながらの工事でしたので、手間が想像以上に掛かりました。
金額にして1700万円程で、床下の土間鉄筋入りコンクリート打ち、耐震工事にはGHハイブリッド工法(制振装置4台装備)、高気密サッシ、高断熱
ユニットバスから設備機器の全撤去新規取り換え、間取りの変更(ここは新築より苦労しました)それ相当の時間が掛かりました。
6月に始めて12月の完成と新築並みの工事期間でした。
完成になり、苦労しましたが(特に段取り、間取り等)自慢の家になってお客様は喜んでくれました。

「新築の場合」
すべてが新しく現在基準の気密性の高い住宅ができるのは当たり前です。
家の構造で一番大切な、地盤から基礎、構造検査管理がしっかりできます。
さらに自由設計が可能です。地盤がしっかり出来るのが何よりです。
住宅ローン減税、住まい給付金、補助金と一番いいのはやはり「住宅ローンの低金利」これでしょう!


見解)1軒丸ごと「リノベーション」に関しては、お客様の価値観でこれまでの家に愛着があればOKでしょう。
   自由な設計と新しい環境づくりが希望の場合は、新築でもOKでしょう。
   いずれにしても、人生で一番高い買い物なのでよく家族で話し合い地元にしっかり根づくりをしている建築会社様に相談も交えて
行くことが必要でしょう。

最後に一番気になる「リノベーション」と「新築」の工事金額は家全体の場合、解体費用・申請書等・登記等・一時転居(アパートなど)余分に
300万円から400万円は(注意:状況によって)掛かるでしょう。

※回答内容はあくまで参考情報ですので、内容を保証するものではありません。

オカザキホームからのご回答

現地を確認せずに確かなことはお伝えが難しいですが、
原則、リノベーションでの間取りの変更に関しては可能です。

但し、現状の間取り図や構造の状態の状態により、希望に添えない場合もございますので
あくまで現在の状態によります。

建て替えと、リノベーションでは費用も全く異なります。
通常はリノベーションの方がお安くなる事が多いですが、規模、要望により
逆転することがあります。

費用以外も保証、保険の内容が異なってくるかと思います。
リノベーションはあくまで現在の居宅を生かしてになりますので、
新たにつくるものとは異なります。

※回答内容はあくまで参考情報ですので、内容を保証するものではありません。

あすなろ設計事務所からのご回答

リノベーションと新築、どちらにするか判断が難しいですよね。
30年という築年数自体はまだまだ現役で使える年数ではあります。

ご質問の、間取りに関しては多くの方が納得できる間取りでリノベーションしていますので大丈夫かと思います。
外観に関しては、可能ではありますが、コストが大きく変わるところなので全体のコストバランスを見て決めると良いでしょう。

リノベーションにするか新築にするかの判断基準に、建築費のご予算が大きく関わると思います。
建替え可能なご予算があれば新築の方が良いかと思います。
もし、あまり費用をかけたくないか、コストを抑える必要があればリノベーションをお勧めします。
新築とリノベーションを比較した場合、1/2~2/3程度でリノベーションは可能になってきます。

注文住宅のようにすべてを変えるリノベーションは、コストがかかり過ぎますので新築にした方が良いです。
コストを抑える事を目的にした場合は、使えるものを上手に使いリノベーションにすると良いと思います。

※回答内容はあくまで参考情報ですので、内容を保証するものではありません。

静鉄ホームズ【KATASEの家】からのご回答

大幅な間取りの変更をするようなリノベーションはもちろん可能ですが、
現状の間取りと構造により、大切な構造は残す必要があります。
その上でどこまでご要望通りの設計が可能か、検討していく工程になるかと思います。

また、ご実家の新築時と現在では建築基準法が改正されておりますので、構造を強くさせる必要もあります。
但し、基礎部分につきましては強度を上げることが非常に難しく、
地震に強い家にするためには建替えた方が安心できると言え、リノベーションする上でデメリットと言えます。

金額面では、建替えよりリノベーションの方が安くなる場合が殆どです。
但し、この差額につきましてはご実家の現状の状態を確認し、お見積りを出さないと何とも言えないです。

リノベーションプランの見積り、建て替えプランの見積りの両方を提案できる業者に出させまして検討するのが得策かと思います。

宜しくお願い致します。

※回答内容はあくまで参考情報ですので、内容を保証するものではありません。

内田建設からのご回答

在来工法の木造の場合は構造的な制限はありますが、比較的自由に間取りの変更は可能です。
重量鉄骨造の場合はより自由度は上がりますが、ハウスメーカーさんの軽量鉄骨造などですと構造面でかなり制限がかかってきます。

また、解体して新築をする場合とリノベーションの費用は、
基本的にはリノベーションの方が費用は抑えられますが、どこまでいじるのか、元々の建物の構造や劣化の程度によっても変わってきます。

ご自身の理想の間取りをどうしても採用したい場合は、無理にリノベーションをするよりも新築にしてしまった方が安くつく場合もあります。
特に外観にこだわり出すと一気に金額は高くなります。

弊社にもよくそういったお悩みのお客様が相談に来られますが、なかなか決められないという方には
リノベーションの場合と新築の場合のプランと金額、両方をご提案させて頂いております。

下記が参考のビフォーアフターの写真になります。
築45年のご実家を一部減築、耐震補強をした上で内外全面リフォームをした事例になりますので、
ぜひ参考にしてください。

Original

Original

※回答内容はあくまで参考情報ですので、内容を保証するものではありません。

ナイスホームからのご回答

①リノベーションが可能かどうか
まずは、建築士による住宅診断を受けてください。
リノベの前提として、住まいに問題が無いかを判断する必要があります。
また、どんな暮らしを希望するかによってリノベでの限界があるかもしれませんので、
その結果で、リノベか建替えを判断してください。

②費用について
建物の規模と工事内容によりますが、リノベの方が安くなります。

正しい判断をお客様ができるように、新築とリノベに詳しいプロのアドバイスを聞いてみて下さい。

下記写真は、弊社でのリノベ事例のイメージです。
参考にしていただければ幸いです。

Original

Original

※回答内容はあくまで参考情報ですので、内容を保証するものではありません。

かなめ創建からのご回答

今回の計画の築30年のお宅の場合は、耐震的な構造面でも大幅な改築が必要となりそうです。
更に大幅な間取りの変更となると、費用も大きく変わります。
間取りの要望がすごく多いのであれば新築の自由設計が理想です。
リノベーションではどうしても間取りの制限が出てきますので。

一番良いのは、一度きちんと見積りを出してもらってから、どちらの方向が良いのかを判断することだと思います。

※回答内容はあくまで参考情報ですので、内容を保証するものではありません。

花みずき工房からのご回答

弊社は大規模リノベーションも事例がございます。
今のお住まいの良いところを生かし、使いやすく、またデザイン雰囲気も変えることは可能です。
基礎や構造、断熱まで改修工事が必要となった場合は解体し、新築するのと価格面で同等になってきてしまうかもしれませんので、
弊社でご検討いただく場合は、リノベーションした場合と新築した場合とそれぞれで間取りや価格、スケジュールなどを比べていただくことができます。

どうぞお気軽にご相談くださいませ。

※回答内容はあくまで参考情報ですので、内容を保証するものではありません。

BLUEHOUSE(ブルーハウス)からのご回答

BLUEHOUSEではリノベーション・新築どちらも設計・施工を行っています。
間取りの変更は、図面や実際に家を見させて頂いて判断をさせて頂く必要があります。
デザインの希望も、外観から変えたいのか内観のみ自分たちの好みにしたいかにも変わってきます。
大きな変更が多々あるのであれば、新築を検討していただいた方が、私は良いと思います。
また、30年では多く住宅の性能が変わっております。
耐震・耐久・断熱・気密は大きく向上しております。
今後何年住まわれるかにもよりますが、より快適に長く住みたいと思うのであれば新築が良いと思います。

※回答内容はあくまで参考情報ですので、内容を保証するものではありません。

知りたい内容がなかったり、もっと知りたいと思ったら、イエタテ掲載社にどんどん質問してみよう!

家づくりのプロに相談しよう

その他の情報収集についての質問・相談 (109件)

情報収集|回答数:5 注文住宅を建てる時のメリットと注意することは? 情報収集|回答数:8 外壁に関して 情報収集|回答数:8 家を建てる時期に関して 情報収集|回答数:5 光熱費を抑えるためのアイデアを教えてください。 情報収集|回答数:4 住宅の最新省エネ設備・技術を知りたい! 情報収集|回答数:4 防犯面を重視した家を建てるには? 情報収集|回答数:1 屋上防水はどんな場合に必要ですか? 情報収集|回答数:5 「天窓」ってどうですか? 情報収集|回答数:5 自然素材の壁材とは? 情報収集|回答数:4 部屋の広さはあまり変えず収納力を上げる方法は? 情報収集|回答数:1 創エネリフォームってどんなリフォームですか? 情報収集|回答数:8 家のテイストは、年月が経った時のことを考えて決めるべき? 情報収集|回答数:5 防犯面を重視した家を建てるには? 情報収集|回答数:3 キッチンや付属品など、自分で選ぶのとおまかせではどちらがお得? 情報収集|回答数:4 床暖房を設置するメリットは何ですか? 情報収集|回答数:3 木材の「芯去り材」と「芯持ち材」。強度、耐久性が高いのは? 情報収集|回答数:4 アイランドキッチンについて教えてください 情報収集|回答数:3 快適に暮らすための断熱性能「UA値」はどの位? 情報収集|回答数:3 モデルハウスや完成見学会に行くときに注目&注意するべきポイントは? 情報収集|回答数:3 丈夫で汚れにくい「外壁」とは? 情報収集|回答数:4 スケルトン階段の安全性が気になります 情報収集|回答数:3 3階建ての木造住宅について教えてください 情報収集|回答数:2 2階建て木造住宅を守る地震対策は?(制震補強など) 情報収集|回答数:2 子ども部屋の仕切りはどう作る? 情報収集|回答数:2 太陽光パネルは人体に影響がある? 情報収集|回答数:4 木の家を建てたい!まずは何をすべきですか? 情報収集|回答数:1 ペットの足音対策はありますか? 情報収集|回答数:2 家の完成イメージはどんな形で見せてもらえますか? 情報収集|回答数:3 家づくりに関する補助金の最新情報はどこで知る事ができますか? 情報収集|回答数:2 家を一棟建てるのに良い季節はあるのですか? 情報収集|回答数:1 リフォームとリノベーションの違いは何ですか? 情報収集|回答数:1 犬を飼っている家でできる工夫を教えてください 情報収集|回答数:1 リフォームについて教えてください 情報収集|回答数:1 施工段階で庭に雑草が生えない工夫などはするのでしょうか? 情報収集|回答数:3 吹抜けのお家のお手入れについてアドバイスをお願いします 情報収集|回答数:0 お盆や親戚がくることを考慮した家造りをする人は多いですか? 情報収集|回答数:1 外壁塗装の色について教えてください! 情報収集|回答数:1 断熱=エコとなるわけは、どんなところにあるのでしょうか? 情報収集|回答数:1 床柱はどんな木材が選ばれることが多いですか? 情報収集|回答数:0 増築をすると雨漏りをすることがあるのでしょうか? 情報収集|回答数:1 部屋ごとにどんな木材が選ばれるのですか? 情報収集|回答数:0 東北はヒバ、静岡はヒノキを使うことが多い理由は何でしょう? 情報収集|回答数:2 シアタールームを作りたい! 情報収集|回答数:2 ペットと暮らすために・・・ 情報収集|回答数:0 古い瓦を再利用できますか? 情報収集|回答数:4 足元の窓について教えてください 情報収集|回答数:2 駐車場について教えてください。 情報収集|回答数:1 鉄筋と木造の違いを教えてください。 情報収集|回答数:1 天井にシミが出来ているのですが、これって雨漏りでしょうか? 情報収集|回答数:2 狭い土地でもガーデニングを楽しむ方法はありますか? 情報収集|回答数:1 「漆喰」「珪藻土」の特徴は? 情報収集|回答数:4 シックハウス対策について教えてください 情報収集|回答数:2 ロフト自体にエアコンを設置した方がいいですか? 情報収集|回答数:1 土間のメリット、デメリットとは? 情報収集|回答数:1 リフォームでカビ対策をしたいのですがいい方法はありますか? 情報収集|回答数:3 インテリアをコーディネイトしてもらう事はできますか? 情報収集|回答数:1 リフォームで間取りを変える事はできますか? 情報収集|回答数:0 建築士に希望をどう伝えたらいいですか? 情報収集|回答数:2 家ができるまでの期間は? 情報収集|回答数:1 木の浴室について教えてください 情報収集|回答数:1 空き地が購入可能か調べたい 情報収集|回答数:1 建ぺい率を知りたい 情報収集|回答数:1 モデルハウスで会社の特徴を知りたい! 情報収集|回答数:1 セルフビルドについて教えてください 情報収集|回答数:1 家を建てたいと思ったら、どんなものを参考にすればいいでしょうか? 情報収集|回答数:0 建てた後でも修正をしてもらえる場合はありますか? 情報収集|回答数:1 窓ガラスについて教えてもらえますか? 情報収集|回答数:1 外装の色によって室内の温度が変わることはありますか? 情報収集|回答数:2 窓の結露を防ぐ方法はありますか? 情報収集|回答数:1 薪ストーブを設置をする際に注意することは? 情報収集|回答数:1 モニターハウスってお得ですか? 情報収集|回答数:1 アフターメンテナンスってどんなことをするんですか? 情報収集|回答数:1 バリアフリーリフォームってどんなリフォーム? 情報収集|回答数:1 新築した家のメンテナンスについて教えてください 情報収集|回答数:4 気密性の高い住宅の換気について教えてください 情報収集|回答数:0 「しずおか優良木材」について教えてください。 情報収集|回答数:3 いい土地、いい地盤ってどんなもの? 情報収集|回答数:0 エアー断震について教えてください 情報収集|回答数:2 屋上緑化についておしえてください 情報収集|回答数:0 無垢材の種類と特徴を教えてください。 情報収集|回答数:0 リフォームとリノベーションって何が違うの? 情報収集|回答数:0 赤松材の松ヤニについて教えてください! 情報収集|回答数:1 無垢の床は水回りに使っても大丈夫ですか? 情報収集|回答数:0 二世帯住宅の生活音を抑える工夫を教えてください。 情報収集|回答数:2 ゼロエネ住宅ってどうやって光熱費をゼロにしているんですか? 情報収集|回答数:0 「スマートハウス」って何ですか? 情報収集|回答数:2 「シックハウス症候群」にならないためには、どんなことに気をつければいいの? 情報収集|回答数:2 坪単価の計算の仕方は? 情報収集|回答数:1 外張り断熱と内張り断熱の違いは? 情報収集|回答数:2 材木の強度を種類別に教えて下さい 情報収集|回答数:2 中古住宅を購入しリフォームする場合の注意点とは? 情報収集|回答数:2 ペットと一緒に住む家を建てる時気をつけることは? 情報収集|回答数:3 暖房費のあまりかからない家とは? 情報収集|回答数:1 山奥にある土地に家を建てる場合、値段も高くなりますか? 情報収集|回答数:0 発電や節電できる装置について 情報収集|回答数:1 長持ちする家について 情報収集|回答数:2 母親と同居するなら二世帯がいいのか、単世帯がいいのか?について 情報収集|回答数:1 梅雨時期に快適に過ごせる家づくりについて 情報収集|回答数:1 二階の水回り 排水音について 情報収集|回答数:3 リビングのアイランドキッチンについて 情報収集|回答数:1 真四角の家は地震に強い? 情報収集|回答数:3 断熱材について 情報収集|回答数:1 換気システムについて 情報収集|回答数:1 無垢フローリングへの塗装について 情報収集|回答数:1 花粉症、ハウスダスト、アトピーにいい家について教えて下さい。 情報収集|回答数:1 子どもがのびのび育つ間取りやアイディアを教えて下さい! 情報収集|回答数:2 ステップ(スキップ)フロアのメリット、デメリットを教えて下さい。 情報収集|回答数:1 床暖房のコストを教えて 情報収集|回答数:0 吹きつけ発泡断熱材の環境配慮は?

Pagetop