静岡県中部

静岡・愛知の工務店・新築・一戸建て・注文住宅・リノベ会社を検索できるイエタテ

注文住宅、リフォーム住宅会社を探す

住宅会社 住宅イベント モデルハウス 新築施工例 リノベーション リノベ事例 土地・建売 フォトギャラリー 住まいのプロ 動画 家づくりガイド イエタテ相談カウンター

無料のFP相談はじまりました!
お金の悩み、気軽にご相談ください

  1. イエタテ
  2. 静岡県中部
  3. 建築システム(狭小住宅専門店)
  4. フォトギャラリー
施工対応エリア
静岡県全域(伊豆エリアを除く)
電話番号
050-5871-8778
ジャンル
新築 、 リフォーム 、 土地相談
1回につき5社まで 資料請求する
検討会社に追加する
屋根の勾配部分を活用した小屋裏はご主人の趣味部屋に。スリット窓を取り付けて採光と換気対策も万全
傷が付きにくい天板など性能を重視して選んだキッチン。リビングから和室まで目が行き届く。リビングから続くウッドデッキには、キッチンのドアからも出入りできるので便利
玄関周りと西側の縦スリットをダーク系のキュービック柄にして風格と重厚感が醸し出ている
1階、2階ともに、ホールには大型の収納を。それぞれの階で季節外のものを収納できるので、すっきりと片付くだけでなく荷物の移動も苦にならない
住宅の玄関ホールと階段はホワイトとダーク色のモノトーンな落ち着い         た雰囲気
ダイニング脇にはマルチに使えるカウンターを造作。キッチンカウンターには、ダイニングテーブルの高さに合わせて使いやすいニッチを
仏間は観音開きの扉を付けて、来客時には隠せるようにひと工夫。開いた扉はそのまま奥にスライドして収納できるので、開放時も空間の邪魔にならない
2階からLDKを見下ろすと、間仕切の無い大空間。家族の気配を感じながら安心して暮らす設計にこだわった
黒いモルタル調の壁はシックなカフェのイメージを再現したもの。昼間は子どもたちが遊ぶリビングも、夜は間接照明でグッとムーディな空間に
LDKは17.35畳。リビング部分を広く取ることで、1階のビルトインガレージも可能になった。構造上必要な壁はキッチンダイニングとの緩やかなゾーニングに貢献している
ロフト部分からキッチンを見おろす。壁で閉じられていないので開放感がある。奥には土間に通じる開口部が。冷蔵庫の手前にはクローゼットタイプのパントリーを設けてある
引き戸タイプの玄関で、出入りがスムーズ。ガラスも大きくてとっても明るい
外壁はダークブラウンとミルキーホワイトの2色使用。1階はビルトイン式ガレージに。間口が細いスリムな3階ての為、上下に使い分けたツートンカラーで見た目の安定感が増た
CUT ROOM NOJIMA。内外装ともにシックにまとまった
階段の上り下りはリビングを抜けて。圧迫感のない半透明のポリカーボネートの引き戸を付けて、冷暖房効率に配慮
階段は鉄骨です。手すりも格子にしたので閉鎖感がなく明るい
地下収納庫は8畳。天井高さは1.4m。容積率に加算されない範囲で可能となる収納スペースには、季節ものや使用頻度の低い工具が並ぶ
洗面脱衣所と隣接のウォークインクローゼット。洗濯物は洗濯乾燥機から取り出したら、そのまま収納でき、理想的な家事楽動線を実現
敷地20坪もあれば建築システムでは問題なし。 幅3.6mで3世代が広々暮らせる間取りを実現
敷地は30坪ですが、駐車スペース4台分確保。外壁のガルバリウム鋼板、シャープさと重厚感が際立つ。ダーク系は汚れも目立たないのでいつまでも新しく見えるメリットも
市松模様のタイルが目を引く玄関はゆったりとした広さ。ほぼ同じ広さの土間収納が併設され、こちらは家族用の玄関に
LDKの天井の木目の美しい化粧梁が空間を演出
明るい日差しが入る2階リビング。床材にはナラの無垢材を用いて落ち着いた雰囲気に。リビングの照明もスポットライトで個性的に。カフェのようなキッチンは、ステンレスの質感でシャープな印象
モダンな雰囲気のデザインの窓と白い壁、ダークブラウンのトリミングがおしゃれな外観。間口はわずか3.6m、奥に延びる敷地は典型的な「うなぎの寝床」だ
計画段階から距離やモニターの大きさなど打合せを重ねてきた。「ホームシアターを楽しむためにプロジェクターを設置しました。大迫力の画面に大満足」とご主人
階段の踏板は『イぺ』という無垢の木を使用。優しさと風合いが出た。鉄骨階段独特の「カンッカンッカンッ」という足音がしないのも使いやすい
すっきりシンプルな浴室洗面脱衣所には可愛らしい照明を選んだ。壁付け扇風機でお風呂上がりのジメジメや火照りもすっきり
木造の家に鉄骨の階段。この意外性は不思議なくらいカッコイイ。段板の隙間から光が差し込む事で、空中散歩をしている錯覚すら覚えた感動が忘れられない。外壁・サッシ・階段の金属トリオが全てブラックに統一される事は、一体いつの時点で構想ができていたのだろうか?

Pagetop

【イエタテ相談カウンター】無料の個別相談会を実施中!