静岡県中部

静岡・三河の工務店・新築・一戸建て・注文住宅・リノベ会社を検索できるイエタテ

注文住宅、リフォーム住宅会社を探す

住宅会社 住宅イベント モデルハウス 新築施工例 施工例特集 リノベ事例 土地・建売 フォトギャラリー 住まいのプロ 動画 コラム Q&A 家づくり相談窓口
  1. イエタテ
  2. 静岡県中部
  3. アクトホーム(木の住まいづくり研究所)
  4. 会社の強み
施工対応エリア
浜松~静岡 / 島田・吉田・藤枝・掛川・牧之原・焼津・袋井・磐田・静岡・浜松
※基本は、弊社より車で1時間以内のエリア (その他のエリアについては、ご相談下さい。)
電話番号
0120-45-3101
ジャンル
新築 、 リフォーム 、 土地相談
1回につき5社まで 資料請求する
検討会社に追加する

アクトホーム(木の住まいづくり研究所)の強み

  • 大井川流域の良質な素材・人・技術

    地域の良質な素材と受け継がれてきた技術を活かした「大井川ブランド」の家づくり

    「大井川ブランド」の家づくりは、『アクトホーム』の姿勢を示し、他社との違いを明確にするキーワードだ。メインに使う木材は、大井川流域産のスギ、ヒノキ。つくり手は、自社の専属大工をはじめとする地域の職人たち。この地ならではの良質な素材と磨き上げられた手技によって建てられた住まいは、居心地がよく、長持ちし、暮らすごとに愛着を深めていく。それら地域の豊かな資源は、将来的に暮らし方の変化にあわせて手を加えたり、古くなった部分を直したりする際にもしっかりと活かされ、“住み継ぐ”ことを可能にする。そこに込められるのは、施主さんの暮らしに「寄り添っていく」ことへの決意と責任。創業以来地域に根ざし、重ねてきた114年の歴史が大きな説得力となっている。

  • アクトスタイルを叶える4つの設計手法

    窓に映る景色から、未来の心地よさまで。4つの手法が生み出す「暮らしのデザイン」

    同社の家づくりにおけるデザインは、建築だけにとどまらず、インテリアやエクステリアまでトータルで検討し「暮らしのデザイン」と定義される。見映えだけでなく、家族ごとの心地よさや暮らしやすさにまで施されることが特徴で、以下の4つの手法により生み出される。①日当たりや風通し、周囲の景観など、敷地の特性を採り込む「サイトプランニング」 ②自然エネルギーを活用し、快適な住環境をつくり出す「パッシブデザイン」 ③プライベートとパブリックを分離・融合させながら、快適性と利便性を高める「ゾーニング設計」 ④ライフスタイルの変化を受け止める可変性をもたらす「スケルトン&インフィル」 自然に開かれ、ぬくもりと開放感が溶け合い、造作家具によって家族ごとの暮らしやすさが添えられた施工例を眺めるだけで、同社が大切にすることが伝わってくる。

  • 優れた住宅性能と充実の保証体制

    最高等級の耐震性+業界最長60年保証! 優れた性能と充実の保証がもたらす、未来まで続く安心感

    大らかさ、美しさ、あたたかさが調和する空間に目を奪われるが、じつは同社の一番の強みは、見えない部分にこそ溶け込んでいる。それは、安心への徹底的なこだわり。骨太軸組+耐震パネルによる「木造モノコック構造」の採用により、最高等級の耐震性、耐風性をクリア。安全性の裏付けとなる構造計算が、全棟で実施されるのも心強い。“暮らしはじめてから”の安心への配慮にも同社の思いがにじむ。建物の保証は業界最長の60年にも及び、地盤の保証も35年。そこには手がけた住まいへの自信と建物の健康管理への強い責任があらわれている。素材選びや施工方法に、メンテナンスのコストを極力抑える工夫が盛り込まれていることもうれしいポイントだ。つい見逃しがち、けれどもとても大切で、会社ごとの違いも出やすい検査体制や保証内容についても、ぜひ確認してほしい

アクトホーム(木の住まいづくり研究所)の家づくりの流れ

  • アクトホーム(木の住まいづくり研究所)【見学会】

    STEP01

    見学会

    構造&完成見学会で、手がける住まいの持ち味を確かめよう。見えない部分にまでこだわりが詰まった同社の場合、とくに構造見学会への参加をおすすめしたい。構造や性能について説明してもらうことで、“安心の理由”を実感。木組みの美しさやスッキリとした現場の雰囲気からも、同社の家づくりへの姿勢を感じ取ることができる。詳細はイベントページで確認を。
  • アクトホーム(木の住まいづくり研究所)【相談】

    STEP02

    相談

    ヒアリングを通して、心の中にある要望や叶えたい暮らしを明確にしていく。ここで大切なのは、家づくりへの不安や他社との比較で感じた疑問についても、しっかり伝えること。一級建築士であり、豊富な経験を重ねる中で、“よりよい家づくり”を追求してきた齋藤社長が、採用する工法や素材、システムなどについて、一つひとつ丁寧に解説してくれる。
    事務所併設のアクトカフェでの打ち合わせは、きっとイメージをふくらめてくれるはず。
  • アクトホーム(木の住まいづくり研究所)【土地状況の確認、土地探し】

    STEP03

    土地状況の確認、土地探し

    建築予定の土地はもちろんのこと、近隣の建物の屋根形状や窓の位置、樹木の状況まで確認。地盤の調査も実施し、結果により適切な処置が講じられる。土地からの家づくりの場合は、一緒に探してもらうのがベター。敷地の使い方や周辺環境を踏まえて、条件にあう土地を提案してくれる。敷地にあわせたラフプランも作成してくれるので、イメージもしやすい。
  • アクトホーム(木の住まいづくり研究所)【プランの作成】

    STEP04

    プランの作成

    ヒアリングと敷地調査の結果に基づき、法規チェックをした上で、本格的なプランの作成がスタートする。「サイトプランニング」「パッシブデザイン」「ゾーニング設計」「スケルトン&インフィル」という、同社の家づくりの軸となる4つの手法を駆使し、建物とともに家族ごとの叶えたい“暮らし”がデザインされていく。もちろん予算への配慮もしっかり。限られた予算のなかで最善が尽くされる。
  • アクトホーム(木の住まいづくり研究所)【契約〜着工】

    STEP05

    契約〜着工

    打合せを重ね、プランと建築費が固まったら、建築請負契約へ。最終的なプランに対しては、全棟において構造計算が実施され、安心が数値で示される。補助金制度についても、利用できるものは確実に申請。少しでも負担が減るよう配慮してくれる。工事の安全と子々孫々の繁栄を祈願する地鎮祭や上棟式が大切に行なわれる点も同社ならでは。家族だけでなく、地域を豊かにする家づくりを行うことが誓われる。
  • アクトホーム(木の住まいづくり研究所)【工事〜引き渡し】

    STEP06

    工事〜引き渡し

    品質の高い建物の完成に向け、1棟1棟どの工程も丁寧に作業が進められていく。工事期間中には第3者機関による施工検査を実施。基礎配筋、構造体、防水下地など、一般的な会社よりも多い計5回の検査が行われる。カウンターの高さや棚の位置などは現場で確認。大工仕立てのイスやテーブルも細部を詰めていく。竣工すると、引き渡しチェック、取り扱い説明を経て、カギが引き渡される。
  • アクトホーム(木の住まいづくり研究所)【アフターフォロー】

    STEP07

    アフターフォロー

    定期点検と毎年の訪問により、建てたあとも安心が続く。建物は業界最長の60年保証、地盤も35年保証。区切りごとにまとめて高額なメンテを行うのではなく、適切なタイミングで、必要な工事が提案されるので、トータルのメンテ費用が抑えられることもうれしいポイントだ。リフォームにも定評があり、小さな補修や設備の交換から、暮らし方の変化に対応するための大規模リノベまで、幅広い要望に応えている。

ロード中

Pagetop