静岡県中部

静岡・三河の工務店・新築・一戸建て・注文住宅・リノベ会社を検索できるイエタテ

注文住宅、リフォーム住宅会社を探す

住宅会社 住宅イベント モデルハウス 新築施工例 施工例特集 リノベ事例 フォトギャラリー 住まいのプロ 動画 コラム Q&A 家づくり相談窓口
  1. イエタテ
  2. 静岡県中部
  3. アクトホーム(木の住まいづくり研究所)
  4. リノベ事例一覧
  5. “価値あるもの”を未来へつなぐ、築100年を超える古民家リノベ
施工対応エリア 浜松~静岡 / 島田・吉田・藤枝・掛川・牧之原・焼津・袋井・磐田・静岡・浜松
※基本は、弊社より車で1時間以内のエリア (その他のエリアについては、ご相談下さい。)
電話番号 0120-45-3101 ジャンル 新築、 リフォーム、 土地相談

“価値あるもの”を未来へつなぐ、築100年を超える古民家リノベ

モデルハウス邸  物件エリア:島田市
アクトホーム(木の住まいづくり研究所)|廊下の床を剥がし、通り土間とすることで、間口が狭く奥行きが深いウナギの寝床と称されるこの建物の個性が、ほかでは得られない魅力へと転換された。同様に天井を開くことにより、立派な梁が出現し、開放感もアップ。屋根裏に張られたスギは木目も美しい
アクトホーム(木の住まいづくり研究所)|玄関左手の洋室も、ひと続きの土間空間に生まれ変わった。来客を迎えたり、リモートワークや宿題のスペースになったりと、和室とほどよくつながり、多様な暮らし方を受け止める。壁には調湿性に優れ、外部からの光をやわらかく反射させる土佐和紙が採用されている
アクトホーム(木の住まいづくり研究所)|動線に配慮し、DKはレイアウトを変更。引き出しを備えたオリジナルの造作キッチンと高さ可変の収納が家事効率を高めるとともに、ムク材とアクセントのモスグリーンがもたらすナチュラルな雰囲気にマッチしている。右手にはタイル仕立ての洗面台を用意
アクトホーム(木の住まいづくり研究所)|ヒノキとモザイクタイルで仕上げられた浴室には、清々しい香りと落ち着きが満たされ、ゆったりとバスタイムを過ごすことができる。脱衣室との仕切りとなる引き戸には水に強く耐久性の高いヒバを使用するなど、適材適所で樹種や部位が選ばれている
アクトホーム(木の住まいづくり研究所)|キッチンの位置を変更し、近くに食器棚を配置することで、ダイニングスペースにゆとりが生まれ、家事ラクが叶えられた。ダイニングセットなどの家具も同社オリジナル。壁の「お茶薫る珪藻土」は場所により塗り方を変え、印象の違いを確認できるようにしている
アクトホーム(木の住まいづくり研究所)|ふすまの開け閉めにより、季節や用途に応じて空間構成を変化させることができる二間続きの和室は、ほぼ手を加えず、時を経て味わいを深めた建具や模様ガラスを活かした。ソファとローテーブルを置き、和室ならではのくつろぎはそのままに、現代的な暮らし方を提案
アクトホーム(木の住まいづくり研究所)|玄関とサロンを土間にしたことで、友人やご近所さんと気軽におしゃべりを楽しめたり、自転車やアウトドア用品などの保管やお手入れが可能になったりと、空間にメリハリがつき、豊かさ、便利さがブレンドされた。自分たちらしい使い方をイメージしながら見学しよう
アクトホーム(木の住まいづくり研究所)|旧東海道沿いに面しているため、宿場町の風情を損なわないよう町並みになじむ外観に。正面はスギの鎧張りとホタテ漆喰で仕上げ、窓には新たに格子を設置。玄関引き戸は傷みが少なく雰囲気もよかったため、既存のものを同色で塗装して再利用した
サムネイル サムネイル サムネイル サムネイル サムネイル サムネイル サムネイル サムネイル
廊下の床を剥がし、通り土間とすることで、間口が狭く奥行きが深いウナギの寝床と称されるこの建物の個性が、ほかでは得られない魅力へと転換された。同様に天井を開くことにより、立派な梁が出現し、開放感もアップ。屋根裏に張られたスギは木目も美しい
玄関左手の洋室も、ひと続きの土間空間に生まれ変わった。来客を迎えたり、リモートワークや宿題のスペースになったりと、和室とほどよくつながり、多様な暮らし方を受け止める。壁には調湿性に優れ、外部からの光をやわらかく反射させる土佐和紙が採用されている
動線に配慮し、DKはレイアウトを変更。引き出しを備えたオリジナルの造作キッチンと高さ可変の収納が家事効率を高めるとともに、ムク材とアクセントのモスグリーンがもたらすナチュラルな雰囲気にマッチしている。右手にはタイル仕立ての洗面台を用意
ヒノキとモザイクタイルで仕上げられた浴室には、清々しい香りと落ち着きが満たされ、ゆったりとバスタイムを過ごすことができる。脱衣室との仕切りとなる引き戸には水に強く耐久性の高いヒバを使用するなど、適材適所で樹種や部位が選ばれている
キッチンの位置を変更し、近くに食器棚を配置することで、ダイニングスペースにゆとりが生まれ、家事ラクが叶えられた。ダイニングセットなどの家具も同社オリジナル。壁の「お茶薫る珪藻土」は場所により塗り方を変え、印象の違いを確認できるようにしている
ふすまの開け閉めにより、季節や用途に応じて空間構成を変化させることができる二間続きの和室は、ほぼ手を加えず、時を経て味わいを深めた建具や模様ガラスを活かした。ソファとローテーブルを置き、和室ならではのくつろぎはそのままに、現代的な暮らし方を提案
玄関とサロンを土間にしたことで、友人やご近所さんと気軽におしゃべりを楽しめたり、自転車やアウトドア用品などの保管やお手入れが可能になったりと、空間にメリハリがつき、豊かさ、便利さがブレンドされた。自分たちらしい使い方をイメージしながら見学しよう
旧東海道沿いに面しているため、宿場町の風情を損なわないよう町並みになじむ外観に。正面はスギの鎧張りとホタテ漆喰で仕上げ、窓には新たに格子を設置。玄関引き戸は傷みが少なく雰囲気もよかったため、既存のものを同色で塗装して再利用した

『アクトホーム』のリノベモデルハウス「金谷町家〜建物再生Labo〜」には、“3つの物語”が交差し、一般的な展示場にはない見どころにあふれている。1つ目は、築100年を超える建物の物語。新建材で覆われていた床や天井を剥がし、開放的な通り土間を計画。現しになった立派な梁はもちろん、建具やガラスなどの古き良きものたちが、リノベならではの味わいを添えている。2つ目は、創業114年を誇る同社が育んできた物語。受け継がれてきた職人の技に、先端の技術や現代的な利便性をさりげなく融合。大井川流域産材や独自開発の「お茶薫る珪藻土」などの自然素材が健やかな住環境を提供する。そして3つ目は、今なお宿場町の面影を残す地域としての物語。ここを拠点に、“住み継ぐこと”の尊さを発信しながら、価値あるものの継承、そして町並みの再生を目指す。土間サロンやオリジナルの造作キッチンなど、新築の参考になりそうなポイントも多数。あたたかな発見がきっとあるはずだ。

リノベーション ビフォー画像

リノベ後、通り土間に生まれ変わった廊下を玄関から見通す。天井にも新建材が張られた空間は、昼でも明るさが十分とはいえず、通路以上の役割を持ち得なかった
リノベ後、通り土間に生まれ変わった廊下を玄関から見通す。天井にも新建材が張られた空間は、昼でも明るさが十分とはいえず、通路以上の役割を持ち得なかった
かつてはキッチンと左手奥の食器棚の位置が遠く、使い勝手が悪かった。ダイニングテーブルは中央に置くと狭くなるため、小さなものが隅に置かれていた
かつてはキッチンと左手奥の食器棚の位置が遠く、使い勝手が悪かった。ダイニングテーブルは中央に置くと狭くなるため、小さなものが隅に置かれていた
浴室は昭和を感じさせるタイル張りで、冬は冷たく、掃除も大変。洗い場スペースよりも浴槽の底のほうが低いつくりのため、入るときは注意が必要だった
浴室は昭和を感じさせるタイル張りで、冬は冷たく、掃除も大変。洗い場スペースよりも浴槽の底のほうが低いつくりのため、入るときは注意が必要だった

施主さんに聞きました

施主様の写真

読者へのアドバイス

近年、人々の価値観に変化が生まれ、新築でもリノベでも「住み継ぐ」ことを念頭に検討を進める施主さんが増えています。ぜひ多くのご家族にご覧いただき、「壊して建てる」以外の選択肢があること、そしてその魅力を知っていただければと思います。

リノベーションしたきっかけは

この建物があるのは、明治40(1907)年に当社が創業し、平成のはじめまで工場を構えていた地。しばらく空き家となっていたようですが、ご縁がつながり、当社が譲り受けることになりました。

リノベーションでの希望

もっとも大切にしたのは、すべてを新しく更新してしまうのではなく、魅力ある“古き良きもの”を残すこと。新しくデザインする部分は、「地域性に配慮する」「自然素材を使う」「職人の手わざを活かす」ことを心掛けました。
スタッフ写真

スタッフからのコメント

敷地や家の形はそのままでも、多彩な空間と魅力的なライフスタイルが実現することを実感していただけると思います。定期的に見学会を開催していますが、それ以外も予約制で見学可能ですので、お気軽にお問合せください。

代表取締役社長 齋藤 光哲さん

新しくした素材・設備など

外部仕上げ(外壁) 一部スギ板張り、ホタテ漆喰塗り
内部仕上げ(床) スギ
内部仕上げ(内壁) お茶薫る珪藻土、土佐和紙、クロス
内部仕上げ(天井) スギ、シナベニア
使用メーカー(バス) ヒノキ張り+モザイクタイル
使用メーカー(キッチン) オリジナル造作キッチン
使用メーカー(照明) LED
1回につき5社まで資料・カタログをもらう(無料)
来店予約をする
送付内容: 会社案内・

アクトホーム(木の住まいづくり研究所)

創業113年。心地いい“癒し”の「木の住まい」を提案
  • 本社所在地 静岡県島田市島76-1アクトホーム株式会社 / 木の住まいづくり研究所
  • 施工対応エリア 浜松~静岡 / 島田・吉田・藤枝・掛川・牧之原・焼津・袋井・磐田・静岡・浜松 ※基本は、弊社より車で1時間以内のエリア (その他のエリアについては、ご相談下さい。)
  • 電話番号 0120-45-3101
  • ジャンル 新築、 リフォーム、 土地相談

リノベーションデータ

改修面積
108.70㎡ [32.88坪]
築年数
100年以上
施工期間
3か月
施工部分
屋根は部分的に補修。外壁はスギを張るなど通り側を中心に。室内は和室以外を全面的に改修。廊下部分は床と天井を取り除き、通り土間とした。キッチンや浴室も同社らしい仕上がり。
設計者名
アクトホーム
施工社名
アクトホーム
家全体の敷地面積
247.37㎡ [74.82坪]
家全体の延床面積
134.37㎡ [40.64坪]
家全体の施工面積
108.70㎡ [32.88坪]

ロード中

Pagetop