イエタテ

静岡県西部

静岡・三河の工務店・新築・一戸建て・注文住宅・リノベ会社を検索できるイエタテ

注文住宅、リフォーム住宅会社を探す

住宅会社 新築施工例 特集 リノベ事例 フォトギャラリー 住宅イベント モデルハウス 住まいのプロ コラム Q&A
  1. 古民家風の「板倉造り」の家で 年中快適な暮らし

村木建築工房

検討会社に追加する
施工対応エリア 湖西~菊川
電話番号 053-431-3480 ジャンル 新築、 リフォーム、 土地相談

古民家風の「板倉造り」の家で 年中快適な暮らし

クリップする
S邸  家族構成:夫+妻+長男+長女
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
奥様が希望したピアノ室。北側の壁一面を収納にして、隣家に対する防音に配慮。リビングや和室と引き戸で仕切ることもできる
和モダン風の上品な玄関。框や床、天井、収納扉など、至る所に無節の上質な木目が使われている。玄関収納の他にシューズクロークも設けてある
玄関ホールとLDKの仕切り戸には、古民家風の格子の引き戸を使用。板倉造りの空間のアクセントとして室内全体を引き立てている
ヒノキの八寸の大黒柱が家族をやさしく見守るリビングダイニング。窓側の壁面は、板倉造りを象徴する板張りをそのまま内装に活かしている
リビングと続き間の和室は、お子さんが遊んだり、お昼寝をしたりするのに便利。障子戸と板倉造りの板張りの壁、天井の梁が和の設えを表情豊かに彩っている
2階は1階とは雰囲気を変えて、シンプルモダンなテイストを強調。ぬくもり豊かな板張りの床・壁と、無機質な黒いドアとの対比が面白味を感じさせる
完成当時のLDKとピアノ室。対面キッチンからはリビングダイニングやピアノ室、そして和室までも見渡せる
古民家風の佇まい。白×黒の外壁に、日本瓦のいぶし銀がよく映える。深い庇が情緒を感じさせる

古民家風の佇まいが情緒豊かなSさんのご新居。室内は、ご主人好みの古民家調と、奥さま好みのシンプルモダンが融合した個性豊かな和モダン空間。LDKには『村木建築工房』ならではの「板倉造り」の壁をアクセントウォールとして活かし、木のぬくもりに溢れた心地よい空間が広がる。LDKの隣には奥さまの要望でピアノ室を設置。休日には奥様がピアノを演奏し、家族で音楽を楽しんでいるという。また、性能面では温暖化に配慮して夏対策を重視。「板倉造り」によって湿度や温度を調整するだけでなく、南面の軒を深くして直射日光を防ぎ、風通しを考慮して窓を随所に沢山設けてある。「梅雨の頃、外はジメジメしているのに、家の中は床も空気もサラサラなのでびっくりしました。それに、夏は涼しく、冬は暖か。板倉の家にして本当によかったと思います」と口を揃えるご夫婦。いにしえの時代から日本人に愛されてきた「板倉造り」の家に、日々感銘を覚える毎日だ。

資料・カタログをもらう(無料) リストの確認 来店予約する
送付内容: 会社パンフレット・工法本

スタッフからのコメント

Sさんご夫妻は、当社の「板倉造り」や家に対する考え方に共感して家づくりをご依頼くださいました。そんなSさんの想いに応えるべく、当社のスタッフが一丸となって取り組んだ結果、ご家族にご満足頂ける家をご提供できたことを心から嬉しく思っています。

代表取締役 村木 幹直さん

この人についてもっと知る

物件情報

設計者名 村木建築工房
施工社名 村木建築工房
敷地面積 364.81㎡ [110.35坪]
延床面積 134.14㎡ [40.57坪](1階 79.49㎡[24.04坪]、2階 54.65㎡[16.53坪])
構造・工法 木造軸組工法(板倉造り)
施工期間 5か月
外部仕上げ(屋根) 陶器瓦
外部仕上げ(外壁) 防火サイディング
内部仕上げ(床) ヒノキ無垢材
内部仕上げ(内壁) スギ板・ビニールクロス
内部仕上げ(天井) スギ板・ビニールクロス
内部仕上げ(断熱材) スタイロフォーム、ネオマフォーム
資料・カタログをもらう(無料) リストの確認 来店予約する
送付内容: 会社パンフレット・工法本

お客様の声

お客様の写真

「家を建てるなら、昔ながらの無垢の家がいい!」と考えていたので、『村木建築工房』さんの「板倉造り」についての資料をいろいろ拝見して、とても感銘を受けました。「板倉の家」は内装だけでなく構造にもたっぷり無垢材を用い、木の特性を最大限に活かすことのできる「真壁造り」をとり入れている点にも惹かれました。また、私たちの要望を伝えると、納得がいくまでプランを作り直してくれたおかげで、間取りもデザインも快適さも理想通りの住まいが叶い大満足です。

新築したきっかけ

いつかはマイホームを建てたいと考え、6年前から展示場をいくつも回って検討してきました。でも、なかなかピンとくる家と出会えなくて困っていたところ、ようやく巡り会えた理想の家が「板倉の家」でした。

ロード中

Historytl2
  • 施工例

Pagetop