静岡県西部

静岡・愛知の工務店・新築・一戸建て・注文住宅・リノベ会社を検索できるイエタテ

注文住宅、リフォーム住宅会社を探す

住宅会社 住宅イベント モデルハウス リノベーション 土地・建売 住まいのプロ 動画 家づくりガイド イエタテ相談カウンター
  1. イエタテ
  2. 静岡県西部
  3. バルハウス
  4. 新築施工例一覧
  5. 現場監督が家族のために建てた、ヴィンテージモダンな家 
施工対応エリア
湖西、浜松、磐田、森町、袋井
電話番号
050-5268-8268
ジャンル
新築 、 リフォーム 、 土地相談
資料請求無料 検討会社に追加する

現場監督が家族のために建てた、ヴィンテージモダンな家 

お気入り
クリップ
W邸  物件エリア:磐田市  家族構成:夫+妻+長女+次女+長男
バルハウス【デザイン住宅、自然素材、間取り】ヴィンテージテイストでコーディネートされたLDKは、モールテックスの腰壁で囲んだキッチン一体型のダイニングテーブルがインテリアの主役。ブルーのタイルが空間にポイントを添えている。ルーバー状に仕立てたアクセント天井の陰影が、家族の団らんをやさしく見守る
バルハウス【デザイン住宅、自然素材、間取り】スケルトンの鉄骨階段の向こうに視線が抜ける、明るくて開放的なホール。重厚感のあるリビングドアは造作によるオリジナルで、アンティークガラスがおしゃれのポイントだ
バルハウス【デザイン住宅、自然素材、間取り】モールテックスの天板にナチュラルな扉を組合せた造作の洗面台。鏡の間接照明がホテルライクな印象を与える。ハイサイドライトからの光が、北面とは思えない明るさを届けてくれる
バルハウス【デザイン住宅、自然素材、間取り】カフェのトイレをイメージ。背面と天井に張ったレッドシダーが、ブラケット照明が生み出す情景に美しく映える
バルハウス【デザイン住宅、自然素材、間取り】デザインと機能性を両立した、トーヨーキッチンと造作のカップボード。奥さまが最もこだわった夢の空間が実現した
バルハウス【デザイン住宅、自然素材、間取り】キッチンを囲んだ無機質なモールテックスの腰壁に、ダイニングテーブルを組合せたモダンなダイニングスペース。奥さまの強い希望で実現したヌックは、親子で日向ぼっこをしたり、本の読み聞かせをしたり、家族でくつろげる場所に
バルハウス【デザイン住宅、自然素材、間取り】2階のホールに設けたワークスペース。家族が部屋にこもることがないよう、扉を付けず、気配がわかるようにした
バルハウス【デザイン住宅、自然素材、間取り】ツートンのカラーで立体感を出した外観。ベランダを設けず、全体的にスッキリとした印象に。玄関ポーチはSOLIDOの外壁とレッドシダーの軒天を張り、雨に濡れないように仕上げた
バルハウス【デザイン住宅、自然素材、間取り】ご主人がヴンテージ風に塗装した建具
バルハウス【デザイン住宅、自然素材、間取り】ウォークインクローゼットのある主寝室
バルハウス【デザイン住宅、自然素材、間取り】無垢板を張ったニッチ。小物を置かなくても表情がある
バルハウス【デザイン住宅、自然素材、間取り】視線の抜けを計算したスケルトンの鉄骨階段
バルハウス【デザイン住宅、自然素材、間取り】2面採光の明るい子ども部屋
バルハウス【デザイン住宅、自然素材、間取り】ベランダを作らず、2階ホールに部屋干しスペースを用意
バルハウス【デザイン住宅、自然素材、間取り】重厚感のあるアクセント天井。平行に並ぶ羽板が、部屋の奥へと視線を促す
ヴィンテージテイストでコーディネートされたLDKは、モールテックスの腰壁で囲んだキッチン一体型のダイニングテーブルがインテリアの主役。ブルーのタイルが空間にポイントを添えている。ルーバー状に仕立てたアクセント天井の陰影が、家族の団らんをやさしく見守る
スケルトンの鉄骨階段の向こうに視線が抜ける、明るくて開放的なホール。重厚感のあるリビングドアは造作によるオリジナルで、アンティークガラスがおしゃれのポイントだ
モールテックスの天板にナチュラルな扉を組合せた造作の洗面台。鏡の間接照明がホテルライクな印象を与える。ハイサイドライトからの光が、北面とは思えない明るさを届けてくれる
カフェのトイレをイメージ。背面と天井に張ったレッドシダーが、ブラケット照明が生み出す情景に美しく映える
デザインと機能性を両立した、トーヨーキッチンと造作のカップボード。奥さまが最もこだわった夢の空間が実現した
キッチンを囲んだ無機質なモールテックスの腰壁に、ダイニングテーブルを組合せたモダンなダイニングスペース。奥さまの強い希望で実現したヌックは、親子で日向ぼっこをしたり、本の読み聞かせをしたり、家族でくつろげる場所に
2階のホールに設けたワークスペース。家族が部屋にこもることがないよう、扉を付けず、気配がわかるようにした
ツートンのカラーで立体感を出した外観。ベランダを設けず、全体的にスッキリとした印象に。玄関ポーチはSOLIDOの外壁とレッドシダーの軒天を張り、雨に濡れないように仕上げた
ご主人がヴンテージ風に塗装した建具
ウォークインクローゼットのある主寝室
無垢板を張ったニッチ。小物を置かなくても表情がある
視線の抜けを計算したスケルトンの鉄骨階段
2面採光の明るい子ども部屋
ベランダを作らず、2階ホールに部屋干しスペースを用意
重厚感のあるアクセント天井。平行に並ぶ羽板が、部屋の奥へと視線を促す

『バルハウス』で現場監督を務めるWさんが、家族のために建てた渾身の一棟。外観はベランダのないスッキリとしたデザインで、ポーチにSOLIDOやレッドシダーを張ってオリジナリティを出している。室内は、玄関に入った瞬間から重厚なヴィンテージ感が漂い、言葉にならないほどの落ち着きを感じる。生活の中心となるLDKは、システムキッチンにモールテックスの腰壁を張り、さらに造作のダイニングテーブルと一体化させたことで、家族が自然に集まって団らんを楽しめる場所に。また、ターコイズブルーのタイルと格子の天井がアクセントになり、上質な雰囲気を添えている。リビングの一角に設けたヌックは、本を読んだり、横になって体を休めたり、家族それぞれが好きなように過ごせるお気に入りの空間。さらに、共働き夫婦が時短できる家事動線や収納スペースも実現し、気持ちにゆとりが生まれたそう。「今までお客さまに提案してきたことが間違いなかったと、自分の家を建ててみて実感しました」と話すWさん。その笑顔がとても誇らしげに見えた。

資料・カタログをもらう無料 オンライン相談・来店予約
お届けするカタログ・資料の内容
カスタマイズ住宅 『バルハウス』の基本性能やコンセプトパッケージ、バーチャルプランもご覧になれるパンフレットをお送りします。
資料・カタログをもらう
送付資料

住宅性能

  • Ico performance seismic

    耐震性

    耐震等級3取得

  • Ico performance energy

    省エネルギー性

    C値(0.19)、UA値(0.5)、太陽光発電、10.12kW

  • Ico performance airing

    通風・換気性

    換気システム 第一種換気

間取り

間取りタイプ
3LDK / 2階建
スタッフ写真

スタッフからのコメント

弊社の現場監督の自邸です。適材適所を考えた木と自然素材の使い方、家事動線や収納計画、造作家具のしつらえなど、これまでに蓄積した経験とノウハウを存分に活かした快適な住まいになりました。完成見学会にも多くのお客さまにご来場いただき、高い評価をいただきました。

代表取締役 宮下 和晃さん

物件情報

本体価格 2500万〜2999万 ※金額は購入当時のものです
設計者名 バルハウス
施工社名 バルハウス
敷地面積 194.13㎡[58.72坪]
延床面積 118.83㎡[35.95坪](1階 66.66㎡、2階 52.17㎡)
構造・工法 スーパーウォール工法
竣工 2022年12月
施工期間 6か月
外部仕上げ(屋根) ガルバリウム鋼板
外部仕上げ(外壁) 塗り壁、SOLIDO
内部仕上げ(床) 無垢(オーク)
内部仕上げ(内壁) 珪藻土
内部仕上げ(天井) 珪藻土
内部仕上げ(断熱材) 硬質発砲ウレタン
内部仕上げ(柱) 無垢(ヒノキ)
使用メーカー(バス) TOTO
使用メーカー(トイレ) TOTO
使用メーカー(キッチン) TOYO KITCHEN STYLE
使用メーカー(窓・サッシ) LIXIL
資料・カタログをもらう無料 オンライン相談・来店予約
お届けするカタログ・資料の内容
カスタマイズ住宅 『バルハウス』の基本性能やコンセプトパッケージ、バーチャルプランもご覧になれるパンフレットをお送りします。
資料・カタログをもらう
送付資料

その他の新築施工例 ({{max}}件)

バルハウス

「らしい家は、かっこいい」 デザイン × 性能 × 自然素材の家づくり
  • 本社所在地 静岡県浜松市浜名区平口2670番地の3
  • 施工対応エリア 湖西、浜松、磐田、森町、袋井
  • 電話番号 050-5268-8268
  • ジャンル 新築、 リフォーム、 土地相談

お客さまの声

お客さまの写真

『バルハウス』で現場監督をしています。長年お客さまの家づくりに携わってきたので、いつかは自分の家を建てて、自分で監督をしたいと思っていました。これまでの経験値を存分に活かして間取りを考えたのはもちろんですが、やってみたかったこともたくさんあったので、造作家具や建具の塗装など、実験的なことにもたくさんトライしました。夫婦ともにアンティークやヴィンテージテイストが好きなので、素材感を楽しみながら暮らせるモダンな家にしました。デザインと性能と間取りのすべてを、高いレベルで整えることができたと自負しています。

新築したきっかけ

妻の実家に長年同居させてもらっていました。子どもが3人に増えて手狭になってきたこともあり、そろそろ独立してマイホームを持つタイミングだと自覚し、新築することにしました。

ロード中

Pagetop