静岡県中部

静岡・三河の工務店・新築・一戸建て・注文住宅・リノベ会社を検索できるイエタテ

注文住宅、リフォーム住宅会社を探す

住宅会社 住宅イベント 新築施工例 施工例特集 リノベ事例 フォトギャラリー モデルハウス 住まいのプロ コラム Q&A
  1. 杉山 倍隆

chiquita home(杉山建築)

検討会社に追加する
施工対応エリア 藤枝~静岡市内(エリア外要相談)
電話番号 05058510438 ジャンル 新築、 リフォーム、 土地相談

「100年住みたい」と思ってもらえる家を

プロの写真

代表 杉山 倍隆

1974年、静岡市出身。大学では経済を学んだが、幼い頃から大工である父親の仕事を見ていたこともあり、家づくりの道を志す。先代からバトンを引き継いだのは10年前。以来、スタイルの幅を広げつつ、理想とする“長く住み継げる家”を追求している。趣味は学生時代から続けるヨット。総合格闘技ジムの会長としての顔ももつ。

ヨットが趣味で、格闘技のジムも運営する。そんなプロフィールから人柄をイメージして対面すると、驚く方がいるかもしれない。その表情はとても穏やかで、口数少なめ。しかし、素材や性能に関する質問には、次々と言葉があふれ、“家づくりへの愛”と“ご家族のために”という思いが伝わってくる。目指すのは、「100年持つ」だけでなく、「100年住みたい」と思ってもらえる家。流行にとらわれない素材、ご家族の快適と家の健康を守る性能、そして暮らし方の変化を受け止めるシンプルな空間が溶けあう、“長く住み継げる家”を提供する。

住まいのプロに質問しました

プロに質問しましたのイメージ

プロにとって家づくりとは?

ご家族にとって、“帰りたくなる場所”であり続けてほしい。20年後、30年後に、ふと天井を見上げて「いい家だな」と思ってもらえることを想像して、最善を尽くします。とくに意識するのは、「長持ちすること」と「完成後に極力お金が掛からないこと」。「こんなはずじゃなかった」が無いよう、デメリットも隠さずお伝えすることを心掛けています。

どんな時やりがいを感じる?

「信頼してもらっている」と感じた時ですね。以前、あるお客様から二間続きの和室をつなげるリフォームのお話をいただいたのですが、打ち合わせを重ねた結果、最終的にほぼすべての空間をリフォームさせていただくことに。「まかせるよ」という言葉をいただいたときには、大きなやりがいを感じるとともに、キュッと身が引き締まります。
サシガネとボールペン

私の仕事の相棒は

サシガネとボールペン

墨付けに使うのはボールペン。当初は先代に小言をいわれたが、常に一定の太さの線を引くことができるので愛用。伝統を大切にしつつ、便利なものは採り入れている。

住まいのプロの評判

プロのイメージ
施主 Yさん

正直に説明してくれたので、後悔がありません

依頼を決めた理由はいろいろありました。静岡の家づくりを熟知していること。つくり手の顔が見えること。何より、住まいのプロとして、「こういうデメリットがある」「こういう方法もある」と私たちの立場に立って説明してくれたこと。納得した上で進めることができたので、後悔のない家づくりになりました。
妻 友佳子さん

1軒でも多くの家を手がけられますように!

お客様に一生懸命説明している姿や住宅の写真に見入っている様子を見ると、「本当に家づくりが好きなんだな」と感じます。私にできるサポートは限られていますが、ご縁をいただいた方に情熱が届いて、一軒でも多くの家に関わらせてもらえるといいなと思っています。

住まいのプロの仕事内容

思いを形にした「NUKUMORIの家」

「NUKUMORIの家」は、家づくりへの思いを形にしたシリーズ。無垢や漆喰などの自然素材、光と風を活かしたプランニング、北欧テイストのデザインが融合し、やさしい住み心地が提供される。

仕事内容の写真

県中部で唯一採用、全米No.1断熱材

全米No.1の実績を誇る「アップルゲートセルロース断熱」を採用。断熱、防音性能に加え、結露やカビの防止効果も高く、人も家も守られる。優れた防火性能を持ち、火災保険料が抑えられることも魅力。

技術力が光る造作の建具やしつらい

創業49年、地元に根づいた工務店ならではの安心感と技術力が、信頼につながっている。杉山さん自ら腕を振るうこともある造作仕事も評判。オリジナルの建具や照明カバーが愛着を深めてくれる。

ロード中

Historytl2

Pagetop