静岡県中部

静岡・三河の工務店・新築・一戸建て・注文住宅・リノベ会社を検索できるイエタテ

注文住宅、リフォーム住宅会社を探す

住宅会社 住宅イベント モデルハウス 新築施工例 施工例特集 リノベ事例 土地・建売 フォトギャラリー 住まいのプロ 動画 コラム Q&A 家づくり相談窓口
  1. イエタテ
  2. 静岡県中部
  3. コラム・特集一覧
  4. 学べる!!住まいのがっこう
  5. 家づくりをこれからはじめる人に おさえておきたい家づくり7つのポイント

コラム・特集  家づくりをこれからはじめる人に おさえておきたい家づくり7つのポイント

家づくりをこれからはじめる人に おさえておきたい家づくり7つのポイント

家づくりをこれからはじめる人に おさえておきたい家づくり7つのポイント

1.家づくりの流れをざっくりおさえておこう

1.家づくりの流れをざっくりおさえておこう

◆家づくりは早くても1年近くかかる
土地探しや住宅会社選びからはじまり、実際に家が建つまでは、およそ1年ほどの日数がかかります。家づくりをどこに依頼するか、家の構造や規模によってもスケジュールは変わります。土地探しから始める場合は、早めにスタートした方が安心ですね。

◆「やること」と「お金」の流れを知っておく
家づくりの流れと合わせて知っておきたいのが「お金」の流れです。住宅会社と契約を結んだ時、工事を始めた時など、いつどんなお金を支払う必要があるか確認しておきましょう。不安があれば、家づくりの相談窓口などで聞いてみるのもおすすめです。

2.まずは、暮らしの理想イメージを描いてみよう

2.まずは、暮らしの理想イメージを描いてみよう

◆自分が好きなこと・心地いい空間を思い出してみる
素敵な家の写真などの情報集めをしたくなりますが、まずは自分の好みやこだわりを知ることからスタートしましょう。我が家ですから、自分らしく居心地のいい家にしたいもの。そのためには、何を心地いいと感じるか、どんな空間が好きかなど、自分の中の「好き」を引き出すことからはじめましょう。

◆理想イメージを、写真や言葉で具体的に
自分の好きな空間や好み、理想イメージが思い描けたら、今度はそれを「見える化」します。家族で話してみるのもいいでしょう。言葉にするとイメージがより具体的になります。雑誌やwebで理想に合う写真を集めるのもこの段階からがおすすめです。

3.土地探しは優先順位を決めるとスムーズ

3.土地探しは優先順位を決めるとスムーズ

◆環境や空間、自分の優先順位を決めてみよう
たくさんある理想の土地条件の中から、優先順位を決めるのが土地探しをスムーズにするポイントです。例えば、交通が便利などの「環境」を重視するのか、広々としたリビングにしたいなど家の「空間」を重視するのかによっても、候補となる土地は違ってきます。

◆条件のよくない土地でもプラン次第で快適に
例えば、狭い土地なら、中庭や2階リビングでうまく光を取り入れる、間仕切りを減らして広さを感じさせるなど、建物や間取りの工夫で快適に暮らすことができます。デメリットは理解しつつ、逆手にとって家づくりができるということも頭に入れておけば、土地選びの選択肢がグッと広がります。

4.どんな家を建てたいかに合わせて家づくりのパートナーを選ぶ

4.どんな家を建てたいかに合わせて家づくりのパートナーを選ぶ

◆それぞれの住宅会社の“得意”を知ろう
住宅会社は、工務店・ハウスメーカー・設計事務所の3つに分類されます。工務店は、自由設計でコストをおさえながら地元の風土に合う家づくりができる。ハウスメーカーは、品質の安心感と、土地探しからアフターメンテナンスまでのサポート力。設計事務所は、高い設計・デザイン力で個性的な家づくりができるなど、それぞれの特徴・良さがあります。

◆見学会や勉強会をうまく利用する
住宅会社は、新築やOB宅、建築中などさまざまな見学会を開催しています。その会社の家づくりが具体的にイメージしやすく住宅会社選びの参考になるので、ぜひ足を運ぶことをおすすめします。勉強会やセミナーを開催していることもあるので、住宅会社を知るのに利用してみましょう。

5.予算やローンの計画は毎月の返済額から考えると無理がない

5.予算やローンの計画は毎月の返済額から考えると無理がない

◆家づくりにかかる費用は4つに分けられる
家づくりの費用は、「①土地 ②建物自体の費用(本体工事費)以外に、③付帯工事費(地盤や庭などの外構工事費) ④諸費用(工事以外の登記費用や印紙代など)」がかかります。金額の目安は、本体工事費が約7割、付帯工事費+諸費用が約3割と考えておけばいいでしょう。

◆ローンは借りられる額ではなく、返せる額で決めよう
住宅ローンは、金利や返済方式のメリットとデメリットを見て自分に合った返済プランを選びます。返済額は、借入可能額よりも毎月の返済額から考えると無理がなく現実的です。住宅購入後は税金や修繕積み立ての費用もかかるので、ゆとりを持った計画を立てましょう。

6.間取りは暮らしの理想イメージと環境の組み合わせで考える

6.間取りは暮らしの理想イメージと環境の組み合わせで考える

◆家の内側を考える
間取りは、優先度の高いものや大きな枠組みからプランしていき、細かな点をあとで加えていくと決めやすいです。人の動き方(家事・生活動線)、使いやすい物の納め方(収納)なども忘れずに考えていくことで、暮らしやすい間取りになります。

◆家の外側を考える
良い間取りには、光をどう取り入れるか(採光)、風をどう通すか(通風)という視点が欠かせません。明るくて、自然の風が感じられる家はとても居心地のいいものです。土地や環境に合わせて、建物や窓の位置を決めていきましょう。

7.契約から工事中、完成までに気をつけること

7.契約から工事中、完成までに気をつけること

◆図面、見積もり、契約書類の確認は慎重に
最終図面に問題がなければ、住宅会社と工事の請負契約を結びます。その際の書類には工事内容や金額などが細かく記されています。本契約後の変更
は追加費用が発生することがあり後戻りも難しいため、不明点があれば理解できるまで聞きましょう。

◆工事中は現場へ出向いて進捗確認をしよう
工事が始まったら、時々現場に足を運んで状況を確認しましょう。差し入れをしたり、職人さんへねぎらいの言葉をかけたりと、建築中の一コマも家づくりの良い思い出になります。気になる点があれば、職人さんではなく住宅会社へ伝えるようにします。

ライターのご紹介

イエタテ編集部
イエタテ編集部

フリーマガジンイエタテ・家を建てるときに読む本・WEBイエタテ・わたしの住まいみんなの暮らしを運営するイエタテの編集部。あなたの家づくりに役立つ情報をお届けします。

関連のコラム記事はこちら

該当するコラム記事がありません

Pagetop