愛知県三河

静岡・三河の工務店・新築・一戸建て・注文住宅・リノベ会社を検索できるイエタテ

注文住宅、リフォーム住宅会社を探す

住宅会社 住宅イベント モデルハウス 新築施工例 施工例特集 リノベ事例 フォトギャラリー 住まいのプロ 動画 コラム Q&A
  1. イエタテ
  2. 愛知県三河
  3. 戸田工務店
  4. リノベ事例一覧
  5. 古民家のリノベーションで ますます深まる家族の絆

戸田工務店

検討会社に追加する
施工対応エリア 三河全域・西部(湖西~浜松)他応相談
電話番号 050-5851-0556 ジャンル 新築、 リフォーム、 土地相談

古民家のリノベーションで ますます深まる家族の絆

A邸  家族構成:夫+妻
戸田工務店|間仕切りを取り払い、2階の床を外して“減築”したことで吹抜けの明るい空間に生まれ変わったLDK。太くて美しい梁を見上げながら暮らしたいという奥さまの夢が叶えられた
戸田工務店|古民家の大空間に現代的な白いアイランドキッチンが違和感なく融合している。リノベーションから8年が経過し、床も艶と味わいが出てきた
戸田工務店|天井の梁が骨格のように室内を見守る。これだけの立派な梁が50年以上も天井裏で息を潜めていたことに感動を覚える
戸田工務店|広縁のレイアウトはそのまま踏襲し、窓辺で庭を眺めながらくつろげる憩いのスペースに。古民家の雰囲気を残すため、あえて既存のサッシを使い、可能な限りすきま風を塞いだ
戸田工務店|隣家で暮らすお孫さんもこの古民家が大好き
戸田工務店|玄関からもアクセスできるピットリビングは、ウェイティングバーのように落ち着ける。造作のベンチは大勢の来客時に便利
戸田工務店|高級旅館のような風情が漂う玄関ホール。洗い出し仕上げの土間と無垢の床、建具、古美術がバランス良く納まっている
戸田工務店|威風堂々とした外観。曳家工事で建物の傾きを修正し、屋根瓦は塗り直した。隣接する子世帯の新築住宅と繋がっている
サムネイル サムネイル サムネイル サムネイル サムネイル サムネイル サムネイル サムネイル
間仕切りを取り払い、2階の床を外して“減築”したことで吹抜けの明るい空間に生まれ変わったLDK。太くて美しい梁を見上げながら暮らしたいという奥さまの夢が叶えられた
古民家の大空間に現代的な白いアイランドキッチンが違和感なく融合している。リノベーションから8年が経過し、床も艶と味わいが出てきた
天井の梁が骨格のように室内を見守る。これだけの立派な梁が50年以上も天井裏で息を潜めていたことに感動を覚える
広縁のレイアウトはそのまま踏襲し、窓辺で庭を眺めながらくつろげる憩いのスペースに。古民家の雰囲気を残すため、あえて既存のサッシを使い、可能な限りすきま風を塞いだ
隣家で暮らすお孫さんもこの古民家が大好き
玄関からもアクセスできるピットリビングは、ウェイティングバーのように落ち着ける。造作のベンチは大勢の来客時に便利
高級旅館のような風情が漂う玄関ホール。洗い出し仕上げの土間と無垢の床、建具、古美術がバランス良く納まっている
威風堂々とした外観。曳家工事で建物の傾きを修正し、屋根瓦は塗り直した。隣接する子世帯の新築住宅と繋がっている

古民家や古い道具が大好きで、家族旅行も古民家の旅館に泊まるという奥さま。ご主人の祖父が建てた築53年の家は寒くて、使い勝手も悪かったけれど、太い梁を見ながら暮らしたいという奥さまの想いが強く、古民家再生を得意とする『戸田工務店』でフルリノベーションすることに。建物が7cm傾いていたことから曳家を行い、柱、梁、壁はそのまま活かし、間取りと素材は全面改修し、白と黒を基調とした和モダンスタイルの家に生まれ変わった。天井を剥がしてみて、1959年竣工の家にしてはかなり上質な柱、梁を使い、細かい部分まで当時の大工の「良心」を感じる家であることが判明した。「新築とほぼ変わらない金額をかけるだけの価値がありました」とご主人。リノベーションから8年が経ち、無垢の床も風合いを増してきた。「新築には出せない経年美が気に入っています」とほほ笑む奥さま。長い歳月を生きてきた大梁が家族の過去、現在、未来を紡いでいく。

リノベーション ビフォー画像

以前は北向きで孤独を感じながら料理していた奥さま。3連のIHのアイランドキッチンに変え、家族を見渡せる位置にレイアウト変更。食器棚も大工さんが造作。友達から「古民家カフェを開くべきよ」と言われるほど見違える空間になった
以前は北向きで孤独を感じながら料理していた奥さま。3連のIHのアイランドキッチンに変え、家族を見渡せる位置にレイアウト変更。食器棚も大工さんが造作。友達から「古民家カフェを開くべきよ」と言われるほど見違える空間になった
洗い出しの土間と框の段差を低くし、デザインや使い勝手を両立した玄関ホール。杉板の天井と間接照明がゲストを温かく迎える。竹細工をあしらった丸型のニッチは既存のまま、職人技が冴える千本格子の建具など、奥さまが集めてきた古道具と絶妙に調和している
洗い出しの土間と框の段差を低くし、デザインや使い勝手を両立した玄関ホール。杉板の天井と間接照明がゲストを温かく迎える。竹細工をあしらった丸型のニッチは既存のまま、職人技が冴える千本格子の建具など、奥さまが集めてきた古道具と絶妙に調和している

施主さんに聞きました

施主様の写真

読者へのアドバイス

古民家再生は新築よりも難しいそうです。専門知識と施工実績豊富な『戸田工務店』さんなら安心してお任せできるので、古民家好きな方にお勧めします。

リノベーションしたきっかけは

築50年以上の家の寒さが辛くなってきて。長男家族が我が家の敷地内に新築することになったので、それなら一緒にリノベーションしようということになりました。

この会社に決めた理由

私が古民家好きなことを知っている先輩に紹介されて、『戸田工務店』さんのギャルリを見に行き、我が家もこんな風にリノベーションしたいと思いました。
スタッフ写真

スタッフからのコメント

築53年の家をリノベーションしました。奥さまが持っていらした骨董家具や古道具が、和モダンに生まれ変わった空間をより引き立てています。

設計 海野 崇さん

1回につき5社まで資料・カタログをもらう(無料)
来店予約をする
送付内容: 会社パンフレット 施工例集 その他

戸田工務店

日本の暮らしに“おかえりなさい”古材を新築に再利用した家づくり
  • 本社所在地 愛知県新城市宮ノ後16-1
  • 施工対応エリア 三河全域・西部(湖西~浜松)他応相談
  • 電話番号 050-5851-0556
  • ジャンル 新築、 リフォーム、 土地相談

リノベーションデータ

改修面積
233.39㎡ [70.60坪]
築年数
53年(リフォーム当時)
施工期間
6か月
施工部分
屋根瓦、構造材はそのまま活かし、家の半分ほどをフルリノベーション。構造の傾きを直すために曳家も行った。内装は味わいある古建具やアイアンなど素材感のあるものをふんだんに使用。

ロード中

Pagetop