愛知県三河

静岡・三河の工務店・新築・一戸建て・注文住宅・リノベ会社を検索できるイエタテ

注文住宅、リフォーム住宅会社を探す

住宅会社 住宅イベント モデルハウス 新築施工例 施工例特集 リノベ事例 フォトギャラリー 住まいのプロ コラム Q&A
  1. イエタテ
  2. 愛知県三河
  3. ゲートエアーハウス/阿部住宅
  4. 住まいのプロ一覧
  5. 阿部 弘司

ゲートエアーハウス/阿部住宅

検討会社に追加する
施工対応エリア 西三河、豊橋、豊川、蒲郡、西三河以西
電話番号 050-5268-8219 ジャンル 新築、 リフォーム、 土地相談

光あふれ、風そよぐ、シンプルな家を提案

プロの写真

代表取締役 阿部 弘司

1973年、岡崎市生まれ。21歳のとき、夜勤明けの仕事から帰宅する途中、近所の大工さんが手刻み作業している姿に感動し、弟子入りする。8年間の修業を経て、29歳で独立開業。大工としてハウスメーカー、ビルダーの下請けをしながら技術を磨き、現在は自社で注文住宅の設計・施工を行っている。趣味はゴルフ、釣り。家族は妻と二男。

「北欧の住宅や家具のように、変わらないことが美しくてカッコイイんです」と話す阿部社長。『gate air house』がつくる家は、シンプルで飽きのこないデザインと性能の高さが特徴。50年経っても飽きのこないデザインと心地よさを両立した家は、「本物」を知る人の暮らしをより豊かにしてくれる。接着剤を多用する新建材は一切使わず、構造材は天然木、壁は調湿・消臭効果の高い漆喰を標準仕様としている。また、いずれは壊れる機械設備に頼り過ぎず、自然の光と風が家全体に行き渡るように設計することで、身体と家計にやさしい家を実現する。

住まいのプロに質問しました

プロに質問しましたのイメージ

プロにとって家づくりとは?

ひと言で言うなら、お客さまに「幸せ」を提供することです。ただ単に耐震性、性能の高い家を建てても、それだけでは幸せになれません。家は家族が長く住む場所ですから、デザインとスペックに加えて、健康、お金、老後の暮らしまでトータルに考えてご提案するのがプロの仕事。「阿部住宅で家を建てて幸せになれたね」と感じていただけるよう、お客さまと真摯に向き合っています。

どんな時やりがいを感じる?

代表の私が自らお客さまの家に定期点検に伺うのですが、その際に「とても快適ですよ」「阿部さんに頼んでよかったよ」というお褒めの言葉をいただけたときですね。設計のときに頭を悩ませたこと、業者とのやりとりで苦労したことなども一瞬で報われます。この仕事を一生懸命やっていてよかったなぁと思いますね。
Apple Watch

私の仕事の相棒は

Apple Watch

時間を見るだけでなく、スケジュール管理や音楽を聴いたり、スマホと連動させたり、さまざまな機能を持つ。これに慣れてからは、ほかの時計はもう付けられない。

住まいのプロの評判

プロのイメージ
施主さん

イメージ通りの家づくりができて満足しています

『阿部住宅』さんの見学会に参加してみて、大手ハウスメーカーよりも自由度が高く、イメージ通りの家ができると思いました。気さくな人柄の阿部社長が家づくりへの不安や疑問を親身になって聞いてくれて嬉しかったです。打ち合わせで念を押して伝えたのが、“家のイメージを壊さずに、私たちのライフスタイルに合った家にしたい”ということ。私の出産と打ち合わせ期間が重なり、間接的なやりとりがあったにも関わらず、イメージ通りの家を作ってもらえました。
施主さん

阿部さんに頼んで本当によかったです

『阿部住宅』さんと出会ったきっかけは、友人の住まいの完成見学会でした。友人の家ということもあって、行く前からワクワクしていましたが、外観がまずステキでこんなオシャレな家ができるという事実にびっくり。打ち合わせでは、親身になって私たちの話を聞いてくれて、プロとしていろいろな提案もしてくださいました。素人ではわからない身体への作用や楽な動線の作り方もアドバイスしてくださり、頼りになりました。『阿部住宅』さんに頼んで本当に良かったです。

住まいのプロの仕事内容

奥さまの家事時間を短縮し 家族と触れ合う時間が増える間取り

北欧のスローライフに学び、家にいる時間が楽しくなる間取り、動線を提案。奥さまの家事時間が短くなる動線、豊富な収納を確保することで気持ちにゆとりが生まれ、家族団らんの時間が増える。また、50年先のライフスタイルまで見据えた可変性の高い間取りをプランニング。シンプルだけど上質で住み心地のいい家は、きちんと手入れすることでより深みを増す。

高気密・高断熱・高耐震が基本 ランニングコストのかかりにくい家

質の高い構造材や断熱材を用いて、高気密・高断熱・高耐震を基本とした資産価値の高い家をつくる。高耐候の素材を使いつつ、断熱と調湿性能に優れた家は光熱費もメンテナンス費用も抑えることができるので、老後も経済的な不安がなく、安心して暮らすことができる。オールドではなくヴィンテージとなる家、負債ではなく財産になる家を提供する。

無垢の木と漆喰が標準仕様の 身体にやさしい“呼吸する住まい”

無垢材を標準仕様とし、適材適所に使い分ける。木そのものが呼吸して湿度を調節するため、夏はサラッと涼しく、冬は潤いのある暖かい空間を実現。壁は調湿・消臭効果に優れた漆喰を使用。さらに、空気の流れを良くするために窓の位置にも気を配り、自然の風を上手に取り込む、人にやさしい健やかな住環境をつくる。

ロード中

Pagetop