イエタテ

静岡県西部

静岡・三河の工務店・新築・一戸建て・注文住宅・リノベ会社を検索できるイエタテ

注文住宅、リフォーム住宅会社を探す

住宅会社 新築施工例 特集 リノベ事例 フォトギャラリー 住宅イベント モデルハウス 住まいのプロ コラム Q&A
  1. シニア夫婦が安心・快適に暮らせる自然素材の平屋建て

瀧口建設

検討会社に追加する
施工対応エリア 西部(湖西~掛川)
電話番号 050-5851-0634 ジャンル 新築、 リフォーム、 土地相談

シニア夫婦が安心・快適に暮らせる自然素材の平屋建て

クリップする
T邸  家族構成:夫+妻
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
無垢の木ならではのやさしい香りが漂うワンルームのLDK。赤松の床が時とともに飴色に変化していく。真壁の勾配天井が開放感を生み出しているため、平屋でも窮屈さは感じない。格子越しに見える空間が主寝室になる
吊り戸棚を廃し、すっきり広々とした対面キッチン。「女房の喜ぶ顔が見たくてね」と、ご主人はいつも釣ってきた魚を自分でおろして皿に盛りつける。ダウンライトのやさしい光が料理をよりおいしく見せる
ロフトに上がる階段のデッドスペースを活かした収納庫。ムダな空間を作らない家づくりが『瀧口建設』スタイル
主寝室側からロフトをのぞむ。格子は目隠しと同時にインテリアの一部にもなっている。中央の棚には仏壇を配置する予定
浴室は脱衣室との段差がないバリアフリー。タモ材のスプーンカット仕様の床は、歩いた時の当たりが柔らか
ロフトは収納兼ご主人の趣味部屋。ここで釣り竿の手入れをしたり、仕掛けを作るのが楽しみ。桜吹雪をあしらったオリジナル建具に和の情緒がただよう
無垢の木と珪藻土の塗り壁に癒される玄関ホール。天井は天竜杉。匠の技が光る下駄箱も『瀧口建設』のオリジナル造作
シニア世代の夫婦が2人で暮らすにはちょうどいいサイズの平屋建て。ポーチの階段下に足元灯を設置したことで、シンプルな外観にニュアンスがプラスされた

二人の娘さんが嫁ぎ、夫婦二人になったTさん。小さくていいから、安心して楽に暮らせる平屋建てを新築することに決めたそう。
部屋の中に一歩入ると、木の香りがふわりと漂い、静かで、穏やかな時間が流れている。床は赤松、柱は天竜杉を惜しみなく使い、珪藻土の壁に当たるきれいな光に見とれてしまう。「これまでより家にいる時間が長くなったご夫婦に、その時間をいっそう楽しんでいただこうと、身体にやさしくて、なおかつ飽きのこない自然素材の空間にこだわりました」。朗らかな笑顔でそう語るのは『瀧口建設』の瀧口社長だ。
 段差のないバリアフリー設計を基本に、戸はすべて引き戸、家事動線もコンパクトに収めた。ワンルームの空間にLDKと寝室があるため、間に木の格子を設けて緩やかに目隠しした。階段で上がる広いロフトは収納兼ご主人の隠れ家。シンプルで、落ち着いた和の趣を盛り込んだT邸は、シニア世代の終の住処として参考にしたい作品である。

資料・カタログをもらう(無料) リストの確認 来店予約する
送付内容: 会社パンフレット、施工例集、商品カタログ、プラン集、工法・技術カタログ
スタッフ写真

スタッフからのコメント

シニア世代のご夫婦が安心して快適に暮らせる平屋です。面積はコンパクトですが、勾配天井とロフトがあるので、実際よりも広く感じられます。無垢の木と自然素材もふんだんに使い、四季を通して心地よく過ごせる家です。 

代表取締役・一級建築士 瀧口 繁さん

物件情報

設計者名 瀧口建設
施工社名 瀧口建設
敷地面積 148.94㎡(45.05坪)
延床面積 45.54㎡(13.78坪) 1階45.54㎡[13.78坪] 
施工面積 81.15㎡(24.54坪)
構造・工法 木造軸組工法
施工期間 5か月
外部仕上げ(屋根) 日本瓦
外部仕上げ(外壁) サイディング
内部仕上げ(床) 無垢赤松材
内部仕上げ(内壁) 珪藻土塗り壁、珪藻土クロス、杉板腰壁
内部仕上げ(天井) 珪藻土クロス
内部仕上げ(断熱材) グラスウール
内部仕上げ(柱) 無垢杉
資料・カタログをもらう(無料) リストの確認 来店予約する
送付内容: 会社パンフレット、施工例集、商品カタログ、プラン集、工法・技術カタログ

お客様の声

お客様の写真

『瀧口建設』さんの見学会で見た家が気に入って、一週間で契約しました。無垢の木を贅沢に使い、細かい部分まで丁寧に造り込んでいるのを見て、この工務店なら信用できると感じたからです。間取りはすべて瀧口社長にお任せで、図面もファストプランでOKを出しました。子どもも独立し、夫婦二人が安心して快適に暮らせるよう、すべて引き戸にしたり、段差のないバリアフリー仕様になっています。広いロフトは収納だけでなく、私の趣味である釣り竿を飾る予定です。男の隠れ家ってやつですよ(笑)。理想の住まいを手に入れるには、素人が余計な口出しをせず、家づくりのプロにお任せした方が良いと思います。

新築したきっかけ

築35年の自宅の耐震が心配で、新築するかリフォームするかで迷っていました。たまたま近所で行われていた『瀧口建設』さんの完成見学会に行ったら、「夫婦二人だし、平屋でのんびり暮らすのもいいなぁ」と思ったのです。

ロード中

Historytl2
  • 施工例

Pagetop