静岡・三河の工務店・新築・一戸建て・注文住宅・リノベ会社を検索できるイエタテ

注文住宅、リフォーム住宅会社を探す

住宅会社 住宅イベント 新築施工例 リノベ事例 フォトギャラリー モデルハウス 住まいのプロ コラム Q&A
  1. 秋山 大輔

アキヤマ

検討会社に追加する
施工対応エリア 中部(静岡)
電話番号 050-5851-0450 ジャンル 新築、 リフォーム、 土地相談

自分の家を建てるつもりで提案する

プロの写真

住宅部 営業 秋山 大輔

1974年、静岡市清水区生まれ。学校卒業後、東京で電子部品会社の営業をこなす傍ら、夜はレストランでアルバイト。30歳で静岡市に戻り、6年間飲食店を経営する。36歳で家業の『アキヤマ』に入社。飲食店経営で培った接客サービス、人を幸せにするために全身全霊を尽くす姿勢が今の仕事の礎になっている。趣味はスポーツ観戦、音楽観賞。好きな言葉は「平和」。

年の離れた兄が3人いたこともあり、家業の建築・不動産とは全く関係のない職業に就いていた大輔さん。しかし、いつも心のどこかに“家づくり”の4文字がどっかりと横たわっていたそう。「結局、好きなんでしょうね(笑)」。施主さんに後悔してほしくない、『アキヤマ』の家で幸せに暮らしてほしいという想いが強すぎて、時には施主さんと衝突することもある。それでも、これだけ多くの施主さんから長年に渡って支持されているのは、自分たちに合う最高の住まいを提案してくれると信頼されているから。創業から50年を迎え、先代がつくった家の建て替えや不動産売買の話も多く、大好きな家づくりに奔走する毎日だ。

住まいのプロに質問しました

プロに質問しましたのイメージ

プロにとって家づくりとは?

いつも「自分の家を建てる」つもりで施主さんにご提案しています。打ち合わせの途中から私が施主さんに憑依したみたいに、つい熱くなって、「それは絶対にやめた方がいいです。こちらをお勧めします」とやり合うこともあります。すべては、施主さんに『アキヤマ』の家で幸せに暮らして頂きたいからです。

どんな時やりがいを感じる?

家づくりのクライマックスといえば「お引渡し」です。でも私は、施主さんが住み始めてからしばらく経って、点検などでお伺いしたときに「やっぱりアキヤマさんで建ててよかった。快適に暮らしていますよ」と言ってもらえたときの方が嬉しいですね。建てたら終わりではなく、建てた後からの信頼関係を大切にしています。
スマートフォン

私の仕事の相棒は

スマートフォン

施主さんや同僚とのやりとりはLINEとメールが中心。連絡メモもスケジュール管理もすべてスマホに入っている。音楽も映画もスマホで。

住まいのプロの評判

プロのイメージ

長所と短所を説明した上で、選ばせてくれる

ちょうど我が家と同世代のお子さんがいらっしゃるので、とても話しやすいし、価値観も似ているので、初めての家づくりを楽しむことができました。素材や設備仕様を決めるときも、それぞれの長所と短所を必ず説明してから選ばせてくれるので納得できました。何か不具合があったときもすぐ駆けつけてくれるから、毎日安心して暮らすことができます。

人生経験が豊富で、頼りがいのある人

大輔さんは、『アキヤマ』に入社する前にメーカーの営業や飲食店経営、バーテンダーなども経験されているので、発想が柔軟で、人を喜ばせる能力に長けています。家は一生に一度の高価な買い物と言われますが、大輔さんにとっても“その施主さんとの家づくり”は一生に一度きり。そんな想いで1棟1棟真剣に取り組んでいるので、満足度の高い家ができるのだと思います。

住まいのプロの仕事内容

強靭なSE構法で耐震性と大空間を両立

SE構法は、木造でありながらその接合部に特殊な「SE金物」と「Sボルト」を使って、ラーメン接合の強さを持つことが可能となる。骨組み全体で建物を支えるので、柱や壁の数が少なくても、強度を保ちながら30畳の大空間や大開口を実現。また、全棟において構造計算を実施することで、地震はもちろん、台風などの自然災害もシミュレーションし、安全を担保する。

不動産業50年の信頼と実績!草薙エリアの土地探しもお任せ

『アキヤマ』は、売土地、分譲地、建売住宅、中古住宅、中古マンション、不動産の売却まで、地域密着50年の信頼と実績を誇る。広告に出回っていない掘り出し物の土地情報もあるので、人気の草薙エリアで探している人も気軽に相談してみて。また、単に不動産価値として見るのではなく、家づくりのプロの目線で土地を評価できるので、気になる土地があれば同行してもらおう。

ロード中

Historytl2

Pagetop