イエタテ

静岡・三河の工務店・新築・一戸建て・注文住宅・リノベ会社を検索できるイエタテ

注文住宅、リフォーム住宅会社を探す

住宅会社 新築施工例 リノベ事例 フォトギャラリー 住宅イベント モデルハウス 住まいのプロ コラム Q&A
  1. アートのある暮らしを満喫! 北欧スタイルの二世帯住宅

四季彩ひだまり工房 高田工務店

検討会社に追加する
施工対応エリア 西部(湖西~袋井)、三河(豊橋)
電話番号 053-596-3900 ジャンル 新築、 リフォーム、 土地相談

アートのある暮らしを満喫! 北欧スタイルの二世帯住宅

クリップする
I邸  家族構成:夫+妻+長男+長女+叔母
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
家族がどこにいても様子が見える子世帯のLDK。リビング部分が吹抜けで開放感抜群。床は傷がつきにくく、掃除しやすい無垢調のフローリングを採用
ダイニングの一角にある造作カウンターは、PCデスク兼子どものスタディコーナー。棚のデザインも奥さまのこだわりのひとつ
美術館をイメージした白亜の外観。立体的なFの柱、窓のラインが美しい
蔵収納の上部に位置する主寝室。移動式の壁を開ければ、吹抜けのピクチャーウインドウを 通して青空や花火が見える
大容量の蔵収納は子どもたちの秘密基地にも。上部の寝室の移動式の壁の扉を開けると、空間につながりが生まれる
二世帯共有の玄関にも旧家の懐かしい気配を感じる。現在は生産されていない模様入りガラスは玄関正面の明かりとり窓、照明は階段を照らすライトとして。心を尽くした様子が目に浮かぶ
奥さまのたっての希望であるウッドタイルをメー カー品で検討した所、かなり高額の物となり、あきらめかけていた。そんな時、高田社長のアイデアで、タモのフロアー材をとってご主人のDIYで調達。色幅のある雰囲気に創り上げた逸品
アイランドキッチンから望むピアノ室。愛着のある旧家の引き戸を使いたいとの叔母さまの要望に合わせて間口をリサイズ

 I邸は美術館をイメージした独創的な外観が特徴の二世帯住宅。叔母さまが暮らす1階は、アイランドキッチンを中心とした和モダンスタイル。大勢の親戚が集まっても狭く感じないよう、リビングはゆったりと。愛着のある旧家の建具を再利用した引き戸を開けると、人生を共に歩んできたグランドピアノが密やかに輝いている。2階の子世帯は奥さまの理想を100%叶えた北欧スタイル。ご自身の作品をはじめ、数々のアートが壁に飾られ、白い空間に彩りを添える。モザイクタイルを貼った移動式のカラクリ扉を開くと、そこは12畳の蔵収納。スキップフロアを利用したご主人の書斎は、天窓から柔らかな光が降り注いでいる。I邸の魅力はデザインだけではない。共働き夫婦が子育てしながら快適に暮らせるよう、室内干しスペースやコンパクトな家事動線も充実。「地元工務店でもこんなに素敵なデザイン住宅が建てられるってことを伝えたいです」。奥さまのとびきりの笑顔が『四季彩ひだまり工房』の感性と確かな仕事ぶりを物語っている。

資料・カタログをもらう(無料) リストの確認 来店予約する
送付内容: お礼状、コンセプトブック、施工例集、その他

スタッフからのコメント

コンセプトは「美術館のような家」。美術の先生をしていらっしゃる奥さまのビジョンがまっすぐで、好き、嫌いも明快だったので、最後までブレませんでした。洗練さと程よい生活感が融合した、住み心地のよいデザイン住宅が完成しました。

代表取締役 高田 佳宏さん

この人についてもっと知る

物件情報

設計者名 四季彩ひだまり工房 高田工務店
施工社名 四季彩ひだまり工房 高田工務店
敷地面積 166.30㎡ (50.30坪)
延床面積 173.75㎡ (52.55坪) 1階 85.03㎡(25.72坪) 2階 88.72㎡(26.83坪)
構造・工法 木造軸組工法
施工期間 6か月
外部仕上げ(屋根) ガルバリウム鋼板
外部仕上げ(外壁) サイディング、タイルジョリ パット塗壁
内部仕上げ(床) フローリング、一部サクラ、 ヒノキ
内部仕上げ(内壁) クロス
内部仕上げ(天井) クロス
内部仕上げ(断熱材) 羊毛断熱材
使用メーカー(バス) TOTO
使用メーカー(トイレ) TOTO
使用メーカー(キッチン) TOTO
使用メーカー(照明) ODELIC
使用メーカー(窓・サッシ) YKK
資料・カタログをもらう(無料) リストの確認 来店予約する
送付内容: お礼状、コンセプトブック、施工例集、その他

お客様の声

お客様の写真

見学会で見たどの家もデザインが素敵だったので。決め手になったのは高田社長の誠実で話しやすい人柄です。『家建本』に載っている笑顔そのまんまの人!やりたいと思い描いていたことが予算内で100%実現しました。反省点はまったくありません。おかげさまで、家づくりを思いきり楽しむことができました。

新築したきっかけ

古い一戸建てに暮らしていましたが、子どもたちの成長とともに手狭になって。叔母が暮らす本家の老朽化も心配だったので、じゃあ一緒に暮らそうということに。

ロード中

Historytl2
  • 施工例

Pagetop