静岡・三河の工務店・新築・一戸建て・注文住宅・リノベ会社を検索できるイエタテ

  1. 毎日の暮らしが楽になる 外に閉じ内に広がる木の家

セブンハウス

ブックマークする
施工対応エリア 西三河全域、豊川、蒲郡
本社電話番号 050-5851-7002 ジャンル 新築、 リフォーム、 土地相談

毎日の暮らしが楽になる 外に閉じ内に広がる木の家

ブックマークする
A邸  家族構成:夫+妻+長男+長女
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
外観は直線で構成され、正面はブラックのサイディングにブラウンのドア、小さな窓2つの要素のみ
建物の中央に設けたウッドデッキと上に抜ける空間。外観の印象とは真反対の、大きく明るい空間だ
2階のバルコニーは、ウッドデッキの上の少し奥まった位置に配置した。これにより、洗濯物も人目が気にならない
1階のLDK。写真右の高く細い窓は外に面し、奥の大きな窓は内のウッドデッキに面している
2階の主寝室も内に面しており、プライバシーのある明るい空間になった。床は落ち着いたダークブラウンを採用
2階の子ども室はより明るく清潔感のある雰囲気に。今はひとつの空間だが、間を仕切り2つの部屋にすることも可能だ
外と内の中間ともいえる玄関・ホールは、両方の特徴を取り入れた色と素材を使った
1階の和室。外に面した壁には下に細い窓を設置し、人目を遮断した。ウッドデッキに面した窓を開け放てば、風通しも抜群にいい

立地は市の中心街。買い物や通勤、通学など、毎日の暮らしは便利だが、一方、人通りや車通りが多く、気になるのは外からの人目や騒音だ。しかし、このお宅は、予想されるデメリットをすべて解消し、メリットのみにしている。無駄を一切排除した直線的でブラックなファサードが特徴的な外観。一見では窓も小さく少なくて閉鎖的な印象だが、中には入ればその印象は180度変わる。建物の中央にはウッドデッキとその上に抜ける空間を設け、1階はウッドデッキを中心に段差なくホール、LDK、和室が繋がっている。いわゆる「外に閉じ内に広がる家」というもので、内の壁の色には外とは対極にあるホワイトを採用。同時に、内に面した窓は最大限大きくし、開放感と共に多く取り込む光を反射させ十分な明るさのある空間を実現している。まさに、完成度の高い現代的な「外に閉じ内に広がる家」なのだ。

資料・カタログをもらう(無料) リストの確認 この会社に相談する
送付内容: 会社パンフレット 施工例集 その他
スタッフ写真

スタッフからのコメント

通りからの人目や騒音をなるべく遮断するため、「外に閉じ内に広がる」デザインに。中央にウッドデッキと抜ける空間を設け、また、内側の壁を白くすることで、明るさも申し分ない狙い通りの住みやすくおしゃれな住宅が完成しました。

営業部長 吉田幸巨さん

物件情報

設計者名 セブンハウス
施工社名 セブンハウス
敷地面積 135.00㎡ [40.83坪]
延床面積 104.76㎡ [31.68坪]
構造・工法 木造軸組工法
資料・カタログをもらう(無料) リストの確認 この会社に相談する
送付内容: 会社パンフレット 施工例集 その他

お客様の声

木の温もりと優しさを生かしたデザイン健康住宅が得意だと評判。ホームページや、訪問すれば会社で見られる豊富な施工例はどれも素敵なデザインで、また、耐震性や断熱性、省エネ性などもよく考慮されていることに感銘を大変受けました。また、ただ木だけを使って優しいだけでない、クールでエッジの効いた印象の色使いや素材選びも、若い世代にとっては好印象です。担当者さんは明るく朗らかな方で、何でも話やすいのも嬉しいですね。

新築したきっかけ

小さな子どもがいる4人家族にとってアパート暮らしは窮屈で不便。そろそろ新築一戸建て住宅を考え始め、利便性から市の中心街の土地を希望しました。

ロード中

CLOSE