静岡・三河の工務店・新築・一戸建て・注文住宅・リノベ会社を検索できるイエタテ

  1. 本格派のホームバーはくつろぎと集いの空間

三和建設

ブックマークする
施工対応エリア 中部・東部(島田~三島)
本社電話番号 050-5851-0411 ジャンル 新築、 リフォーム、 土地相談

本格派のホームバーはくつろぎと集いの空間

ブックマークする
M邸  家族構成:夫+妻+長男+長女
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
友人たちを招く時は、バーとの仕切りを開けて、リビングももてなしの空間に。TVボード側の壁には、ダークブラウンのタイルを全面にあしらった
こだわりの一枚板のカウンターやコレクションケース、ブラックライトなど、ご主人のロマンが詰まった空間。バックバーには欧州の稀少なお酒も並ぶ
アールを付けたカウンターにさらにワンポイントをつけるため、タイルをあしらった。木の素材感とミスマッチの妙で個性的に演出
バーの丸窓にはステンドグラス調のパネルで、インテリア性をアップ
白いサイディングにポーチ周りのレンガが映え、目隠しのためのドアの前のコートラインがアクセントに
琉球和紙を用いた畳はツートンで市松模様に。和室の扉を開ければキッチンからも目に入り、奥さまもお気に入りの空間
居酒屋では自家栽培の野菜を提供。菜園での作業道具も保管できる、玄関のシューズクローゼットが便利
リビングは独立した空間に仕切ることも可能。光は通るが人影は気にならないので、改まった来客時に重宝する

居酒屋を経営しているMさんは、ひとりで飲むお酒も、人をもてなしながら飲むお酒も大好き。「バーに不可欠なのは、良い空間、良いお酒、良い仲間、良い音楽」と語る。家を建てる際には、その理想を詰め込んだホームバーを作ろうと当初から考えていたそう。圧巻はナラ材のカウンター。店舗設計などの経験もあるご主人が自ら選んだ一枚板を、施主さんの要望に柔軟に対応する『三和建設』が加工、設置。本格的なバックバーやAVモニター、ムーディなブラックライトも備え、そのまま店が開けそうな、お洒落な空間が誕生した。気密性の高い住宅性能のおかげで、夜、多少賑やかになっても近隣への騒音の心配がないことに、奥さまも安心している様子。「これからの人生をともにする家。快適にくつろげる家は仕事への活力にもなりますよ」と満足げに語るご主人の笑顔が印象的だ。

資料・カタログをもらう(無料) リストの確認 この会社に相談する
送付内容: ・会社パンフレット・施工例集・その他
スタッフ写真

スタッフからのコメント

お施主様のこだわりを随所に取り入れたお住まいです。特にホームバーは、本格的なカウンターを一枚板で作りました。ご主人の癒しの空間になっています。

本社営業推進部 課長 強矢 秀樹さん

物件情報

設計者名 三和建設
施工社名 三和建設
敷地面積 1,093.45㎡ [330.76坪]
延床面積 146.56㎡ [44.25坪] (1階 80.32㎡、2階 66.24㎡)
施工面積 185.48m2 [56.00坪]
構造・工法 木造軸組工法(在来工法)
施工期間 4.5か月
外部仕上げ(屋根) スレート、ガルバリウム鋼板
外部仕上げ(外壁) サイディング、タイル
内部仕上げ(床) タイル(1階ホール)、無垢材(キッチン)
内部仕上げ(内壁) 健康塗り壁(LDK)
内部仕上げ(天井) 健康塗り壁(LDK)
使用メーカー(バス) システムバス 1.25坪
使用メーカー(キッチン) システムキッチン
設備・施設 太陽光発電システム 7.87kW
資料・カタログをもらう(無料) リストの確認 この会社に相談する
送付内容: ・会社パンフレット・施工例集・その他

お客様の声

お客様の写真

『三和建設』さんの建築中の住宅を見て、デザイン的に気に入っていました。たまたま知り合いが勤めていたので、迷うことなくお願いしました。理想通りのホームバーができて嬉しいです。夜、音楽を聴いていても、外にあまり音が漏れないので、周囲に迷惑をかけることもなく安心です。

新築したきっかけ

アパート住まいでしたが、年齢的に今建てておくべきだと思ったから。所有している土地の有効活用のためにも持ち家にしようと思いました。

ロード中

CLOSE