静岡・三河の工務店・新築・一戸建て・注文住宅・リノベ会社を検索できるイエタテ

  1. 北欧テイストと住み心地、どちらも叶えたナチュラルハウス
施工対応エリア 中部・東部(島田~沼津)
本社電話番号 050-5851-0367 ジャンル 新築、 リフォーム、 土地相談

北欧テイストと住み心地、どちらも叶えたナチュラルハウス

ブックマークする
M邸  家族構成:夫+妻
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
玄関から2階までひと続きの大空間だが、気密・断熱性能に優れ、熱交換換気システムがしっかり機能しているため、床下のエアコン1台でムラなくあたたまる
真っ白な漆喰の塗り壁とアクセントの丸窓で、洗練さのなかにキュートな印象。閑静な住宅街にさりげなくご夫婦のセンスを伝えている
キッチンと洗面脱衣室をつなげるパントリーは、どちらにも便利さとスッキリをもたらす。周遊も可能で、共働きの奥さまを助けてくれる
ロードバイクが趣味のおふたりは、玄関にメンテナンスもできる広さを希望した。タイルは斜めの四半張り。壁にはニッチも
朝食や奥さまの書き物、将来の宿題スペースに引き出し付きのカウンターを造作。正面にはどこかに使いたかったというポルトガル産のタイル「アズレージョ」が張られている
あえてラフに貼ったブリックレンガとアー チが空間の役割を穏やかに区切る。デスク と棚は造作。配線がしやすいようパソコンを引き出せるようになっている
階段下のスペースに設置されている床下暖房用のエアコンは普通の壁掛けエアコンだそう。基礎は「ポスト型ベタ基礎」を採用。しっかりと断熱し、温風の通り道をつくることによって暖房効率を高めている
寝室は一面をブラックで引き締め、落ち着きを演出。ベッドの高さにあわせて、同じカラーの収納を造作してもらった。室内のクローゼットに加え、3.5畳のウォークインも用意されている

空調関係の技術職で、住宅性能に関心があったご主人。ぬくもりと洗練が溶けあう北欧風の家に憧れていた奥さま。手がける住宅の雰囲気に加え、「性能=住み心地」を大切にする姿勢に共感し、『サンキハウス』に依頼を決めた。ドアを開けると、ロードバイクが置かれた広い玄関。空間はLDKから吹き抜けへと伸び、開放感とともに無垢のパインと漆喰から放たれる清々しさに包まれる。パントリーを途中に配した家事動線やご主人のパソコンコーナーなど、「どう暮らすか」まできっちりプランに落とし込まれている。しかし最大の特徴は、目に見えない部分にある。エアコン1台で暖房を賄う「床下エアコン」が採用されているのだ。「家全体で温度差が少ないことも魅力ですね」とご主人。うれしさと心地よさが、1年中続く住まいが完成した。

資料・カタログをもらう(無料) リストの確認 この会社に相談する
送付内容: ・会社パンフレット・工法、技術カタログ・施工例集
スタッフ写真

スタッフからのコメント

床下に設置したエアコンとこだわりの超高気密・高断熱の仕様で、夏も冬もエアコン1台で過ごせるお住まいに。趣味のロードバイクも存分に楽しんでいただけそうです。

2級建築士 中山 智美さん

物件情報

設計者名 Sanki Haus(サンキハウス)
施工社名 Sanki Haus(サンキハウス)
敷地面積 307.81㎡ [93.11坪]
延床面積 101.44㎡ [30.68坪] (1階 46.79㎡、2階 54.65㎡)
構造・工法 2×4工法(枠組壁工法)
竣工 2016年3月
施工期間 5か月
資料・カタログをもらう(無料) リストの確認 この会社に相談する
送付内容: ・会社パンフレット・工法、技術カタログ・施工例集

お客様の声

お客様の写真

性能に対するこだわりと自信を感じたからです。ある会社はデザイン重視で、性能のことは後回し。もちろん最初に気に入った雰囲気も決め手の1つでした。入居して間もないですが、すでに快適さ、暮らしやすさを感じています。冬の暖房はもちろん、夏の冷房の効きも楽しみ。光熱費のメリットも実感できそうです。

新築したきっかけ

「増税前に建てたいね」と検討をはじめました。最初は妻が好きな雰囲気の会社を探して『サンキハウス』さんを発見。セミナーに足を運びました。

ロード中

CLOSE