好きなモノに出合える“市”

好きなモノに出合える“市”

update:2020年5月14日

嶌本 倫子
Writer 嶌本 倫子

好きなモノに囲まれる心地よい暮らし 番外編。自分のお気に入りを見つけたいけれど、モノに対する知識がないまま、セレクトショップへ行くのはちょっと抵抗がある、という場合には、いろいろなクラフト系の作家さんやお店が一堂に会するイベントに注目したい。県内各地で開催されている、マーケット、マルシェ、市などの中から、人気のものをセレクトしました。

全国から100以上の作家が出展 テーマ企画も魅力

全国から100以上の作家が出展 テーマ企画も魅力

●ARTS&CRAFT 静岡手創り市[静岡市葵区|毎年4月中旬・10月中旬]
緑豊かな靜岡縣護國神社の境内で、春と秋の年2回開催。器や生活雑貨、アクセサリーなどの手工芸を中心に全国から100以上の作家が出展。「経年変化」「ハレの日の装身具」など、毎回異なるテーマの企画展も魅力。
http://www.shizuoka-tezukuriichi.com

地元の食と暮らしが集まるスカウト型マーケット

地元の食と暮らしが集まるスカウト型マーケット

●浜松サザンクロスほしの市[浜松市中区|毎月第2日曜]
浜松駅から徒歩3分の浜松サザンクロス商店街で毎月第2日曜に開催。公募ではなく主催者側から声をかけ、浜松への想いあふれる作り手が集まる。オリジナルラッピングや人と人との繋がりを生む「私の本棚」など、素敵なワクワクがいっぱい。
https://hoshinoichi.com/

湧水のまち・三島で開催 作り手の顔が見えるクラフト市

湧水のまち・三島で開催 作り手の顔が見えるクラフト市

●Village Mishima Rakujuen[三島市|毎年5月中旬]
富士山の雪解け水が湧き出す自然公園「楽寿園」で開催。会場をひとつの「まち」として捉え、作家や店舗、顏の見える人々によって「まち」の営みが生まれる2日間。器や道具、手工芸、植物などおよそ100のブースが出展。
http://village-mishima.com

丁寧な手仕事にふれる あたたかなマーケット

丁寧な手仕事にふれる あたたかなマーケット

●アリィの冬と夏2020「Re.6」[浜松市南区|例年夏と冬の2回開催]
70年代の空気感が残る、浜松市南区卸本町の問屋ビル群で開催される企画展。コンセプトは「まざる・かさなる」。陶磁・木工・ガラスなどのクラフト作品をはじめ、お菓子やカフェ、アートなど、全国から150以上のブースが出展。
https://doubleprojet.com

ゆるやかな時間が流れる 夜型マルシェ

ゆるやかな時間が流れる 夜型マルシェ

●日本平夜市[静岡市清水区|毎月第4土曜]
眺望抜群で夜景もキレイな日本平山頂で毎月第4 土曜に開催される夜型マルシェ。グルメや雑貨など60 店以上が集まり、素敵な演奏が会場を盛り上げる。お花や植物雑貨、キャンドル、ガラス小物など多彩なアイテムが並び、ワークショップも行われる。
http://nihondaira-yoichi.com


※イベントは延期、中止になる場合があります。おでかけの際は、事前にご確認ください。

この特集を書いた人

嶌本 倫子

嶌本 倫子

損害保険会社・出版社編集を経てフリーエディター・ライター。分野は旅と宿、住まい・収納、マネー、防災など様々です。