静岡・三河の工務店・新築・一戸建て・注文住宅・リノベ会社を検索できるイエタテ

  1. ちょうどいいサイズに広さ、賢さ、心地よさ。人と自然がつながる家

エコフィールド

ブックマークする
施工対応エリア 東部・中部(安倍川以東)
本社電話番号 0545-32-1185 ジャンル 新築、 リフォーム、 土地相談

ちょうどいいサイズに広さ、賢さ、心地よさ。人と自然がつながる家

ブックマークする
モデルハウス邸  家族構成: 
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
南側の家と重ならない部分を大きく開き、たっぷりの光と風を採り入れる。床は無垢のヒノキ。壁は呼吸する壁紙「ルナファーザー」を下地に、高い調湿性・消臭性を長期に渡って持続するホタテ貝殻入りの自然塗料で仕上げられた
2階寝室からスキップさせたリビングを見下ろす。大きな開口から北側とは思えない明るさが招き入れられ、家族の団らんを穏やかに包み込む。スキップの下には大容量の収納が用意されている
落ち着き、ぬくもり、適度な存在感が同居する外観。敷地を有効に活用し、3 台分の駐 車スペースを用意している。庭にも力を入れている 同社。庭を家の一部と考え、趣味や暮らし方に合わせて提案してくれる
多彩な役割をもつウッドデッキが内と外をつな ぐ。材質は高い耐久性と加工性のよさが魅力のマニルカラ。適材適所の素材使いは大いに参考になる
縦へ横へと立体的につなげられた空間が、目に広がりと楽しさを運ぶ。スキップにより空間の役割を穏やかに分けることで、開放感はあ るが、過ごしやすい空間となっている。アイランドスタイルのナチュラルな木製キッチンはママたちに大好評
決して華美ではないが、住まい手のセンスを引き出す演出が得意。本棚の下には蓄熱式暖房機。深夜電力で蓄えた熱をじわじわと放出し、家全体をやさしいぬくもりで包む
和室は昔ながらに、モダンをひとふり。LDKとのつながりも自然な空間へと仕上げた。押し入れを吊ることにより、隣家からの視線を意識することなく、視線の伸びと明るさが供給される
玄関は家族用と来客用を 分け、すっきりと。清々しさの中にも、間接照明や天井の 杉板で、お客さんの印象をやわらかくする、あたたかみを溶け込ませている

3方を隣家に囲まれる立地。36.5坪という等身大の延床面積。そして、これからのスタンダードになるだろう自然と共生する暮らし方。読者にとってリアルなサイズ感と、先を見通したコンセプトを持つことが、モデルハウスでありながら、「木なり」が巻頭特集に選ばれた理由だ。
県産材を中心とした構造体、室内には同社の持ち味である、自然素材の清々しさ。部屋により素材が使い分けられ、実際の印象や手ざわりを確認できる。定評のある立体的な空間構成にも注目。敷地条件に合わせた間取りとスキップフロアの採用により、実際以上の広さと利便性がもたらされている。富士山ビューの浴室や季節感を演出する庭など、暮らしに豊かさを添える提案も参考になりそうだ。
何より体感してほしいのは、自然エネルギーを利用する「エアパス工法」の実力。ぜひ宿泊して、年間を通して提供される心地いい住環境と、同社が家づくりに込める思いを感じてほしい。

資料・カタログをもらう(無料) リストの確認 この会社に相談する
送付内容: ・会社パンフレット・工法、技術カタログ・その他
スタッフ写真

スタッフからのコメント

無垢に囲まれた空間なので、カーテンや照明にやや主張があるものを選び、さりげないかわいさをプラス。実際に参考にしていただけるようなコーディネートを心掛けました。

専務取締役 強矢 さとみ

物件情報

設計者名 エコフィールド
施工社名 エコフィールド
敷地面積 199.95㎡(60.48坪)
延床面積 120.66㎡(36.50坪)1階 69.83㎡(21.13坪) 2階 50.82㎡(15.38坪)
構造・工法 エアパス工法 (木造軸組パネル工法)
施工期間 6か月
外部仕上げ(屋根) ガルバリウム鋼板
外部仕上げ(外壁) 防火サイディング+ 吹き付け塗装
内部仕上げ(床) 無垢板(檜・杉・地松他)
内部仕上げ(内壁) ルナファーザー+ ホタテパウダー塗装、 珪藻土、白洲漆喰他
内部仕上げ(断熱材) ポリスチレンフォーム
内部仕上げ(柱) 富士ひのき4寸角
使用メーカー(バス) LIXIL キレイユ1616
使用メーカー(トイレ) LIXIL ベーシア ハーモ
使用メーカー(キッチン) オリジナルKURIA
使用メーカー(窓・サッシ) LIXIL サーモスS
設備・施設 HEMS、太陽光発電、雨水タンク、ナノイー消臭機
資料・カタログをもらう(無料) リストの確認 この会社に相談する
送付内容: ・会社パンフレット・工法、技術カタログ・その他

お客様の声

お客様の写真

1つの部屋の温度を上げたり下げたりするのではなく、家全体を包み込む空気の層で住環境をコントロール。冷暖房に極力頼らず、家中をほぼ一定の温度に保つことができる。エアパス工法は、設備や機器に頼らず、建物のつくりそのもので太陽熱を受け入れ、排出する「パッシブソーラーシステム」。機械設備のメンテの手間や費用が不要となる

新築したきっかけ

最大の特徴は壁体内に通気層を設け、空気の流れをつくること。夏はあたためられ上昇した空気を小屋裏の換気口から排出。冬は空間を閉じ、あたためられた空気を循環させる

ロード中

CLOSE