静岡・三河の工務店・新築・一戸建て・注文住宅・リノベ会社を検索できるイエタテ

  1. いつも家族を身近に感じるミッドセンチュリーの家

宮本工務店

ブックマークする
施工対応エリア 中部(エリアは応相談)
本社電話番号 054-264-1500 ジャンル 新築、 リフォーム、 土地相談

いつも家族を身近に感じるミッドセンチュリーの家

ブックマークする
N邸  家族構成:夫+ 妻+ 長女+ 長男
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
1950年代のアメリカを象徴するミッドセンチュリーのデザインを意識したLDK。抽象画のような石張りの壁はご主人のアイデア。左上の小窓がスキップフロアの和室で、その下が収納スペース
スキップフロアによって生まれた和室は多目的に使えて便利。風通しも良く、子どものお昼寝にも最適
小窓を通して1 階とコミュニケーションもとれる
無垢のウォールナットの床が気持ちいいダイニング。子どもたちが付けた傷もまた味わいになる
石張りの壁が存在感を放つ玄関ホール。左の引き戸がシューズクローク
和モダンの外観はダークグレーとオフホワイトの塗り壁。軒天はマツを使用
リビングからキッチンを通らずにスキップフロアの和室、そして2 階の子ども部屋へ。アイアンの手摺もおしゃれ 
和室の下は大容量の収納スペース。その一角に掘りごたつ式のPCスペースを設け、将来的には大人の書斎に

ダークグレーの塗り壁が住まう人のセンスの良さを感じさせるN邸。重厚な玄関ドアを開けると、「こんにちは」とかわいい姉弟が迎えてくれた。無垢の床と塗り壁と石張りの壁の融合が美しいLDKは、リビングとダイニングを緩やかにゾーニングし、空間にメリハリをつけた。スマートな家事動線も便利で、ぐるぐると回遊できる間取りに子どもたちも大喜び。アンティークなテイストでコーディネートされた家具や建具、さらにご主人が大好きなヴィンテージポスターが空間をミッドセンチュリーっぽく彩る。リビングからスキップフロアにした異空間の和室は、長男を昼寝させたり、両親が遊びに来た時の寝室に使うなど大活躍で、キッチンに居ても気配がわかるので安心だ。住み始めてまだ2か月。「家は時間をかけて育てていくもの。居心地の良さは生活しながら発見していきますよ」と嬉しそうに話すご主人。我が家の経年変化を楽しみにしているその笑顔がまぶしかった。

スタッフ写真

スタッフからのコメント

空間を有効活用するためにスキップフロアを採用し、収納スペースも十分確保しました。人がよく集まるお宅にふさわしく、自然素材を贅沢に使った居心地の良い空間です。

物件情報

設計者名 宮本工務店
施工社名 宮本工務店
敷地面積 269.95㎡(81.66坪)
延床面積 124.89㎡(37.78坪)1階 71.07㎡(21.50坪)2階 53.82㎡(16.28坪)
構造・工法 木造軸組工
施工期間 4.5か月
外部仕上げ(屋根) 平板陶器瓦
外部仕上げ(外壁) 塗り壁
内部仕上げ(床) 無垢ウォールナット
内部仕上げ(内壁) 塗り壁(テラ・デコール)
内部仕上げ(天井) 塗り壁(テラ・デコール)
内部仕上げ(断熱材) 羊毛
使用メーカー(バス) Panasonic
使用メーカー(トイレ) Panasonic
使用メーカー(キッチン) Panasonic
使用メーカー(照明) LED
使用メーカー(窓・サッシ) YKK
設備・施設 床暖房(キッチン)

お客様の声

お客様の写真

創業40 年という長い歴史と実績があることを知って、見学会に行ったのですが、その完成度の高さにひと目惚れしました。決め手は山田社長の誠実な人柄です。『宮本工務店』さんでなければ、こだわりの強い主人の要望を100%叶えるのは無理だったと思います。それ程、私たちからの無理難題を柔軟に聞いてもらえました。

新築したきっかけ

賃貸マンションで暮らしていましたが、長女が小学校に入学するまでには新築したいと思っていました。主人の会社にも近い場所がいいと、土地探しから始めました。

ロード中

CLOSE