静岡・三河の工務店・新築・一戸建て・注文住宅・リノベ会社を検索できるイエタテ

  1. 光・風・空気・素材にこだわった ストレスフリーの家

くらはし建築

ブックマークする
施工対応エリア 岡崎市、安城市、西尾市、幸田町、蒲郡市、豊田市、豊川市
本社電話番号 0564-47-2386 ジャンル 新築、 リフォーム、 土地相談

光・風・空気・素材にこだわった ストレスフリーの家

ブックマークする
W様邸  家族構成:夫+妻+長男+次男
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
吹き抜けから柔らかな光が降り注ぐLDKは建具がなくオープンな空間。オークの無垢の床板にスイス漆喰の白、アクセントにライトグレーのクロスを使うことで、シンプルながらもおしゃれな空間に仕上げた
玄関からキッチンへの動線を考えた間取りで、重たい荷物もすぐに冷蔵庫等に収納が可能。  キッチン、ダイニング、庭へ続く大きな窓が一直線上に配置されているので、家事をしながら、お子さんの様子を見守ることができる
キッチン、ダイニング、浴室の一部の天井を吹き抜けにし、解放感のある空間に造り上げた
料理が得意な奥さまこだわりのオープンキッチン。白で統一されたキッチンは明るく清潔感があり、家具や小物の色が映える
奥様こだわりのオリジナル洗面台には、ガラス製のタイルを使用。高い位置に窓を設けることで、暗くなりがちな洗面所を明るい雰囲気に
吹き抜け上部には、窓の開け閉めや窓拭きの際に重宝するキャットウォークを設置。住む人のこれからを考えた設計となっている
寝室とつながった5畳のウォークインクローゼット。 4mほどのパイプを2段つけ、おしゃれなご夫婦の衣類もたっぷり収納出来る
外壁はガルバ二ウム鋼板の黒とスイス漆喰の白でスタイリッシュに。軒裏にはアクセントにウェスタンレッドシダーを使用

「省エネで快適に暮らすことができ、家族みんながずっと愛着をもって過ごせる家」というWさん夫婦の要望を、『くらはし建築』の職人たちが熟練の技によって実現した。地中熱を使った換気システムを採用することで、冷暖房費を抑え、暑さ寒さを我慢せず、快適に暮らすことが出来る低燃費住宅を可能にしている。家事をしながら家族を見守ることの出来るオープンキッチンや、子どもが自由に遊べ、バーベキューも出来る庭、解放感たっぷりの吹抜けなど、「家族がずっと愛着をもって過ごすことの出来る家」という要望も見事に叶えている。おしゃれなご夫婦のアイディアやセンスも豊富に生かされており、白を基調としながらも、随所に木を取り入れることで、シンプルながらもおしゃれな空間に仕上がった。デザインと快適性、そして省エネを兼ね備えた『くらはし建築』の家づくりの魅力が詰まった住まいである。

資料・カタログをもらう(無料) リストの確認 この会社に相談する
送付内容: 会社パンフレット その他
スタッフ写真

スタッフからのコメント

おしゃれなご夫婦のアイデアやセンスを随所に取り入れ、シンプルながらもこだわりの空間が出来上がりました。
 家事動線を大切にし、将来的なことまで考慮した間取りをご提案させていただきました。

コーディネーター 倉橋 彩子さん

物件情報

設計者名 くらはし建築
施工社名 くらはし建築
敷地面積 359㎡ [108.78坪]
延床面積 138.16㎡ [41.86坪]
構造・工法 木造軸組み工法
施工期間 5か月
外部仕上げ(屋根) ガルバ二ウム鋼板
外部仕上げ(外壁) ガルバ二ウム鋼板+スイス漆喰
内部仕上げ(床) オーク無垢
内部仕上げ(内壁) スイス漆喰
内部仕上げ(天井) スタッコ
内部仕上げ(断熱材) 高性能グラスウール
内部仕上げ(柱) ヒノキ
使用メーカー(バス) クリナップ
使用メーカー(トイレ) Panasonic
使用メーカー(キッチン) クリナップ
使用メーカー(照明) Panasonic他
使用メーカー(窓・サッシ) YKK APW430
設備・施設 オリジナル洗面台、地中熱を利用した換気システム
資料・カタログをもらう(無料) リストの確認 この会社に相談する
送付内容: 会社パンフレット その他

お客様の声

お客様の写真

見学会に参加した際に倉橋さんからお話を伺い、家造りに対してとても熱い想いを感じたからです。
 性能や構造はもちろんですが、健康や暮らし方など、住む人のこれからのことまで考えておられ、安心して任せられると思いました。
 また、倉橋さんは住宅ローンや設備・家電などにも詳しくて、トータルでお願いできたところも決め手の一つです。
 実際に住んでみると、予想以上の快適さと省エネ性能で夫婦共々驚いています。
 これからこの家が、私たち家族を守ってくれる頼もしい存在になってくれると確信しています。

新築したきっかけ

アパートの家賃をこのまま払い続けるより、いつかは資産として残せる自分の家を持ちたいと思っていました。
 そんな時に長男が産まれ、アパートでは手狭になったこともきっかけとなりました。

ロード中

CLOSE