静岡・三河の工務店・新築・一戸建て・注文住宅・リノベ会社を検索できるイエタテ

こころ木造建築研究所

ブックマークする
施工対応エリア 静岡~浜松まで
本社電話番号 0547-54-4556 ジャンル 新築、 リフォーム、 土地相談

木と樹に包まれた暮らし

ブックマークする
N邸  家族構成:夫+妻+長女+長男
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
雑木を中心としたアプローチの植栽が奥行きを出し、窓の縦格子や煙突などがアクセントになった外観。シンプルだが個性的で、機能とデザインが重なったファサードとなった
コの字型の建物に囲まれた中庭は家族だけの特別な空間。採光や通風を生み出し、大好きな植栽を楽しむ場となっている。シンボルツリーにはコハウチワカエデを植え、グランドカバーにタマリュウマットを敷き詰めた
キッチンが一続きとなった広間空間。大きな開口部には木漏れ日が差し込み、南と西にハイサイド窓を設けた。時間と共に差し込む光が変化し、1日を通して明るく暖かな広間となった
広間の一角に設置した薪ストーブは壁や天井などの木材を暖め、次第に部屋全体の温度を上げてくれる。壁や天井からの輻射熱はとても心地よく、部屋の何処にいてもポカポカと体の芯まで暖めてくれる
中庭を広間から眺める。窓の高さに合わせた軒がコの字型に回り、落ち着いた雰囲気を感じさせてくれる。一本立ちのコハウチワカエデは樹形がお気に入り。夏は毎日水やりを欠かさず大切に育てている
ダイニングから中庭を眺める。コンパクトな広間空間だが屋根形状に合わせて天井を高く取り、明るさと開放感のある広間になった。イージーチェアーやペンダント照明を始め、家の中を飾る小物や花などのすべてがこの家に調和し、暮らしの質を高めている
オリジナルで制作している木の浴室。床と腰壁には300角のサーモタイルを使用し、壁と天井には青森ヒバが張られている。木の特性を生かし、心地良さと共に長く綺麗に保つことが出来る
天板と水栓にこだわったオリジナルの洗面化粧台。天井にはトップライトを設け、その下に格子障子を取り付け。障子越しの光は柔らかく、程よい明るさのある洗面室となった

中庭を中心とした広々とした印象のN邸。敷地を最大限に利用し、60坪の敷地に24坪の平屋を計画した。24坪と聞くとコンパクトな家を想像される方が多いだろう。しかしN邸は、ダイニングとキッチンをワンルームにまとめた広間空間を中心に、寝室として設けた6畳の和室、将来の子供部屋用に4.5帖の部屋が2つ設けてある。その他、3帖のクローゼットと、少しゆとりの廊下もある。間取りや建物形状に特徴のあるお宅だが、素材や設備、造り付けの家具などにもこだわりが盛り沢山だ。また、家の構造体を板倉構法で造り、内部の壁は杉板の現し部分と漆喰塗りの壁の2種類で仕上げている。板倉構法は壁の構造体である落とし込み板を最大活用し、構造体であると同時に防火、断熱、仕上げ材として利用する事ができる。

資料・カタログをもらう(無料) リストの確認 この会社に相談する
送付内容: kokolab.(住宅や暮らしを取り巻く情報発信紙)
スタッフ写真

スタッフからのコメント

Nさんご夫婦は単に性能や機能を重視した考えだけでなく、モノの綺麗さや本当の意味での心地良さを考えた上での選択が多く、私たち建築屋の理想やこだわりにも様々な場面で応えてくれ、豊かな家づくりが出来たと嬉しく思っています。

代表・山崎健治さん

物件情報

設計者名 山崎健治
施工社名 こころ木造建築研究所
敷地面積 197.10㎡
延床面積 79.48㎡
施工面積 90.04㎡
構造・工法 落とし込み板壁工法
竣工 平成27年8月
外部仕上げ(屋根) ガルバリウム鋼板 タテハゼ葺き
外部仕上げ(外壁) ガルバリウム鋼板 角波縦貼り、マサ土掻き落し仕上、杉赤本実板縦貼
内部仕上げ(床) 栗本実乱張 厚15㎜
内部仕上げ(内壁) 杉落とし込み板現し、漆喰塗り
内部仕上げ(天井) 杉板本実張り 厚30㎜、青森ヒバFJ本実張り 15㎜
使用メーカー(バス) オリジナル浴室(300角サーモタイル貼、青森ヒバ貼)
使用メーカー(キッチン) ステンレスヘアーライン天板オリジナルキッチン
資料・カタログをもらう(無料) リストの確認 この会社に相談する
送付内容: kokolab.(住宅や暮らしを取り巻く情報発信紙)

お客様の声

設計が始まる初期の頃から、庭を造り、家と庭を一体に考えた設計をして欲しいという希望を伝えてきました。家が完成し一年住んでみて、人間の生活は日々の暮らしの中で自然を感じ、自然と調和することで、人の心を豊かに、穏やかにするのだと実感し、家庭という字が「家」と「庭」と書くように、やっぱり庭は、家にはなくてはならない要素だと改めて思った。また、自然素材を使い、木製窓や木の造作風呂とすることも「あたたかさ」「心地よさ」「落ち着き」「癒し」「快適」「安心」といった気持ちにさせてくれる、私達にとってなくてはならないものです。こんな素敵な家に住めることを幸せに感じ、木の家で、家族と一緒に色々な思い出を重ねながら暮らしていけたらと思っています。

新築したきっかけ

子供の成長に合わせ、家族皆が心地よい毎日を送るための家を建てたいと考え始め、本物の木の家を知り決意が固まりました。

ロード中

CLOSE