静岡・三河の工務店・新築・一戸建て・注文住宅・リノベ会社を検索できるイエタテ

  1. 純日本家屋のような美しさと 心地よさがある無垢の木の家

こばもくの家 小林木材

ブックマークする
施工対応エリア 岡崎、豊田、安城、西尾、刈谷、幸田、知立、高浜、碧南、蒲郡、豊川
本社電話番号 050-5851-0640 ジャンル 新築、 リフォーム、 土地相談

純日本家屋のような美しさと 心地よさがある無垢の木の家

ブックマークする
F邸  家族構成:夫+妻+長男
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
無垢のカバザクラや尾鷲ヒノキ、スギ、珪藻土…と、四方を自然素材に包まれたLDK。見えない構造材も無垢だから、言葉で言い表せない心地よさがある
この家で注目すべき空間のひとつが、1階に設けられたご主人の作業場
2階のプライベートルームは3つ。納戸を設けたことで、それぞれが広くなった
木のリビングに、和室の畳がよく映える。ナチュラルな和モダンの空間
ガルバリウム鋼板とそとん壁の外観。日本瓦やひさしなどを採用しながら、現代的な印象に
木の効果を実感するのが、脱衣室だ。断熱と調湿の効果があり、風呂上がりが爽快
玄関ホールの収納も造作したもの。床は、洗い出しという左官の技術を採用した
壁一面の棚やケヤキの机は、もちろん『小林木材』によるもので、並んだ年季の入った道具がよく似合う 

若い頃からずっと「和」のものを好み、親しんできたというFさん。念願のマイホームに求めたのは当然、昔ながらの和風の家だった。ご主人は話す。「日本瓦があって、ひさしがあって、和室がある。もちろん、素材は無垢材といった自然にあるもの。そんな家に暮らしたいと思いました」。だからといって、純日本家屋そのままではつまらない。ご夫妻と『小林木材』は、伝統的な日本家屋に現代的なセンスをミックスさせ、例えば、外壁はガルバリウム鋼板と自然素材のそとん壁を採用。和室とつながるリビングの床には無垢のカバザクラ、柱に尾鷲ヒノキ、天井にスギ、壁に珪藻土をチョイスし、ナチュラルに和モダンな空間を実現した。目を見張るのは造作した家具や建具の完成度の高さだ。「どこを切り取っても職人の妥協のない仕事ぶりやこだわりが見て取れます」と言うご主人も、実は岡崎の伝統工芸である花火の職人。F邸は、職人が太鼓判を押す匠の職人技でつくられた、完璧なまでの自然素材の家なのだ。

スタッフ写真

スタッフからのコメント

弊社が手がけてきたほかのすべての住宅と同じく、Fさま邸も無垢材など自然素材だけでつくられた住まいです。収納の位置や量、動線も工夫し、健やかに暮らしやすい家が完成しました。

代表取締役・一級建築士 小林 幹康さん

物件情報

設計者名 こばもくの家 小林木材
施工社名 こばもくの家 小林木材
敷地面積 188.50㎡[57.02 坪]
延床面積 127.54㎡[38.56 坪] (1階 75.36㎡、2階 52.18㎡)
施工面積 135.86㎡[41.00 坪]
構造・工法 木造軸組工法
竣工 2016 年7 月
施工期間 7 か月
外部仕上げ(屋根) 日本瓦
外部仕上げ(外壁) ガルバリウム鋼板、一部そとん壁
内部仕上げ(床) 無垢カバザクラ
内部仕上げ(内壁) 珪藻土、珪藻土クロス
内部仕上げ(天井) 無垢スギ板、珪藻土クロス
内部仕上げ(断熱材) パーフェクトバリア(ポリエステル断熱材、化学物質規制対象外製品)
内部仕上げ(柱) 尾鷲ヒノキ
使用メーカー(バス) TOTO
使用メーカー(トイレ) TOTO
使用メーカー(キッチン) TOTO
使用メーカー(照明) KOIZUMI
使用メーカー(窓・サッシ) LIXIL

お客様の声

お客様の写真

1歳6か月の長男が無垢の床を裸足で気持ち良さそうに寝っ転がっている姿を見て、間違っていなかったと実感。そんな理想のマイホームを手に入れることができました。

新築したきっかけ

長男が誕生し、この場所に家族と共に一生暮らしていくのだと改めて決意。それなら、以前から考えていた無垢材でつくられた和風の家を建てたいと思いました。

ロード中

CLOSE