静岡・三河の工務店・新築・一戸建て・注文住宅・リノベ会社を検索できるイエタテ

イデキョウホーム

ブックマークする
施工対応エリア 島田(大井川以東)~伊豆(伊豆市以北西)、小山町以西
本社電話番号 050-5851-0378 ジャンル 新築、 リフォーム、 土地相談

断熱+全館空調で家族はもっと幸せになれる

匠の写真

代表取締役 井出克広

1989年大手住宅資材会社入社、1991年大手建設会社入社、開発事業及び住宅分譲事業担当。1997年イデキョウホーム株式会社入社、住宅営業担当。2003年にはセルロースファイバー断熱住宅を推進、2011年同社代表取締役に就任。

地元産の「富士ひのき」と新聞紙から作るセルロースファイバー断熱材「富士産eco 断熱」で、住まいの高性能を実現してきた井出克広社長。さらに2014 年から家庭用エアコンを使った「全館空調」の家に取り組む。「日本の家は寒すぎる」と自らも全館空調の家に住んで、その快適さに驚いていると言う。エネルギーロスの少ない“一年中快適な夢の家”を、日本のスタンダードにしたいと日々奮闘している。

住まいの匠に質問しました

匠に質問しましたのイメージ

匠にとって家づくりとは?

「幸せ」を作ること。暮らしのベースとなる、家族が暮らす幸せの箱。だからこそ、永くずっと住み続けられるデザインと耐震性や快適さを実現する“高性能”を両立した建築物をこれからも創りあげたいと思っています。

どんな時やりがいを感じる?

施主さんに「建ててくれてありがとう」と言われたとき。最高の褒め言葉です。建てた直後ではなくて、何年も住んだ後に「とても過ごしやすい」とお礼を言われることが多いですね。
サーモカメラ

私の仕事の相棒は

サーモカメラ

サーモグラフィーで温度の高低が一目で分かるカメラ。断熱が弱い場所や、隙間測定など、住宅の環境改善のため非常に役立っているそう。

住まいの匠の評判

匠のイメージ
施主T.Sさん

省エネの家づくりで地域に貢献している

地元が大好きな社長で、地域の環境や建築物の美しさにこだわりを持っている。街の景観に溶け込む家を建てて、さらに地元産の「富士ひのき」と「富士産 eco断熱」という素材を柱にして、地域に貢献できる家づくりを目指しているということが、熱心なお話を通して伝わってきました。
マーケティング室  原玄太郎さん

トップレベルの暮らしやすさを目指す匠

家の中の寒さや暑さが原因で、大事な家族を亡くしたりしたことがあるという経験から、温熱環境の勉強はとても熱心です。富士市の地域材利用推進の協議会委員にもなっていて「富士ひのき」の利用推進も呼びかけています。さらに断熱力を生かした全館空調にチャレンジし、トップレベルの暮らしやすさと建物のデザインや美しさとの両立を目指している社長です。

住まいの匠の仕事内容

東大名誉教授・坂本雄三氏も太鼓判の   「全館空調システム」

優れた断熱性能があって初めて機能する全館空調システムを採用。特別な設備は必要なく、45坪までなら家庭用エアコン1台で、24時間家中どこでも快適な温度を保てるから、床暖房やストーブなどより、コストやメンテナンスを気にすることがないのが最大のメリット。震災後のエネルギー問題にも対応する未来志向の家づくりと言えそう。

仕事内容の写真

全館空調+自社製造のセルロース断熱材で、1年中5月の心地よさ

『イデキョウホーム』の24時間全館空調「MaHAtシステム」は延床45坪の家を、14~18畳の家庭用エアコン1台だけで丸ごと冷暖房できる画期的なシステムのこと。床下や天井裏にまで調整された空気が届くため、換気や空気浄化の効果もあり、家そのものも長持ちするという一石数鳥のシステムとなっている。節電節約しながら、室内温度差でのヒートショックなども防げる次世代の幸せな家づくりのスタンダードにしていきたいシステムだ。

「富士産eco断熱」は高機能でエコ

自社製造している「富士産eco断熱(セルロース断熱)」は、防火・防虫+防カビ・防音・調湿の4つの機能が、一般的な断熱材である「グラスウール」を上回り、断熱材としての機能も高い。北東北レベルのQ値1.9以下が標準。

ロード中

Historytl2
CLOSE