静岡・三河の工務店・新築・一戸建て・注文住宅・リノベ会社を検索できるイエタテ

  1. 経年変化も楽しみな、自然素材×ヴィンテージの家

フジモクの家(富士木材)

ブックマークする
施工対応エリア 東部・中部(静岡~御殿場)
本社電話番号 050-5851-0392 ジャンル 新築、 リフォーム、 土地相談

経年変化も楽しみな、自然素材×ヴィンテージの家

ブックマークする
N邸  家族構成:夫+妻+長女
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
床材は、足裏に伝わる感触が柔らかな杉にダークカラーの塗装を施したもの。奥さまが希望した勾配天井に張った杉板が、ログハウスのような雰囲気を醸し出す
水に強いひのき材で作ったウッドデッキ。軒の天井にも杉板を張って、リビングとの一体感を演出。親戚の子どもがたくさん集まる時も、ゆったりと遊べる空間
見学会で見て「これだ」と一目惚れした小上がりの畳コーナー。カウンターを設け、パソコンスペースやスタディコーナーに。お子さんのお昼寝タイムでも作業ができる
ヴィンテージ感が魅力のダイニング。キッチンの壁にはマガジンラックを造作。ダイニングテーブルも雰囲気に合わせて購入した
各部屋の壁は、一面にアクセントカラーを用いている。部屋ごとに、ドアの色とコーディネートした異なる色をチョイス
子供部屋の壁は、爽やかなマットブルーをチョイス
奥さまが大好きだというブルーの外観。デッキの目隠しを兼ねたウッドフェンスとの相性も抜群
奥まった場所への玄関に続くお洒落なアプローチ。軒天井にも杉板を張った

家を建てるなら木の家と思い続けていたNさん夫妻。いくつか工務店を検討していたが、最終的に選んだのは、木材の特徴を知り尽くしている『フジモクの家』だった。打合せのたびに訪れるショールーム「キト暮ラスカ」は、自然素材が生み出す空気が快適で、お気に入りの空間となった。ショールームでは実際に杉とひのきの感触の違いを実感。Nさんは、より柔らかく温かみを感じる杉の無垢を床材に選んだ。1階はヴィンテージの雰囲気を醸すダークカラーの自然塗装仕上げ。一方2階は、個性的な木目を損なわない無塗装で。多少の傷は気にせず、「子どもの成長とともに、いい風合いを増していく経年変化が楽しみなんです」とご主人は語る。“今やってみたいこと”を盛り込みたいと奥さまが選んだ、各部屋の壁のアクセントカラーも引き立っている。

スタッフ写真

スタッフからのコメント

ご夫婦の好みをふんだんに取り入れました。ダークな色目の無垢床と、真っ白なホタテペイント塗り壁のコントラストは相性抜群です。今後の無垢の風合いの変化も楽しみです。

営業 勝亦 浩二

物件情報

設計者名 フジモクの家(富士木材)
施工社名 フジモクの家(富士木材)
敷地面積 238.98㎡ [72.29坪]
延床面積 124.71㎡ [37.72坪](1階 75.02㎡、2階 49.69㎡)
構造・工法 木造軸組工法
竣工 2016年12月
施工期間 5か月
外部仕上げ(屋根) ガルバリウム鋼板
外部仕上げ(外壁) ガルバリウム、塗り壁
内部仕上げ(床) 天竜スギ
内部仕上げ(内壁) ルナファーザー+ホタテペイント、クロス
内部仕上げ(天井) 杉板張り、クロス
内部仕上げ(柱) 富士ひのき4寸角
使用メーカー(バス) タカラ
使用メーカー(トイレ) LIXIL
使用メーカー(キッチン) タカラ
使用メーカー(窓・サッシ) LIXIL

お客様の声

お客様の写真

木の家に憧れていました。土地が決まってから2社で検討しましたが、ショールームの雰囲気も良く、最終的には営業さんの人柄に惹かれて決めました。木の床は温かみがあり、気持ちいいです。何度も打合せに通ったり、その後のメンテナンスのことを考えると、地元の工務店にお願いして正解ですね。

新築したきっかけ

普段から頻繁に行き来があった妻の姉が家を建てることになり、我が家も長女が生まれたので、せっかくならと隣り合った分譲地に建てることにしました。

ロード中

CLOSE