静岡・三河の工務店・新築・一戸建て・注文住宅・リノベ会社を検索できるイエタテ

  1. スキップフロアとアンティークな風合いにときめく家

エコーアート

ブックマークする
施工対応エリア 湖西~袋井
本社電話番号 053-456-1666 ジャンル 新築、 土地相談

スキップフロアとアンティークな風合いにときめく家

ブックマークする
T邸  家族構成:夫+妻
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
『エコーアート』ならではの本格的なアンティーク加工技術によって、いっそう情緒豊かな味わいが加わった南欧風の外観。つけ母屋、ボレー、枕木、漆喰の窓台など細かい部分まで現地に倣った造作を施してある
勾配天井の梁組みが見事なスキップフロアのLDK。階段を上がるとご主人のパソコンスペースがあり、その奥にも個室が1室。これからどんな風に使うか2人で想像するのが楽しみ
階段付きの玄関ポーチはフレンチスタイルのカフェのようにオシャレな雰囲気。石を張った玄関とエイジング加工を施した門柱、アイアンの手すりがベストマッチ
アーチ型の垂れ壁がロマンチックな玄関。シューズクロークも広々と確保した。ブルーグレーのドアの奥はホールクローゼット。ご夫妻が京都で購入したアンティークのステンドグラスやアイアンの手すりがアクセントとなって空間を引き立てている
外壁には、漆喰が剥がれ落ちて内部のレンガが露呈したかのように手の込んだアンティーク加工を随所に施してある。漆喰の窓台の脇にもアンティーク加工を添えて、まるでおとぎ話の絵本に出てくるような窓辺を演出
リビングの上のスキップフロアにはご主人がパソコン作業をするカウンターを設置。ここから眺める天井の梁組みは圧巻。カウンターや棚は内装の木部と色を合わせて製作したため、統一感溢れる空間が実現した
玄関を入ってすぐ左手にある1階の個室。木製のドアにはアンティークガラスをはめ込み、木部をあえて古めかしい感じに仕上げてある
トイレと洗面スペースを隠すウェスタンドアは『エコーアート』の袴田社長のハンドメイド。つくり手の想いがこもった温かみのある仕上がりに心が和む。洗面の照明やタイルもご夫妻がお気に入りをセレクト

『エコーアート』の社長が南仏のカルカソンヌを訪ねた際に、現地の民家からヒントを得てプランしたというTさんの新居。外壁をよく見ると、所々に漆喰がはがれ落ちてレンガが露呈しているかのように手の込んだ加工が施されている。アイアンをあしらった玄関ドアを開けると、アロマのようにやさしい木の香り。室内はスキップフロアで構成されていて、LDKは中2階に配置。勾配天井の梁組みや無垢の床が木の温かみを感じさせ、段差のあるリズミカルな空間が暮らしにときめきを与えてくれる。照明やアンティークのステンドグラスなどのインテリアは、ご夫妻が東京や京都にわざわざ足を運んで選んだもの。「家を建てる前はインテリアに特別興味はなかったのですが、『エコーアート』の袴田社長に感化され、すっかり価値観が変わりました」とご主人。今ではどこに行っても建物をじっくり観察するようになり、「やっぱりうちの方が素敵だね」とよく2人で話しているそうだ。

資料・カタログをもらう(無料) リストの確認 この会社に相談する
送付内容: 会社パンフレット・施工例集・その他
スタッフ写真

スタッフからのコメント

30回に渡って打合せを重ね、お客様と一緒に私たちも家づくりを楽しませていただきました。ご夫妻は照明やタイル、家具などを遠方まで探しに行き、理想の品がない時はオーダーメイドを依頼する程の徹底ぶりで、家づくりを心から楽しまれたことを嬉しく思います。

工務担当 袴田 大地さん

物件情報

設計者名 エコーアート
施工社名 エコーアート
敷地面積 169.94㎡ [51.40坪]
延床面積 97.72㎡ [29.60坪](1階 48.86㎡、2階 48.86㎡)
施工面積 102.81㎡ [31.10坪]
構造・工法 木造軸組工法
竣工 2017年2月
施工期間 8か月
外部仕上げ(屋根) 不燃シングル葺き
外部仕上げ(外壁) 塗り壁
内部仕上げ(床) パイン材
内部仕上げ(内壁) 塗り壁、一部クロス仕上げ
内部仕上げ(天井) クロス仕上げ、一部板張り
内部仕上げ(断熱材) 高性能グラスウール
内部仕上げ(柱) ヒノキ無垢材
使用メーカー(バス) LIXILシステムバス
使用メーカー(トイレ) LIXIL
使用メーカー(キッチン) WOOD ONE
使用メーカー(照明) 施主さん支給
使用メーカー(窓・サッシ) 樹脂サッシ、一部樹脂アルミ複合サッシ
資料・カタログをもらう(無料) リストの確認 この会社に相談する
送付内容: 会社パンフレット・施工例集・その他

お客様の声

お客様の写真

『エコーアート』の社長ご夫妻は実際にフランスに赴いて民家を見学するほど本物へのこだわりが強く、本物の南仏の設えを日本の暮らしに合うようにアレンジして提案してくれるところがすごいと思います。また、まだ土地も決まっていない段階から家づくり相談会に参加していろいろなことを教えてもらえたおかげで、土地選びや資金計画を間違いなく確実に進めることができました。新居は無垢の床の感触が気持ちよく、素足で過ごすことが多くなりました。これから木や塗り壁の経年変化を楽しみに暮らしていきたいと思います。

新築したきっかけ

マイホームは結婚以来の私たちの夢でした。住宅雑誌を見て「ママンの家」が気に入り、浜松で取り扱っている『エコーアート』に話を聞いたところ、社長ご夫妻の人柄や考え方に惹かれ、土地よりも先に工務店を決めました。

ロード中

CLOSE