ネットで予約
ホーム サービス内容 店舗紹介 セミナーイベント 個別相談 お客様の声相談事例 実例紹介 紹介できる住宅会社 よくある質問

意外?木造住宅は火災に強いって本当?

2020/10/11|イエタテ相談カウンタードン・キホーテ豊橋店

意外?木造住宅は火災に強いって本当?のイメージ

こんにちは。

ドン・キホーテ豊橋店です。

 

夏が終わり、涼しくなってまいりました。

秋が終われば、寒い冬が来るわけですが、空気が乾燥してくると、火災のリスクが大きくなってくるので、注意しないといけないなと思うわけです。

 

さて、先日面白いニュースを目にしました。

東京で、17階建ての木造の高層ビルが建築されるようです。

https://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/news/2020/0929_02/download/20200929_02.pdf

 

木造の17階建てビルとは、万が一火災が発生してしまったら、さながら巨大なキャンプファイアーか?と思いましたが、よく読んでみると、集成材の中にモルタルなどで燃え止まり層がありました。

建築基準法に準ずる性能があることを国土交通大臣に認められているようですね。

これなら安心できそうです。

 

 

閑話休題

 

 

個別相談で、「木造住宅は火災に弱いんですよね?」と質問をいただくことがあります。

木=燃えやすい

ということは、

木造住宅=燃えやすい

私もアドバイザーになって勉強するまでは知らなかったのですが、実は木造住宅って燃えにくいのです。

 

■なぜ木造住宅は燃えにくいといえる?

柱や梁に使用される太い木材は燃えると、まず表面が炭化することにより、その炭化層がバリアのような役割を果たします。内部への熱伝導率が下がり、酸素の供給が減ることによって、燃え上がるまで時間がかかります。

 

一方で、鉄骨造の場合、鉄は燃えないのですが、熱を加えると強度が極端に下がります。

 

万が一の火災の際に、木造住宅は強度がすぐに下がるわけではないので、避難のための時間が確保しやすいということになります。

 

これから建てるマイホームを木造にするか鉄骨造やコンクリート造などにするか、決める際の参考にしていただければと思います。

 

このように、イメージと現実がずれているということはよくあります。

一般的に鉄骨造やコンクリート造よりも木造の方が建築費用が安価になりやすいので、火事が心配だから、という理由だけで木造住宅を選択肢から外してしまって、建築費用が不必要に高くなる、ということは避けたいですね。

 

イエタテ相談カウンターでは、愛知県三河、静岡県で家を建てたい方、リフォームを検討している方に希望に合ったベストパートナーを紹介する個別相談を受け付けています。

地元の住宅会社に詳しい専門のアドバイザーが要望、条件をしっかりヒアリングさせていただき、中立的な立場で相談にのります。

相談料などは一切かからないので、お気軽に相談に来ていただければと思います。

ドン・キホーテ豊橋店の相談事例

お客様が利用した店舗

イエタテ相談カウンタードン・キホーテ豊橋店

イエタテ相談カウンタードン・キホーテ豊橋店

10:00 〜 20:00 予約制
441-8061愛知県豊橋市藤沢町141 MEGAドン・キホーテ豊橋店1F
MEGAドン・キホーテ豊橋店1F レジ前

0120-881-044
このページをLINEで送る