ネットで予約
ホーム サービス内容 店舗紹介 セミナーイベント 個別相談 お客様の声相談事例 実例紹介 紹介できる住宅会社 よくある質問

寒い冬『高気密・高断熱な家』で快適に暮らす

2020/11/16|イエタテ相談カウンター岡崎店

寒い冬『高気密・高断熱な家』で快適に暮らすのイメージ

 

こんにちは!岡崎店の石川です^-^
冬がやってくると、温かい家に暮らしたいな、と思いますよね。

思った時、感じた時がタイミング!!
来年の冬に向けて、温かい家づくりを考えてみませんか?

そこで今回は『高気密・高断熱の家』について、その特徴やメリットデメリットについてお話します。

 

 


■『高気密・高断熱の家』とは?

 

最近では、当たり前のように『高気密・高断熱』という言葉を聞くようになりましたが、実際に高気密・高断熱とはどんなものなのでしょうか?

 

〇高気密の家


在来工法で建てられた木造の家は、どんな腕利きの職人さんが建てたとしても目に見えないほどの隙間は空いています。
高気密の家とは、その隙間が少ない気密性の高い家のことです。
精度の高い建築素材や防湿シート、断熱材、気密テープなどでしっかりと隙間を埋め、より密閉されている状態にしています。

 

〇高断熱の家


断熱とはその字のとおり熱の行き来を遮断するという意味です。
夏は外から熱が入ってくるのを防ぎ、冬は部屋の熱が出ていくのを防ぐことにより、室内を常に快適な温度に保ちやすくなります。
高断熱の家は、外壁と内壁の間に断熱材を入れたり、断熱性の高い窓を採用して断熱性能を高めた家のことです。

『高気密・高断熱な家』は、それらの相乗効果で、冷暖房で快適な温度にした室内の空気が逃げにくく、外の寒さや暑さの影響を受けにくくなります。
効率よくあたためたり冷やしたりできるということは、省エネで光熱費を抑えることができるということいもなります。
エアコンや暖房器具の台数が少なくて済む場合もあり、最近では、エアコン1台で家中があたたまるほどエネルギー効率の高い家をうたっている住宅会社も珍しくありません。

 


■『高気密・高断熱の家』のメリット・デメリット

 

【メリット】

 

①温度差が小さい


断熱性を高めることで室内外への熱の移動を防ぐことができるため、外の温度変化にかかわらず室内の温度を一定に保ちやすくなります。
また、気密性が高いことにより、室内の空気が逃げにくくなり、室内の温度を一定に保ちやすくなります。
最近では、冬になるとヒートショックがたびたび話題になりますよね。
ヒートショックとは家の中の温度差によって血圧が大きく変動し、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすものです。
『高気密・高断熱の家』であれば、ヒートショックの原因となる温度差も解消することができます!
もちろん、熱中症予防にもつながります。
近年では地球温暖化の進行により熱中症が起こりやすくなっています。
『高気密・高断熱の家』にすることで、室内の温度上昇が緩和され、熱中症予防にも効果的です。


②省エネ効果がある


高気密・高断熱ということは、外からの熱が伝わりにくく、密閉されているので、冷房や暖房の効きが非常によくなります。
省エネルギーで効率よく室内を暖かくすることや涼しくすることができるので、冷暖房の使用が多くなる夏冬の光熱費を抑えることができ、省エネ効果が期待できます!

 


【デメリット】

 

①結露ができやすい


壁の中に断熱材をいれる場合、柱と断熱材の間に小さな隙間ができやすく、温度差によって結露ができる場合があります。
これは壁内結露といわれ、建物の劣化やカビの原因になります。
結露を防ぐためにも、定期的に換気することが大切です。
現在は改正建築基準法により、24時間換気システムの設置が義務付けられています。
そのため、全く換気ができないという状況ないと思われます。
しかし、住宅の間取りや構造に合わせて、気密性と断熱性、換気のバランスを取らなくてはいけません。
このバランスは住宅の性能によって異なるので、住宅会社に確認するようにしましょう。

 

②乾燥しやすい


気密性の高い家の場合、開放タイプの石油ストーブを使用すると室内の二酸化炭素濃度が上がってしまうため使えない場合が多いです。
そのため、エアコンなどを使用することになります。
エアコンは、家全体を暖めてくれる分、1つの部屋だけでなく家全体が乾燥しやすくなってしまいます。
暖房器具を使う場合は、乾燥予防を含めた注意が必要です。

 

③シックハウス症候群になる可能性がある


高気密・高断熱の住宅は室内外の空気の行き来を遮断するため、自然な空気の入れ替えがあまりできません。
空気の入れ替えができないとなると、ハウスダストが室内にこもりやすくなり、頭痛やめまい、吐き気といったシックハウス症候群を引き起こす可能性があります。
家を建てる際、有害物質を発しない建材を使用することが大切になってきます。
また、換気と掃除を徹底し、室内を清潔な空間に保つことも大切です。

 


■日本でよく使われている断熱材

 

〇繊維系断熱材


①無機系
【グラスウール】
短いガラス繊維でできた、綿状の断熱材です。
建築物における断熱材として最も広く用いられています。

【ロックウール】
玄武岩、鉄炉スラグなどに石灰などを混合し、高温で溶解し生成される人造鉱物繊維です。
優れた収音性能があるので空港などでも利用されています。

②木質繊維系
【セルロースファイバー】
木質系繊維でできた断熱材で、主な原材料は古新聞であるため、エコロジーな断熱材です。
調湿性に優れていて結露対策に活用できる断熱材です。
防火性能や害虫予防にも効果的があるため、オールマイティーな断熱材として利用されています。

【インシュレーションボード】
木材などの植物繊維で、環境に優しい原材料で作られた断熱材です。
断熱性と吸音性に優れているのが特徴で、軽くて加工がしやすいため様々な部分に用いられます。

 

〇発泡プラスチック系断熱材


【押出発泡ポリスチレン】
ポリスチレンを連続して発泡させる製造方法で作られた断熱材です。
水や湿気に強いのが特徴の他、シックハウスの原因となるホルムアルデヒドを含んでいないため安全性にも優れています。

【ビーズ法ポリスチレン】
粒状のポリスチレンを金型にいれて発泡させる製造方法で作られています。
素材は水に強く軽い性質と耐久性があり、施工が安易で比較的安いため利用範囲が広い断熱材です。

【ウレタンフォーム】
ポリウレタンを発泡させた断熱材です。
高い断熱性能と省エネ効果が期待できます。
価格は比較的高い部類に入りますが、透湿性や耐久性に優れています。

【高発泡ポリスチレン】
ポリエチレン樹脂に発泡剤を加えて発泡させた断熱材です。
柔軟性や断熱性、防水性があり、燃えたときの有害性も少なく環境にも優しいとされています。

【フェノールフォーム】
フェノール樹脂を発砲させボード状に成形した断熱材です。
耐火性や耐熱性に優れ、炎をあてても有毒ガスがほとんど出ないため、不燃・準不燃材料の認定を受けています。

 

〇天然素材系断熱材


【羊毛】
天然素材の羊毛から作られた断熱材です。
羊から刈り取ったものの衣類として流通させる事ができなかったバージンウールと羊毛の古着を再利用したリサイクルウールがあり、リサイクルウールの方が安価です。
湿度を一定に保つ調湿性に優れていて結露対策には最適な断熱材です。

【炭化コルク】
炭化させることで、コルクのもつ高い断熱力をさらに強化させた断熱材です。
断熱・防音・調湿・耐腐食 性能が優れており、防虫効果もあります。
無添加、自然の素材ということは魅力的ですが、やはり価格は高いです。

 

 

■断熱材を選ぶポイント

 

①燃えにくいかどうか
断熱材が可燃性であるか不燃性であるかによって火災時の安全性は大きく変わってきます。
燃えにくい素材を選択することがより大切なのです。

 

②燃えたときに有毒ガスを発生しないかどうか
火災発生時の死因として、一酸化炭素中毒や窒息死は火傷と同じくらい多いです。
断熱材に火がついたとしても、有毒ガスが発生しないかどうかもしっかりおさえておくべきです。

 

③湿気に強いかどうか
断熱材が水に濡れてしまったら、もはやその断熱材は断熱材として機能しないため、この点も重要です。

 

④熱に強いか
熱を加えることにより変形したり溶けたりしてしまえば、隙間だらけになり、断熱性が落ちることも考えられます。

 

⑤施工時に気密が取れるか
仮に断熱性の高い素材を使っても、気密性が低ければ何の意味もありません。
気密が取れるような断熱材の施工をしているかについてしっかりと考えなければなりません。
住宅会社に、気密性の指標となるC値をどれくらいのレベルを目指しているのかを聞いてみるのもいいと思います。

 

 

■『高気密・高断熱な家』にするべき?

 

『高気密・高断熱の家』は少ないエネルギーで1年中快適に暮らすことができます。
ヒートショックの防止や省エネ効果などメリットもたくさんありますが、結露や乾燥、シックハウス症候群にならないよう空気の循環など注意すべきこともあります。
『高気密・高断熱の家』を選ぶ際は、まず注意点を意識して、しっかりと対策を取ることで、高気密・高断熱の特長を生かした快適な住まいづくりができるでしょう。
内部結露やシックハウス症候群の問題を解決すべく、建材にこだわって家造りを行っている住宅会社もたくさんあります。
高断熱・高気密という言葉にだけ注目するのではなく、断熱性や気密性を高くするためにどのような建材が使われているのか、どのよう施工がされているのかにも注目するようにするといいですね。

 

 


■まとめ

 

『高気密・高断熱の家』づくりのポイントは、冬は暖かく夏は涼しい快適な住まいを実現させること、安心して暮らせる場所にすることです。
そのためには、断熱材選びがとても大切です!
断熱材の種類や特徴をしっかりと知ることで、環境にも身体にも安全な環境を整えることが出来ます。
断熱材の種類によって火に強いか弱いか変わってきますので、「不燃性」という特徴にも注目すると、より安心な住まいへつながりますよ。
快適な家づくりの参考にしてみてくださいね!

 

イエタテ相談カウンターには、高気密・高断熱に力を入れている住宅会社もたくさん参画しています。
あなたにピッタリの住宅会社をご紹介いたしますので、ぜひ一度無料個別相談へお越しください!


現在、来店相談・オンライン相談、どちらもご予約をを承っております。

 

★来店予約はこちら
https://www.sumailab.net/counter/branch/okazaki/reserve/

★オンライン相談予約はこちら
https://www.sumailab.net/counter/seminar/okazaki/404/

岡崎店の相談事例

お客様が利用した店舗

イエタテ相談カウンター岡崎店

イエタテ相談カウンター岡崎店

10:00 〜 18:00 予約制
444-0858愛知県岡崎市上六名 2-8-5
★2021年1月8日(金) イオンタウン岡崎美合に移転リニューアルオープン! ※現在の岡崎店の相談受付は12月20日(日)まで

0120-881-009
このページをLINEで送る