静岡・三河の工務店・新築・一戸建て・注文住宅・リノベ会社を検索できるイエタテ

カラフルホームスタイル

ブックマークする
施工対応エリア 富士市~磐田市
本社電話番号 050-5851-7017 ジャンル 新築、 リフォーム、 土地相談

その人らしい、スタイルのある家づくり

匠の写真

代表取締役社長 近藤 佳世子

輸入住宅会社でコーディネートとプランニングデザインの経験を積み、地元工務店で設計、施工管理に携わる。2009年、住宅にまつわるすべての知識と技術を携えて『カラフルホームスタイル』を設立。プライベートでは10歳と20歳の2人の子どもの母でもある。

「家づくりの基本は、何が必要かではなく、新しい家でどんなふうに住んでいたいか」と、打ち合わせから設計、現場監督までトータルでこなす近藤社長。子育ての経験を生かした家事動線の提案などを盛り込みつつ、住まいをおしゃれに見せるデザインも忘れない。そうして、その人らしく、スタイルのある家を次々に生み出している。

住まいの匠に質問しました

匠に質問しましたのイメージ

匠にとって家づくりとは?

家づくりは私の楽しみ。お客さまをはじめ職人、取引業者と関わる人がたくさんいて、いろんな人の思いを引き受けるのはプレッシャーもありますが、こんなにやりがいのあることはありません。夢だけをゼロからカタチにしていく仕事を自分が生業にできていることに感謝しています。

どんな時やりがいを感じる?

家づくりを私に託してくれたお客さまが、お知り合いやお友達から「すごくいい家ね!」「いろんな家を見てきたけど他と何か違うね」とほめられた時。お客様が家をほめられてうれしく思ってくれるのが私のやりがいであり、家づくりの目的でもあります。
ロードスター

私の仕事の相棒は

ロードスター

日々外を飛び回っているので、アイデアを思いついたり、考え事をしたりするのも車の中。建築現場へも頻繁に足を運んでいる。

住まいの匠の評判

匠のイメージ
フロートダイドコーロ オーナー 望月 和彦さん

人柄も家づくりも良い意味で自由奔放

やりたいことを自由にやっている感があって、決まりごとに縛られない自由奔放な人柄(もちろん良い意味で)を感じます。と同時に、家づくりにも同じイメージを感じます。
お施主/Y子さん

現場に家族写真? 理由を聞いて感激!

家を建てているとき、建築中の現場に私たち家族の写真が置いてあり、職人さんに「この人たちの家を作っている」と思ってもらうため、と聞いて感激しました。自ら足場に登り、確認や指示している姿を見た時、「この人にすべてお任せすればいいんだ」という安心感が湧きました。 

住まいの匠の仕事内容

言葉に出ない要望もカタチに

例えば小さな棚やニッチを作ったり、壁に絵などをかけられるように中に板を仕込んだり。打ち合わせの時に会話の中で出てきた趣味の話や、暮らしの要望を現場で思い返して臨機応変にプラス。施主さんには内緒で、サプライズで喜ばせるお茶目な一面も。

仕事内容の写真

現場でデザインイメージをスケッチ

上棟して室内の空間ができた後、家に招かれたゲストの視点で自ら現場に立ち、素敵に見せるにはどんなデザインをすれば良いか頭の中に描いたイメージをスケッチ。それを現場に貼って、職人と完成図を共有する。もちろん施主さんも見ることができ、完成後に「あの絵の通りになった!」と感動されるのだそう。

プランと予算は常にセットで提示

施主さんの要望でプランを組むと、予算オーバーになって結果的にあきらめる部分が出てきがち。でも「夢を減らしていくのは好きじゃない」と近藤社長。プランと予算がかけ離れたものにならないように、打ち合わせではプランと一緒に建築費も同時に提示。プラン変更後も、変更の内容に合わせて金額を出してくれる。

ロード中

Historytl2
CLOSE