静岡・三河の工務店・新築・一戸建て・注文住宅・リノベ会社を検索できるイエタテ

  1. 開放感と木の温もりが心地いい。景色を取り込む高台の家

Casa(カーサ)

ブックマークする
施工対応エリア 静岡県西部・静岡県中部(湖西~島田)、愛知県東三河
本社電話番号 050-5851-0478 ジャンル 新築、 リフォーム、 土地相談

開放感と木の温もりが心地いい。景色を取り込む高台の家

ブックマークする
F邸  家族構成:夫+妻+長男+長女
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
南向きのLDKがこの家の主役。自然素材をたっぷり使った内装と、梁を見せた勾配天井が爽やかな空間を演出する。間接照明の使い方も心憎い
リビングに面した対面式キッチンは、夫婦のお気に入りをギュッと集めた場所だ。木製カウンターに似合うカップボードや、ダイニングテーブルはインテリアショップにオーダー。照明は『カーサ』のコーディネーターが提案したもの
キッチン横にある奥さまのミシンスペース。取材日、2人のお子さまが身に付けていた洋服も手作りだそう!
目の前の住宅から一段高い場所に位置するため、通りを行き交う人の視線が気にならない。リビングに面したテラスは、子どもたちにとってもお気に入りの遊び場
奥さまのミシンスペースは収納がたっぷり。さらに奥には、両親の寝室とも繋がる洗面脱衣室を設計し、浴室からキッチンまでが一直線になる家事動線をカタチにした
『カーサ』の代名詞ともいえる漆喰の塗り壁に、木製フェンスや庇のブラウンがよく映える
2階寝室には、小屋裏収納へ続く階段を設計。隣にはウォークインクローゼット、その奥には子ども室がある
トイレの内装はご家族の手作り。左官経験のあるご主人のお父様が塗り壁を担当し、手洗いのタイルは奥さまが貼り付けた

「『カーサ』さんが造る家そのものに惚れ込んだので、設計や素材はほとんどお任せ。広々とした勾配天井のあるリビングが欲しい。それだけをお伝えしました」とFさん夫婦。住宅街の一角、傾斜する高台の土地に立つ住まいは、1階にメインのLDKと両親の寝室、2階に夫婦の寝室と子ども部屋を備える。南向きのリビングにある大きな窓は、外部からの視線を上手に避け、豊かな緑と太陽光だけを取り込んでいる。無垢のパイン材を敷いた床、自然塗料を塗った内壁、こだわって集めた木製家具が自然光を反射し、明るく家族を包み込む。キッチン横には奥さまのミシンスペースが用意され、家族の様子を見ながら趣味の手芸を楽しむ時間も。さらに、『カーサ』のモデルハウスで体験したヒートポンプ式床暖房を1階すべてに採用。冬でも床がじんわりあたたかく、お子さんが素足で走り回っても冷え知らず。庭を望むテラスに並び、親子でひなたぼっこを楽しむ姿に心が温まった。

資料・カタログをもらう(無料) リストの確認 この会社に相談する
送付内容: パンフレット・施工例CD-R、勉強会案内

スタッフからのコメント

ご夫妻のご要望と、陽当たりや風の通り道を熟慮し、光・風・視線がよく抜けるリビングを設計しました。ヒートポンプ式床暖房は、お得な深夜電力でお湯を湧かし、基礎コンクリートごと温めるタイプ。朝にかけてゆっくり温まり、日中ずっと温度が持続するのが魅力です。

代表 渥美 朋久さん

この人についてもっと知る

物件情報

設計者名 カーサ
施工社名 カーサ
敷地面積 227.07㎡ [68.68坪]
延床面積 115.92㎡ [35.06坪](1階74.52㎡、2階41.40㎡)
構造・工法 木造軸組工法
外部仕上げ(屋根) アスファルトシングル
外部仕上げ(外壁) 塗り壁(フランス漆喰)
内部仕上げ(床) パイン無垢材
内部仕上げ(内壁) ルナファーザー+自然塗料
内部仕上げ(天井) ルナファーザー+自然塗料
内部仕上げ(断熱材) 木質繊維断熱材(ウッドファイバー)
内部仕上げ(柱) 国産ヒノキ
使用メーカー(窓・サッシ) YKK AP330
設備・施設 ヒートポンプ式床下暖房
資料・カタログをもらう(無料) リストの確認 この会社に相談する
送付内容: パンフレット・施工例CD-R、勉強会案内

お客様の声

お客様の写真

ネットで『カーサ』さんの完成見学会情報を見つけ、参加したのが始まりです。塗り壁の外観や自然素材の内装、無垢材の床など、ナチュラルな家づくりを徹底する姿に一目惚れしました。私たちの意見をじっくり聞いて、フルオーダーで設計してもらえる点も魅力でしたね。土地探しの段階からアドバイスをいただき、陽当たりのいい高台の土地を選択。立地を活かす効果的な家の配置、勾配天井の開放感、両親との同居を見据えたユニークな間取りまで満足感いっぱいです。照明やインテリアなど、細やかに提案してもらえて感謝しています。

新築したきっかけ

子どもができてアパートが手狭になり、家賃を払い続けるのももったいない。総合的に「そろそろ建て時だ」と判断したからです。定年退職する両親と同居する案もまとまり、家族みんなで暮らせる家を建てようと決意しました。

ロード中

CLOSE