静岡・三河の工務店・新築・一戸建て・注文住宅・リノベ会社を検索できるイエタテ

注文住宅、リフォーム住宅会社を探す

住宅会社 住宅イベント モデルハウス 新築施工例 施工例特集 リノベ事例 フォトギャラリー 住まいのプロ 動画 コラム Q&A 家づくり相談窓口
  1. イエタテ
  2. 初めてでも上手くいく家づくりの進め方
  3. STEP.04 お金と法律の知識をつけよう - 家の大きさ、道路の幅など法律による規制があります

お金と法律の知識をつけよう

STEP04 お金と法律の知識をつけよう

家の大きさ、道路の幅など法律による規制があります

土地は、建築基準法をはじめとする法律によって、建築できる建物の種類、大きさ、高さなどが制限されています。これを「用途地域」といいます。「第1種低層住居専用地域」「第2種低層住居専用地域」など12の区分があり、それぞれに建ぺい率(敷地面積に対する建物面積の割合)や容積率(敷地面積に対する延床面積の割合)が決まっています。

用途地域と建ぺい率・客積率

家づくりを考えるときは、土地の用途地域を早めに必ず確認しましょう。新しい建物が建てられなかったり、建物の大きさに制限がありプラン変更を余儀なくされる場合があります。
他にも、斜線制限、高さ制限、日影制限、優れた景観や街並みを守るための制限などがあり、注意が必要です。
敷地と道路の関係についても、法律による規制があります。「接道義務」といって、敷地は幅4m以上の道路に2m以上接していることが必要です。道路の幅が4m未満の場合は、道路の中心線から2m敷地の縁を後退させなければなりません。これを「セットバック」といいます。

接道義務・セットバック

NEXT
税金の特例措置を知って家づくりの負担を減らそう

Pagetop