静岡・三河の工務店・新築・一戸建て・注文住宅・リノベ会社を検索できるイエタテ

注文住宅、リフォーム住宅会社を探す

住宅会社 住宅イベント モデルハウス 新築施工例 施工例特集 リノベ事例 フォトギャラリー 住まいのプロ 動画 コラム Q&A 家づくり相談窓口
  1. イエタテ
  2. 初めてでも上手くいく家づくりの進め方
  3. STEP.06 住宅ローンを選ぼう - 低い金利がお得とは限らない!?金利と返済方式をよく知ろう

住宅ローンを選ぼう

STEP06 住宅ローンを選ぼう

低い金利がお得とは限らない!?金利と返済方式をよく知ろう

住宅ローンを選ぶ基準の一つに金利があります。金利は低いほうがいいと考えがちですが、一概にそうとは言えません。以下の「金利の種類」ように、住宅ローンの金利には「全期間固定金利型」「変動金利型」「固定金利期間選択型」の3種類があり、どのタイプを選ぶかによって返済額が違ってきます。
また、図3のように、ローンの返済方式も2種類あり、それぞれに特徴があります。「元利均等返済」は、返済額はずっと同じ金額というもので、返済計画は安定しますが、元金がなかなか減りません。一方の「元金均等返済」は、元金を一定ずつ返していくもので、初めの返済負担は重くても徐々に軽くなり、同じ返済期間であれば返済総額は「元利均等返済」より少なくて済みます。

金利の種類

固定金利期間選択型

返済期間の中で一定期間、固定金利となるタイプ。一般的に固定金利期間を長く設定するほど、借入金利は高くなる。
メリットは、金利優遇商品が豊富で、低金利の商品が多い。将来、金利が低下した場合は返済額が減少。
デメリットは、低金利のとき借入すると、将来の金利上昇とともに返済額が増える

変動金利型

返済期間中、金融情勢に応じて金利が常に変動する。通常年に2回、金利の見直しが行われる。
メリットは、金利が低下した場合、返済額のうちの利息部分が減るので、借入元金の減りが早くなる
デメリットは、金利が上昇した場合、利息部分だけで返済額を上回り、未払利息が発生することがある

全期間固定金利型

返済終了までの全期間の金利が固定であるため、あらかじめ返済期間全体の返済額がわかる。
メリットは、ライフプランを立てやすい。現在より金利が高くなった場合も安心。
デメリットは、現在より金利が低くなっても、高い金利で返済し続けなければならない。

住宅ローンの種類と特徴

NEXT
返済期間を短くして支払い利息の総額を軽減しよう

Pagetop