静岡・三河の工務店・新築・一戸建て・注文住宅・リノベ会社を検索できるイエタテ

ホームアシスト

ブックマークする
施工対応エリア 富士市、三島市、沼津市、静岡市を中心に
静岡県中・東部に対応しております
(伊豆の国~藤枝)
本社電話番号 050-5851-0394 ジャンル 新築、 リフォーム、 土地相談

建てた後も幸せに暮らす 家づくりをサポート

匠の写真

代表取締役社長 清水康行

1972年生まれ。人間国宝の「表具師」宅で住み込み修行中、行った先々の家に触発されて住宅業界へ。『ホームアシスト』代表取締役社長に就任して6年目。休日はイクメンの一面も。

「家を建てた後にどうやって暮らすのかをあまりにも考えていない方が多くて残念です」と話す清水さん。家は白いキャンバスのようなもの。そこに住む家族の笑顔が何より大切、というのが清水さんの持論だ。趣味を楽しみ、子どもの教育に力を入れ、時には家族旅行も…。住宅ローンに追われて無理をするのではなく、建てた後も安心して暮らすための知識を学んで欲しいと、家づくりセミナーも随時開催している。

住まいの匠に質問しました

匠に質問しましたのイメージ

匠にとって家づくりとは?

家づくりが終わった後も生活に余裕が持てて、時代がどんなに変わっても家族で乗り越えていけるように、みんなで楽しい思い出をいっぱい作って暮らしていくこと。それが家づくりをすることの価値だと私は思います。

どんな時やりがいを感じる?

家が完成してお客様にお引き渡しをする時。やりとげた感がありますね。お客様が喜んでいる笑顔、「ありがとう」のひと言を言われたくて、この仕事をやっているようなものです。
サインペン

私の仕事の相棒は

サインペン

見やすいように、色分けしてメモを取るための必需品。本が好きで、読んだ後に気になったことを書き留めておくこともあるそう。

住まいの匠の評判

匠のイメージ
社員 遠藤 寛さん

やす君の好物は唐揚げとチョコレート

身だしなみにはウルサイですね。シャツ、スーツ、髪型にもチェックが入ります。年齢は私の方が上ですが、仕事に関しては年齢関係なし。容赦ないですよ(笑)。でも社長を「やす君」と呼べるくらい社員みんな仲が良くて、その雰囲気の良さを見てここに決めた、というお客様もいるほどです。
社員 小俣早登美

意外と繊細。女性社員には優しいです

お客様のことを一番に考え、いいものを提供しようという情熱を感じます。社長の立場をひけらかさず、設計とも営業とも同じ立場で仕事を進めるので、みんな自由に楽しく仕事ができているのではないでしょうか。女性社員には優しいです。仕事を頼む時は丁寧ですし、みんなで食事に行く時も、まず女性に食べたいものを聞いてくれるんですよ。

住まいの匠の仕事内容

小さくてもハイスペックな家

大きさは必要最小限。でも2030年の省エネ基準に対応したハイスペックな住宅。無理のない金額で建てられて、コストパフォーマンスが高い住宅が子育て世代から支持されている。

仕事内容の写真

施工中の現場も胸を張って公開できる

実際に家づくりをする職人は、年1回の現場CS研修と月1回の協力業者会に参加した人のみ。だからこそ住宅会社の姿勢が現れる施工中の現場を、いつでも施主さんに見てもらえる。

無料個別相談会でアドバイス

ライフプランアドバイザーとして、その人に合った安心・安全な資金計画を提案するほか、家作りの相談など、個別の内容に対応。家を建てていただくお客様を守る責任を常に感じ、そのための努力は惜しまない。

ロード中

Historytl2
CLOSE