イエタテ

愛知県三河

静岡・三河の工務店・新築・一戸建て・注文住宅・リノベ会社を検索できるイエタテ

注文住宅、リフォーム住宅会社を探す

住宅会社 新築施工例 リノベ事例 フォトギャラリー 注目ニュース 住宅イベント モデルハウス 住まいのプロ コラム Q&A
  1. 家を造ることは、ご家族の人生を背負うこと

堀田建築

検討会社に追加する
施工対応エリア 豊田~豊橋
電話番号 0533-93-5234 ジャンル 新築、 リフォーム、 土地相談

家を造ることは、ご家族の人生を背負うこと

プロの写真

棟梁 堀田 充弘

1978年生まれ。学校を卒業と同時に大工として修業を始め、以来建築一筋。結婚を機に、同じく大工である義父のもとで働くことに。「自分の手で設計したい」「もっといい家を作りたい」との思いから、33歳で独立。真摯な姿勢と柔軟な提案が、口コミで評判を集めている。

大工の棟梁であり、営業も兼ねる堀田さんの仕事ぶりは規格外。打ち合わせや設計を行うのはもちろん、木材の手刻み加工、手作業で油を刷り込む仕上げなど、すべてを自分で担う。「作り手が直接お施主さんと相談するので、話は早いですよ」と堀田さん。現場を知る職人視点での提案は的確で、光や風の通り道、外部からの視線、暮らしやすい幅や高さまで熟知している。入居後も無垢材の変化を逐一チェックし、水漏れなどで困った時には24時間体制で駆けつける。「家づくりを任されることは、人生を託してもらったのと同じ」という姿勢で、全力で暮らしを守る。

住まいのプロに質問しました

プロに質問しましたのイメージ

プロにとって家づくりとは?

お施主さん次第で和風をはじめ、モダンでもフレンチでも、完全自由設計で家を造るのはもちろん、建具や梁まで手作りで仕上げます。同時に、作業の効率化や設備の仕入れ価格にこだわり抜き、オンリーワンの家を手頃な価格で提供します。

どんな時やりがいを感じる?

一晩新居で眠ったお客さまが、「暖かかったよ」と言ってくださった時は感無量。無垢の木の家は時間を経るごとに変化するため、細かなフォローが必要です。お客さまが暮らしながら、私が手入れをしながら、良い家に成長していく様子も嬉しいですね。
今泉 匡普さん

私の仕事の相棒は

今泉 匡普さん

『堀田建築』を堀田さんと一緒に支える大工で、十数年前に同じ棟梁のもとで修業した弟弟子。あうんの呼吸で作業をサポートしてくれる。

住まいのプロの評判

プロのイメージ
施主 Mさん

男気に溢れた職人魂に惚れ込みました

初めて会ったその日に「この人だ」と感じ、その場で建て替えを依頼したほど。家づくりへの姿勢がまっすぐで、誠実な人柄に惚れたんです。部屋数と予算だけ伝えてお任せしたところ、想像以上の素晴らしい仕上がりに驚きました。合板を一枚も使わない手仕事の家は、夜もぐっすり眠れる快適さです。
大工 今泉 匡普さん

大工界の松岡修造

とにかく熱くてまっすぐな人。お客様のコスト削減のため、時間外にコツコツ木材加工をするなど本当に努力家です。反面、休憩時間には笑いを重視して、「仕事にはメリハリが大切」と言う姿勢がありがたい。一緒に仕事しやすい最高の仲間です。

住まいのプロの仕事内容

素材を知る大工ならではのアイデア満載!自然素材で造り上げる心地いい家の魅力

柱には風土に合う三河材を、リビング床は柔らかい杉板を、玄関には縁起のいい花梨を使うなど、適材適所で素材を使い分け。年輪を浮き立たせる加工まで丁寧に行い、部屋に仕上がった様子は美しい作品のよう。珪藻土や漆喰の塗り壁も触り心地が良く、暮らす人の心と体を優しく守る。

仕事内容の写真

伝統の熟練技とモダンデザインが融合。丁寧な手刻み加工で無駄なコストもカット

現代の主流である、木材のプレカットは一切行わない。堀田さん自ら木材を仕入れ、手仕事で加工する「手刻み」を行う。プレカットの経費を省くことで、その分素材や設備にコストをかけて欲しいという願いが生きる。高い技術と現代建築が組み合わさり、伝統とモダンが見事にコラボレート!

素材の仕入れ・加工・仕上げまで行う。大工と直接コミュニケーションできるのがカギ

例えば梁は、切り出した三河スギを仕入れ、皮を剥ぐところから始める。階段の手すり素材を探して山を歩くなど、こだわりは無限大だ。そんな大工の堀田さん本人と直接相談できるので、時間や意思の疎通がスムーズ。無駄のない家づくりが叶う。

ロード中

Historytl2