静岡県西部

静岡・三河の工務店・新築・一戸建て・注文住宅・リノベ会社を検索できるイエタテ

注文住宅、リフォーム住宅会社を探す

住宅会社 住宅イベント 新築施工例 施工例特集 リノベ事例 フォトギャラリー モデルハウス 住まいのプロ コラム Q&A
  1. モノトーンに赤の差し色が映えるエコデザインハウス
施工対応エリア 西部・中部・東部(浜松~富士)
電話番号 050-5851-0593 ジャンル 新築、 リフォーム、 土地相談

モノトーンに赤の差し色が映えるエコデザインハウス

クリップする
I邸  家族構成:夫+妻+長女+次女
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
約20畳のLDKは、黒と白をベースに、階段の赤い手すりが差し色に。テレビステーションには、消臭効果の高いエコカラットを採用
階段で上がる小屋裏収納は、雛人形やアウトドアグッズなど、普段あまり使わない大きな物を収納。窓も多めにとり、湿気を防ぐ
リビングと併設した和室は現しの梁で古民家風に。客間として使うのはもちろん、雛人形を飾る晴れの舞台にもなる
キッチンから10歩以内で行ける洗面脱衣所。女性が多い家族なので、収納棚もたっぷり造作した
トイレの壁はビビッドなピンク色のクロスを採用。「せっかく新築するのなら、普通の家ではおもしろくない!」というご主人のこだわり
北側の玄関は、暗くならないよう色の入ったガラスブロックで明かりをとる。白で塗装した木のベンチは、ブーツや足袋を履くときに便利
2階の主寝室と2つの子ども部屋は、一面の壁だけクロスの色柄を変えて、遊び心を演出した
キッチンの奥に設けた家事コーナー。PCで調べ物をしたり、子どもたちが小学校から持ち帰ってくるプリントを貼るなど、八面六臂の活躍

『山口建設』が創る家のデザイン性に強く惹かれていたIさん夫妻。磐田市に完成した新居は、外観も内装もモデルハウスのようなCOOLなデザインが特徴。モノトーンを基調とした約20畳のLDKは、赤い手すりが差し色になったモダンな空間。アイランドキッチンを中心にプランニングした室内は、サニタリーへの動線もコンパクトで、仕事を持つ奥さまの家事時間を短縮する。子どもが帰宅したら、お母さんに「ただいま」を言ってから2階に上がるよう、リビングの中央に階段を設置。暗くなりがちな北側の玄関や2階ホールには、ガラスブロックを採用し、明るさを確保。屋根一体型の太陽光パネルを搭載したことにより、毎月5〜6万円の売電収入があり、住宅ローンの一部に充てている。「20年間固定の売電収入は本当に助かります。設置して大正解でした!」と奥さま。建てたら終わりではなく、今でも連絡するとすぐに駆けつけてくれる『山口建設』の軽快なフットワークも心地いいそうだ。

1回につき5社まで資料・カタログをもらう(無料)
来店予約する
送付内容: その他
スタッフ写真

スタッフからのコメント

外観、内観ともモダンな雰囲気に仕上がりました。視界が狭くなりがちな階段や廊下にガラスブロックを使用することで光を採り入れ、空間につながりも持たせました。いつも笑顔が絶えない明るいファミリーで、私たちも楽しく家づくりのお手伝いができました。

工務  伊藤 彰宏さん

物件情報

設計者名 山口建設
施工社名 山口建設
敷地面積 199.11㎡ [60.23坪]
延床面積 126.13㎡ [38.14坪](1階 66.25㎡[20.04坪]、2階 59.88㎡[18.11坪])
構造・工法 木造軸組工法
施工期間 5か月
外部仕上げ(屋根) ガルバリウム鋼板
外部仕上げ(外壁) サイディング
内部仕上げ(床) 石目調フロア
内部仕上げ(内壁) クロス、エコカラット
内部仕上げ(天井) クロス
内部仕上げ(断熱材) 吹き付け発泡ウレタン
使用メーカー(バス) TOCLAS
使用メーカー(トイレ) TOTO
使用メーカー(キッチン) TOCLAS
使用メーカー(照明) DAIKO
使用メーカー(窓・サッシ) YKK
設備・施設 太陽光発電システム12.96kW
1回につき5社まで資料・カタログをもらう(無料)
来店予約する
送付内容: その他

お客様の声

お客様の写真

いつも『山口建設』さんの磐田モデルハウスの前を車で通っていたので、ずっと気になっていました。家族で訪ね、屋根一体型の太陽光パネルや室内のデザインを見て、ひと目で気に入りました。そのとき対応してくれた女性スタッフの方もすごく感じがよかったんです。玄関ホールのベンチ、ガラスブロック、階段の赤い手すりなど、わがままばかり言いましたが、すべて叶えてもらえて大満足です。太陽光発電の売電収入も大きいですよ。これから家を建てる方は、家族でどんな暮らしをしたいのか、ビジョンを明確にすることが大事だと思います。

新築したきっかけ

主人の実家に数年同居していましたが、子どもたちがだんだん成長してきて、部屋数が足りなくなり、独立して新築することにしました。次女が小学校に上がる前までに建てようと目標を設定しました。

ロード中

Historytl2
  • 施工例

Pagetop