静岡・三河の工務店・新築・一戸建て・注文住宅・リノベ会社を検索できるイエタテ

  1. 3世代が心地よく暮らすパッシブエアコン搭載のリセット住宅

瀧口建設

ブックマークする
施工対応エリア 西部(湖西~掛川)
電話番号 050-5851-0634 ジャンル 新築、 リフォーム、 土地相談

3世代が心地よく暮らすパッシブエアコン搭載のリセット住宅

S邸  家族構成:夫+妻+長男+次男+父+母
リノベ事例イメージ
リノベ事例イメージ
リノベ事例イメージ
リノベ事例イメージ
リノベ事例イメージ
リノベ事例イメージ
リノベ事例イメージ
リノベ事例イメージ
サムネイル サムネイル サムネイル サムネイル サムネイル サムネイル サムネイル サムネイル
フルリノベによる新築さながらの室内。右手奥の壁は旧居の柱を残したことによるもの。おもちゃの収納スペースを目隠ししてくれている。30mmの赤松ムク材のフローリングは蓄熱効果が高く、冬は床下に送られた暖気によりほかほか。
和室は、旧居の通し柱を部屋の中に位置するよう大胆にレイアウト。じゃまになるどころか、いいアクセントとなって二つとない趣きに。床の間の網代天井がさりげなくおしゃれ。
親世帯、子世帯が集うリビング。このリビングを中心に、階段を上がれば子世帯、玄関の向こうの扉を開ければ親世帯となっている。つかず離れずのちょうどいい距離感が同居のポイント。
旧居の骨格を生かした外観。子世帯スペースである2階には広いバルコニーを設置。玄関位置を少し左へずらし、玄関向かって右側の親世帯スペースにゆとりをもたらした。
2階の小屋裏にパッシブエアコンを設置し、1台の機械で全室の冷暖房をまかなっている。夏は各室の上部にある吹き出し口から涼風を放出して心地よく、冬はダクトを通して暖気を床下に送り込み、1階は全面床暖房となる。
奥さまこだわりの大きなキッチン。対面式のI型で、お母様と並んでの作業もゆとりがある。将来は息子さんたちとキッチンに立つのが夢だそう。冷蔵庫、炊飯器など、家電はすべて2揃い。ストレスフリーで気兼ねなく作業できる。
トイレを含め全室を引き戸として、ムダな空間をなくしている。床のスリットは暖気の吹き出し口。居室だけでなく水回りスペースまですべてに設置されている。
洗濯機が2台並ぶユーティリティー。生活時間帯のずれを気にすることなく各世帯のタイミングで洗濯ができる。こうした些細な部分でストレスをためない工夫は、2世帯住宅のいいお手本に。

外観も室内もどこから見ても新築にしか見えないS邸。Sさんが大規模リフォームに踏み切ったのは、熱心な勉強があったからこそ。長期優良住宅リフォーム補助金や固定資産税が新築より有利なことなどについて知識を深め、大規模リフォームに対応できる市内のリフォーム会社をくまなく調べて『瀧口建設』に行きついた。「3世代がそれぞれの思いを持ちながら、心地よく暮らせる住まいがつくりたかった」その思いに応え、瀧口社長はパッシブエアコンを提案。1台で全館冷暖房ができるこのエアコンは、建物の構造そのものを空調装置として使うため、通常は新築の設計段階で組み込む必要がある。しかし『瀧口建設』では基礎からやり直すことができるため、リフォームでの導入第1号として成功している。「細かいことを言わなくてもどんどん良くなっていった」とSさん。その信頼関係で、家族全員にとって快適な住まいを実現した。新築後お父様は人を招くことが多くなったというのも納得だ。

リノベーション ビフォー画像

ビフォー画像1
築38年。プレカットが普及し始めたころの建築で、柱の刻みがきつく、埋めながらの作業となった。パッシブエアコンを採用するにあたり、床下の環境を整えるのに細心の注意を払った。
ビフォー画像2
和室の続き間に縁側が続く昭和の間取り。1階の南側はほとんど窓で、耐震強度が脆弱だった。日当たりも良く特等席であるこの部屋は、日頃ほとんど使われていなかった。
ビフォー画像3
北側に壁付けされていたキッチンは暗くて寒かった。風呂場の床下は腐食が進んでいたため基礎から作り直すことに。

施主さんに聞きました

施主様の写真

読者へのアドバイス

二世帯住宅の場合は、それぞれがどういう思いでどう暮らしていきたいのかを考えることが大切だと思います。将来どう変化するかも考えて、なるべく器はシンプルに、飽きがこないスタイルにしておくといいですよ。

リノベーションしたきっかけは

次男の妊娠を機に家を建てたいと思っていたところ、妻の実家で同居する案が出ました。建て替えかリフォームか考えたとき、「この家を残したい」という両親の思いや税金のメリットなどを考慮しリフォームに決めました。

この会社に決めた理由

大規模リフォームを考えていたので、浜松で対応できる会社を調べました。瀧口さんは実績がありテイストも気に入ったことと、モデルハウスが住んでいたアパートの近くにあったことからもご縁を感じました。

リノベーションでの希望

ひと言でいえば「住み心地のよさ」です。二世帯住宅なのでつかず離れずを意識しつつ、一番いい場所を家族みんなで使えるスペースとしたり、両親のもとの暮らしの動線を損ねない間取りを希望しました。

この会社でリノベーションしてよかったこと

瀧口さんは大規模改修に慣れているので安心して任せられました。補助金やローンの手続きも、アドバイスのおかげでスムーズに運びました。提案してもらったパッシブエアコンは本当に快適で大満足です。
スタッフ写真

スタッフからのコメント

築38年の建物を骨組み状態に戻し、間取りも替え、大規模改修しました。初めての試みとして、OMソーラー技術を生かしたパッシブエアコンを導入して、建物全館冷暖房対応システムを構築しています。断熱・耐震など性能値にこだわったフルリフォームとなりました。

代表取締役 瀧口 繁さん

新しくした素材・設備など

外部仕上げ(屋根) 軽量瓦 ルーガ
外部仕上げ(外壁) K-mew 光触媒の壁 光セラ
内部仕上げ(床) 赤松30mm
内部仕上げ(内壁) 珪藻土クロス
内部仕上げ(断熱材) 発泡ウレタン吹付
内部仕上げ(柱) 桧柱・杉柱
内部仕上げ(天井) 珪藻土クロス・桧板
設備・システム 建物全館冷暖房システム パッシブエアコン
資料・カタログをもらう(無料) リストの確認 この会社に相談する
送付内容: 会社パンフレット、施工例集、商品カタログ、プラン集、工法・技術カタログ

リノベーションデータ

改修面積
113. 67㎡ [34.39坪]
増築面積
7. 45㎡ [2.25坪]
築年数
38年
施工期間
6カ月
施工部分
既存建物を手バラシし、全室の床・壁・天井を撤去したスケルトン(骨組み)状態から大規模改修。間取り変更、基礎は一部撤去のうえ改修、床下にも断熱吹付け、耐震性能は評点1.5をクリア。長期優良住宅リフォーム100万円の採択を得ている。
施工社名
瀧口建設
家全体の敷地面積
695. 82㎡ [210.49坪]
家全体の延床面積
123.38㎡ [37.38坪]
家全体の施工面積
136. 63㎡ [41.33坪]
構造・工法
在来木造

ロード中

CLOSE