静岡・三河の工務店・新築・一戸建て・注文住宅・リノベ会社を検索できるイエタテ

  1. ライフシーンを鮮やかに彩る感性豊かな家づくり

住まいるコーポレーション

検討会社に追加する
施工対応エリア 西部(浜松~掛川)
電話番号 0120-016-716 ジャンル 新築、 土地相談

ライフシーンを鮮やかに彩る感性豊かな家づくり

クリップする
A邸  家族構成:非公開
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
タモ材の床と珪藻土の壁で仕上げたLDK。自然素材の心地よさが家族を優しく包みこむ。「暮らしに色を活かしたい!」との奥さまの要望でコーディネートしたポップなカラーのソファが、シンプルな空間によく映える。キッチンの壁やカウンターの腰壁には工芸作家の 創作ガラスを埋め込み、個性豊かな彩りをプラス
玄関にはゆとりのスペースを確保。玄関の上り框(かまち)には耳付きのケヤキ材を用い、自然木の美しい曲線を空間デザインに活かしている。ニッチや正面の創作ガラスが珪藻土に映える。また、1階には260cm、2階には240cmのハイドアを用いることで、縦の広がりを強調した。土間の横にはシューズクローゼットもある
間接照明の灯りが、夜のLDKを表情豊かに演出。昼間とはひと味違ったムーディな雰囲気を味わいながら、リラックスタイムを堪能できる
タモ材の床と珪藻土の塗り壁が体に優しい自然素材の寝室。人生の3分の1は睡眠であることを考えれば、寝室の内装にもこうしてこだわりたいもの。ウォークインクローゼットや納戸もたっぷり設けてある。収納スペースの中のピンク色のクロスは、こげ茶色の木目と相性バツグン
トイレのドアにも260cmのハイドアを使用。トイレの横の壁にはガラスブロックを3つ並べ、その下に三角形のニッチを設置。隅っこの何気ない空間を上手に活かして、オシャレに演出している
Aさんのご新居には玄関やリビング、ダイニングなど、随所に工芸作家の創作ガラスが用いられている。珪藻土の白壁の風合いともぴったりマッチして、住まいに個性豊かな彩りを添えている
キッチンカウンターの腰壁の部分には創作ガラスが埋め込んである。朝食時にはガラスが朝の光にきらめいて、感性豊かなひとときを演出する
洗面コーナーにはキッチンとお揃いのワインレッドの洗面台をコーディネート。掃出し窓の先には物干し用のサンルームがあり、洗濯動線がとっても便利!

オシャレに敏感なAさんご一家が選んだのは、『住まいるコーポレーション』のデザイン住宅。見た目だけでなく、素材や技術にもこだわって、耐震性・気密性・断熱性・省エネ性・快適性のすべてにおいてハイスペックな家が実現した。珪藻土の白壁×タモの無垢材で仕上げたナチュラルモダンなLDKは、ポップなカラーのソファが映える空間。建具にはハイドアを採用し、縦の空間の広がりを強調。白壁の随所に工芸作家の創作ガラスを埋め込み、シンプルな空間にアクセントをプラス。天井には間接照明を設け、夜の室内の表情をムーディに演出した。ライフシーンを色とりどりにデザインした住まいで、子どもたちも感性豊かに成長していくことだろう。

資料・カタログをもらう(無料) リストの確認 この会社に相談する
送付内容: チラシ・小冊子・工法パンフレット・お礼状

スタッフからのコメント

当社では、時代のニーズに合ったデザインや技術を学ぶために、東京を中心に各地の勉強会や展示会に赴き、常によりよい家づくりを追求しています。住まいのデザインは、建物を設計することだけではありません。お客様の理想のライフスタイルを叶えるために、これからのご家族の暮らしや生き方をトータルでデザインすることが肝心です。また、見た目だけでなく素材や技術をも重視し、耐震性、耐久性、快適性、機
能性の総てに優れたハイスペックな住まいをご提供します。

代表取締役社長 深澤 勝美さん

この人についてもっと知る

物件情報

設計者名 住まいるコーポレーション
施工社名 住まいるコーポレーション
延床面積 142.98㎡ [43.25坪](1階 24.75㎡、2階 18.50㎡))
構造・工法 木造軸組工法
施工期間 5か月
外部仕上げ(屋根) 陶器瓦
外部仕上げ(外壁) 光セラサイディング
内部仕上げ(床) タモ無垢床15mm
内部仕上げ(内壁) 珪藻土
内部仕上げ(天井) クロス
内部仕上げ(断熱材) フェノバボード、ロックウール
資料・カタログをもらう(無料) リストの確認 この会社に相談する
送付内容: チラシ・小冊子・工法パンフレット・お礼状

お客様の声

お客様の写真

デザインも気に入っていますが、収納スペースもたくさんあるし、動線も機能的なので、3人の子育ても家事も楽しくやっていけそうです。

新築したきっかけ

子どもがだんだん大きくなってきたので、そろそろ家を建てようと思い始めました。家族の所有地がたまたま空いていたのもラッキーでした。

ロード中

CLOSE