イエタテ

静岡県西部

静岡・三河の工務店・新築・一戸建て・注文住宅・リノベ会社を検索できるイエタテ

注文住宅、リフォーム住宅会社を探す

住宅会社 新築施工例 特集 リノベ事例 フォトギャラリー 住宅イベント モデルハウス 住まいのプロ コラム Q&A
  1. 男前なキッチンROOMでオシャレに暮らす家

永太建工

検討会社に追加する
施工対応エリア 浜松市~島田市
電話番号 0120-089-069 ジャンル 新築、 リフォーム、 土地相談

男前なキッチンROOMでオシャレに暮らす家

クリップする
M邸  家族構成:夫+妻+長女+長男
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
キッチンが一際目を引くリビングはホームパーティ好きにはたまらない! ご主人も楽しんで料理できるよう男前なデザインに仕上げ、ミーレの食洗器や造作の食器棚を設置し機能性も抜群
艶消しの黒いガルバリウム鋼板サイディングと無垢板張りのレッドシダーのコントラストが美しい外観。見た目がすっきりとしていてシンプルでモダンな雰囲気を演出
リビングダイニングとキッチンは、小上がりや階段などの壁をなくしたことで広々と開放的に。どんな家具とも相性抜群のこの空間は、簡単そうで難しい床材や壁紙、ドアなどの微妙な色使いによるもの。施主さんの希望通り、まさに友達を呼びたくなる空間になった
まるでカフェのようなオリジナルキッチンは、デザイン性だけでなく機能性も抜群、家事ラク動線で奥さまも大満足。ドアの枠を黒にしたことで、部屋が締まりオシャレな空間に
来客時にも便利な小上がりスペース、その奥にはウォークインクローゼットと階段下収納を。リビングと繋がっているので、子どもが小さい間はキッズルームとしても活用できる。小上がりの床下には引出し収納も
共働き夫婦に嬉しい5畳の家事室は、洗面所と同じ空間にあることで広々と感じる。洗濯物を洗う・干す・たたむ・しまう、の家事動線が短くて済むのでストレスフリー。また、キッチン横にあるのでパントリーとしても活用できる
ブルーのサブウェイタイルで個性を出した洗面台は、『永太建工』オリジナル。横幅を広く作ってあるので、忙しい朝も洗面所で混雑せずに家族並んで身支度できる
1Fとはまた違ったPOPな雰囲気の2F。スモーキーパープルの壁紙や星型のランプがポイントとなり、シンプルな中にもどこか遊び心を取り入れている

「モデルハウスで一目惚れしたブルックリンスタイルが理想の家」と話していたMさん一家。ご主人好みの黒いアイアン素材と木目を組み合わせたカッコいいスタイルと、奥さまチョイスのポップな小物との相性が見事にマッチした家が完成。リビングで一際目を引いたのがオーダーメイドのキッチン。ブルックリンテイストの部屋にぴったり合うデザインと、ドイツ製のミーレの食洗器や、使い勝手にこだわったオリジナルの食器棚も設置され、毎日の料理がこれまで以上に楽しくなること間違いなし! また、共働きで洗濯物を室内で干すことが多いため、家事室を設置。風呂、洗面、洗濯と水回りの用事をスムーズに行える家事動線にもこだわりが光る。この家で一番やりたいことにホームパーティと答えていたが、リビングをはじめどの部屋を見ても、オシャレで居心地の良さそうな空間が広がっており、まさに人を呼びたくなる家が完成した。

資料・カタログをもらう(無料) リストの確認 来店予約する
送付内容: 会社・商品案内、見学会や勉強会のご案内
スタッフ写真

スタッフからのコメント

M様の即決力には自分も驚きました。当社での家づくりを決めていただいた中で、最短だと思います。そこまで当社のデザインに惚れてくれたM様にはとことん提案を盛り込んで行こうと思い、プラン間取りを提示したところ一発OKで私が心配したほどでした。でも、飲食店を経営されているというご主人の優しい人柄に安心し、また、奥さまの色使いのセンスは私も勉強になるほど素晴らしいものがありました。まだご主人のお店でお酒をいただいていませんが、必ず行きますのでそのときはよろしくお願いしますね。

代表 永田勝健さん

物件情報

設計者名 永太建工
敷地面積 275.46㎡ [83.33坪]
延床面積 110.34㎡ [33.38坪]
構造・工法 木造軸組工法
施工期間 5か月
資料・カタログをもらう(無料) リストの確認 来店予約する
送付内容: 会社・商品案内、見学会や勉強会のご案内

お客様の声

お客様の写真

「永太建工さんのモデルハウスの格好良さを我が家にも取り入れたい」という思いが強くあったので、基本的なプランは社長さんに全てお任せ。1回目のプラン案をいただいた時、すでに私達の理想とする家ができあがっていて夫婦でびっくりしました(笑)。キッチン周りに関しては、夫婦でたくさん意見を出し合って決めたので一番思い入れの深い場所。友人を呼んでのホームパーティが今一番の楽しみです。

新築したきっかけ

友達や同級生がマイホームを建て始め、実際に見たり聞いたりしていく中で、マイホームへの憧れも強くなり少しずつ現実のものと捉え始めました。本格的に家づくりを進めるきかっけになったのは、2人の子どもの入学&進学です。子供たちのためにも今がタイミングだと感じたので、決心できました。

ロード中

Historytl2
  • 施工例

Pagetop