静岡県西部

静岡・三河の工務店・新築・一戸建て・注文住宅・リノベ会社を検索できるイエタテ

注文住宅、リフォーム住宅会社を探す

住宅会社 住宅イベント モデルハウス 新築施工例 施工例特集 リノベ事例 フォトギャラリー 住まいのプロ コラム Q&A
  1. イエタテ
  2. 静岡県西部
  3. ARRCH(アーチ)
  4. 新築施工例一覧
  5. 住宅地でも採光とプライバシーを両立した中庭のある平屋

ARRCH(アーチ)

検討会社に追加する オンライン相談可
施工対応エリア 湖西、浜松、磐田、袋井・掛川の一部(事務所から片道45分圏内)
電話番号 050-5871-8807 ジャンル 新築、 リフォーム、 土地相談

住宅地でも採光とプライバシーを両立した中庭のある平屋

クリップする
I邸  家族構成:夫+妻+長男
55坪の敷地に4台分の駐車スペースを確保し、延床26坪の平屋を実現。外観デザインはシンプルな白い箱型で、板張りの壁が美しく映える。プライバシーに配慮し、道路側には窓を設けていない
ハイサッシの掃き出し窓を開けると、LDKとウッドデッキがフラットにつながる。中庭に面した窓にはカーテンが必要ないため、常に視線が空に抜け、吹き抜けのような解放感をもたらす
無垢の質感が心地いいLDK。中庭に面して大開口を設けることで、光と風が家全体に行きわたる設計
中庭に設えられた板張りの外壁と内装デザインがゆるやかにつながり、外と内の空間に一体感をもたらしている
モザイクタイルと間接照明でシンプルな空間に彩りをプラスした洗面スペース
建築家が「ゴールデン4畳半」と名付けたこだわりの子ども部屋。スタディカウンターやオープンクローゼットを造作し、ベッドを置いても十分な広さが確保されている
玄関とLDKの境の壁は上部をオープンにしてあり、LDKの灯りが玄関にもこぼれてくる。左手の奥はシューズクローク
近隣からの視線を遮りつつ、室内に十分な自然光を取り込める中庭。季節ごとに移り変わる植栽を眺めるのも楽しみ
55坪の敷地に4台分の駐車スペースを確保し、延床26坪の平屋を実現。外観デザインはシンプルな白い箱型で、板張りの壁が美しく映える。プライバシーに配慮し、道路側には窓を設けていない
ハイサッシの掃き出し窓を開けると、LDKとウッドデッキがフラットにつながる。中庭に面した窓にはカーテンが必要ないため、常に視線が空に抜け、吹き抜けのような解放感をもたらす
無垢の質感が心地いいLDK。中庭に面して大開口を設けることで、光と風が家全体に行きわたる設計
中庭に設えられた板張りの外壁と内装デザインがゆるやかにつながり、外と内の空間に一体感をもたらしている
モザイクタイルと間接照明でシンプルな空間に彩りをプラスした洗面スペース
建築家が「ゴールデン4畳半」と名付けたこだわりの子ども部屋。スタディカウンターやオープンクローゼットを造作し、ベッドを置いても十分な広さが確保されている
玄関とLDKの境の壁は上部をオープンにしてあり、LDKの灯りが玄関にもこぼれてくる。左手の奥はシューズクローク
近隣からの視線を遮りつつ、室内に十分な自然光を取り込める中庭。季節ごとに移り変わる植栽を眺めるのも楽しみ

新進気鋭の建築家とのコラボにより実現したIさんの新居は、市街地に建つ平屋のコートハウス。中庭をぐるっと囲む設計が全室に光と風をもたらすと同時に、家族だけのアウトドアライフを可能にした。一方で、隣家や道路に面する壁面は窓の配置を最低限に抑え、プライバシーを確保。延床26坪というコンパクトかつフラットな平屋の間取りが家事ラク動線を実現しつつ、無駄のない収納計画のおかげで生活空間にゆとりをもたらしている。ミニマルでのびやかな平屋暮らしに大満足のIさん一家だ。

1回につき5社まで資料・カタログをもらう(無料)
オンライン相談・来店予約
送付内容: 会社パンフレット
スタッフ写真

スタッフからのコメント

市街地のコンパクトな敷地を最大限に活かし、暮らしの品質とデザインにこだわった平屋暮らしをご提案しました。

アドバイザー 小栗 浩佑さん

物件情報

設計者名 深瀬ヤスノリ
施工社名 ARRCH
敷地面積 181.95㎡ [55.04坪]
延床面積 85.91㎡ [26.00坪]
構造・工法 木造軸組工法
竣工 2018年12月
施工期間 3か月
外部仕上げ(屋根) ガルバリウム
外部仕上げ(外壁) 塗り壁
内部仕上げ(床) 無垢フローリング(アカシア)
内部仕上げ(内壁) クロス
1回につき5社まで資料・カタログをもらう(無料)
オンライン相談・来店予約
送付内容: 会社パンフレット

お客様の声

お客様の写真

建築家と建てるデザイン性の高い家が気に入って、どの施工事例も素敵だったので『ARRCH』さんなら間違いないと確信しました。費用がオーバーしないように資金計画を立てた上で予算管理をしっかりやってくれたので、安心して家づくりを任せられました。

新築したきっかけ

子どもが小学校に入学するまでにはマイホームを建てたくて。利便性の良い市街地に住みたかったので、土地探しからスタートしました。

ロード中

Pagetop