静岡・三河の工務店・新築・一戸建て・注文住宅・リノベ会社を検索できるイエタテ

  1. 家族の成長に安心とゆとり! キッズリビングのある住まい

ワイズホーム

ブックマークする
施工対応エリア 掛川~静岡
本社電話番号 050-5851-0454 ジャンル 新築、 リフォーム、 土地相談

家族の成長に安心とゆとり! キッズリビングのある住まい

ブックマークする
N邸  家族構成:夫+妻+長女+次女
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
ムクのぬくもりとデッキからの明るさに包まれたLDK。家族の団らんを中心に間取りが計画され、動線や収納、お子さんたちの成長による暮らし方の変化にも細やかな配慮が行き届く。天井の梁はLDKとキッズリビングで色を変え、穏やかに役割を分けている
段差をつけたキッズリビングは、奥さまのアイデア。近くの児童館を参考に、楽しさと便利さが共存するスペースとなった。掘りごたつ式のカウンターでは、お子さんたちが宿題をやったり、ご主人がパソコンを開いたり。個室にこもることもなく、オープンな関係を保つことができる
家事をしながらでも、帰宅や階段の上り下り、キッズスペースの様子がひと目に。ニッチはテーブルの上がいつもきれいに保てるようにと要望。ワイズホームからの提案で、壁の一部におたより用のコルクボードを採用した
外観はガルバリウム鋼板と塗り壁のツートン。カラーと素材感のコントラストが、明るさと適度な主張を生んでいる。デッキはワイズホームの展示場で楽しそうに遊ぶお子さんたちをみて、ご主人が希望した
収納、鏡、カウンターと、必要なものを必要なサイズで用意。それらを明るい色調でまとめ、限られたスペースながら大らかさが漂う空間となった。上部がRになった玄関ドアは外観のアクセントにもなっている
打ち合わせ中に3人目のご懐妊が判明。将来は仕切って子ども部屋を増やせるようにと、寝室にはドアが2つ用意された。左手にはウォークインクローゼットがあり、収納力も十分
1階、2階を通じて、体にやさしい素材を採用している。床には節のないカバザクラ。壁にはソフトな風合いとともに、優れた通気性・消臭性が持ち味の、コットン繊維を漉き込んだ壁紙を選択した
収納とテレビ台は、造作と既製品を組み合わせたもの。コストに配慮しつつ、使い勝手よく仕上がった。床材と色あいをそろえることで、購入家具ではなかなか出せない統一感が生まれている

素材に、間取りに、暮らし方に。N邸はご夫婦の思いが、随所に感じ取れる一棟だ。カバザクラが敷き詰められた空間の心地よさは玄関から。壁には吸湿性に優れるコットン素材の壁紙が使われる。キッチンから家族が見渡せるレイアウトは、奥さまが希望した通り。お昼寝にも宿題にもと、用途と成長にあわせて役割を変化させるキッズリビングが、開放的な空間に利便性とすっきりを運ぶ。家計にやさしい家づくりは、ワイズホームが得意とするところ。硬質ウレタンフォームが長期に渡り優れた断熱性能を発揮し、照明はすべてLEDを採用。太陽熱温水器を配置するなど、「建てたあと」にもしっかり配慮がなされている。じつは奥さまのおなかには、3人目のお子さん。ぬくもり、便利、そしてゆとりに包まれ、安心して子育てできる住まいが完成した。

資料・カタログをもらう(無料) リストの確認 この会社に相談する
送付内容: その他

物件情報

設計者名 ワイズホーム
施工社名 ワイズホーム
敷地面積 365.02㎡ [110.41坪]
延床面積 111.78㎡ [33.81坪] 1階 57.13㎡ [17.28坪]、2階 54.65㎡[16.53坪]
施工面積 111.78㎡ [33.81坪]
構造・工法 木造軸組工法
施工期間 2012年8月
外部仕上げ(屋根) ガルバリウム鋼板横葺き
外部仕上げ(外壁) ガルバリウム鋼板、塗り壁
内部仕上げ(床) カバザクラ
内部仕上げ(内壁) コットンソフィーナ
内部仕上げ(天井) コットンソフィーナ
使用メーカー(バス) ハウステック
使用メーカー(トイレ) TOTO
使用メーカー(キッチン) ハウステック
使用メーカー(照明) DAIKO
設備・施設 断熱材/ シーレクション500、柱/ ヒノキ、窓・サッシ/ 三共立山アルミ
資料・カタログをもらう(無料) リストの確認 この会社に相談する
送付内容: その他

お客様の声

お客様の写真

パートナー選びで悩んでいるときに、知人から紹介を受け、ワイズホームさんの展示場へ。完成見学会にも何度も足を運び、自然素材をふんだんに使った空間の気持ちよさに依頼を決めました。お願いしてよかったなと思うのは、要望を気軽に伝えられたこと。暮らし方も、経済的な面も、今だけでなく将来のことまで考えた提案がありがたかったです。これから出産を控えていますが、楽しく、快適に過ごせそうです。言葉だけでは伝わりにくい場合があるので、雑誌や写真を見せて、イメージを共有することが大切だと思います。

新築したきっかけ

主人が次男なので、結婚のときから家を建てることを考えていました。タイミングは子どもたちに引っ越しをさせたくなかったので、幼稚園入園の前に。アパートはもったいないように思ったので、同居して資金を貯めました。

ロード中

CLOSE