静岡県中部

静岡・愛知の工務店・新築・一戸建て・注文住宅・リノベ会社を検索できるくふうイエタテ

注文住宅、リフォーム住宅会社を探す

住宅会社 住宅イベント モデルハウス リノベーション 土地・建売 住まいのプロ 動画 家づくりガイド くふうイエタテカウンター
  1. くふうイエタテ
  2. 静岡県中部
  3. TENアーキテクツ 一級建築士事務所
  4. フォトギャラリー
施工対応エリア
静岡県・山梨県全域、神奈川県西部
電話番号
050-5851-0567
ジャンル
新築 、 リフォーム 、 土地相談
資料請求無料 検討会社に追加する
ベイマツのピーラー材を用いて、軒の美しいラインが強調されたエントランス。格子の引き戸とともに、落ち着いた和の佇まいを演出している
洗練された美術館のようなエントランス。木でしつらえた格子天井と床の間接照明が生み出す陰影が美しい
古民家の建具をご両親の畳スペースに。新旧が見事に融合している
ガルバリウム鋼板、塗り壁、レッドシダーなどの異素材がバランス良く調和し、閑静な住宅街でひときわ目をひく独創的な外観
富士山を間近に望むことができる好ロケーションに建つ。外観はグレーのガルバリウム鋼板に、重厚でモダンなチークの板張りがアクセント。勾配天井部分がロフトになっている
普段は開放にしているホールとリビングは、ポリカーボネートの建具で仕切る。閉めても明るさが取り込める
ガレージの壁・軒天と玄関ドアが一体化したファサードは、『TEN』ならではの斬新なデザイン
天井から屋外の軒まで同じレッドシダーを使用し、外との自然な繋がりを持たせたLDK
子ども部屋は左右対称で用意。こもりすぎないよう最低限の広さにした。使用頻度がそれほど高くないロフトをやめ、同じ高さのベッドとデスクを造作してもらい、上部に収納を用意
1階の主寝室に隣接したご主人の書斎。リモートワークやオンライン会議にも重宝している。L字型のカウンターと書棚は造作
子育て中は1階の寝室で家族揃って就寝。2階の個室の出番はもう少し先のようだ
道行く人が思わず二度見していく、建築家住宅らしい斬新なファサード。2つの玄関ドアに挟まれた中央部分はバイクガレージ
吹抜けの開放感が気持ちいい土間玄関。ガレージから雨に濡れることなくアクセスできる
2階ホールの床と、リビング上部の窓の下枠もラインを揃えているので、視線が先へと伸び、より空間に広がりを感じる
真っ白な箱形のフォルムに真っ赤な玄関ドア。見た目の印象を特に大切にした外観
スキップフロア構造のダイニングキッチンは、眼下に半階下のガレージ内が見えて、半階上は2階リビングへと続く。目線が少しづつ変化する飽きのこない空間レイアウトも、日常を楽しく彩ってくれる大きなポイントだ
吹抜けと中庭から燦々と光が降り注ぐLDK
中庭からたっぷりの光と風を招き入れるLDK。勾配天井を採用し、平屋とは思えない開放感がある。吹抜けの高窓を開けると、中庭から心地よい風が通り抜ける
ホテルライクな明るくておしゃれなサニタリー。2階の階段から直結して便利
ダイナミックな吹抜けのリビング。子どもたちは2階からロープで1階に降りてくる。天井まで届くボルダリングは、ご主人も筋トレに活用
カーテンボックスの上部には間接照明を。梁は猫たちの、まさにキャットウォーク
造作の洗面台。2ボウルを設けたことで、朝晩の混雑を解消。ワイドな鏡、ガラス張りの浴室など、ホテルライクな空間に
通り側は閉じた印象。気密・断熱性を考慮し、ガデリウス社製のドアを採用
手前にゆるやかに下っている敷地の特性を活かすため、スキップフロアが提案された。吟味された出窓の幅により、シャープさのなかに重厚感を演出。外構は壁の角度や芝のラインまで計算されている
広い土間玄関は二世帯共有
駿河湾と伊豆半島が見える方向に大きな窓を設置。冬は家族みんなで薪ストーブを囲む
2階と3階をつなぐ「すべり棒」。子どたちがより快活・活発になったと夫婦も喜んでいる
キッチンから見える場所に設けたスタディコーナー&ワークスペース
駅から近い、街中の広大な敷地に完成したA邸。最も日当たりがいい南側に高層アパートが立っているため、巨大なルーバーを設置して外からの視線をカット。プライバシーを守りながら、たっぷりの光と風を取り込み、開放感も叶えている

Pagetop