静岡県中部

静岡・三河の工務店・新築・一戸建て・注文住宅・リノベ会社を検索できるイエタテ

注文住宅、リフォーム住宅会社を探す

住宅会社 住宅イベント モデルハウス 新築施工例 施工例特集 リノベ事例 フォトギャラリー 住まいのプロ コラム Q&A
  1. イエタテ
  2. 静岡県中部
  3. 櫻 工務店
  4. 新築施工例一覧
  5. 実家の古材や建具を再利用 垂木現しの広縁になごむ平屋

櫻 工務店

検討会社に追加する オンライン相談可
施工対応エリア 浜松~静岡
電話番号 050-5851-7010 ジャンル 新築、 リフォーム、 土地相談

実家の古材や建具を再利用 垂木現しの広縁になごむ平屋

クリップする
K邸  家族構成:本人+父+母
古材を活かした木構造が凛とした表情に。右手には大黒柱だったケヤキが。「玄関の正面というハレの場に使ってもらえてうれしい」とお母さま
田んぼが広がるのどかな環境に、おおらかな構えの外観が溶け込む。小屋裏には通気用の窓を多く設置
障子越しのやさしい光が、ふた間続きの和室に回り込む。スギ材の赤身できれいに収められたイナゴ天井が、品格を添える
木の温もりに包まれたLDK。床は無垢チーク材
L字に配された広縁のつきあたりにある個室から見通す。ここから北側の通路を抜けて、LDK側に通じる回遊プラン
欄間から広縁の磨き丸太が顔をのぞかせる。欄間の障子は楽に開閉できるよう、お母さまの手が届く高さに設定
小屋裏に通じる吹き抜けのホールにも古い引き戸や古材が
繊細な模様が施されたガラスは、建具にはめて仕立て直した。昔の家より天井が高いため、建具は材を継ぎ足して再利用されている
古材を活かした木構造が凛とした表情に。右手には大黒柱だったケヤキが。「玄関の正面というハレの場に使ってもらえてうれしい」とお母さま
田んぼが広がるのどかな環境に、おおらかな構えの外観が溶け込む。小屋裏には通気用の窓を多く設置
障子越しのやさしい光が、ふた間続きの和室に回り込む。スギ材の赤身できれいに収められたイナゴ天井が、品格を添える
木の温もりに包まれたLDK。床は無垢チーク材
L字に配された広縁のつきあたりにある個室から見通す。ここから北側の通路を抜けて、LDK側に通じる回遊プラン
欄間から広縁の磨き丸太が顔をのぞかせる。欄間の障子は楽に開閉できるよう、お母さまの手が届く高さに設定
小屋裏に通じる吹き抜けのホールにも古い引き戸や古材が
繊細な模様が施されたガラスは、建具にはめて仕立て直した。昔の家より天井が高いため、建具は材を継ぎ足して再利用されている

母方の実家のような、昔ながらの日本家屋で暮らしたいと考えていたKさん。「家を解体した後で古材や建具を保管してもらい、両親と暮らす新居に使うつもりでした」。この課題から建築会社探しが難航したが、「家を建てるときに読む本」を見て、『櫻 工務店』とつながることができたという。田の字型、幅一間の広縁が欲しい。こうした思いを受けとめたのは、社長で棟梁の櫻井充さん。「どこかに丸太を」との要望に、京都から長さ10mのスギ丸太を取り寄せることに。現場で手刻みをして、垂木を現した広縁の桁とした。暮らしやすい平屋の間取りは、ふた間続きの和室とLDKに、洋室が3部屋。襖や障子を開ければ、家中に風がよく通る。「私はこの広縁が好きでね。ゆくゆくはお裁縫をしたりしようかと」とお母さま。古材を活かした木組みにリメイクした建具が馴染んだ、和の佇まい。どこか懐かしく落ち着ける、風流な住まいになった。

1回につき5社まで資料・カタログをもらう(無料)
オンライン相談・来店予約
送付内容: 会社パンフレット、施工例集
スタッフ写真

スタッフからのコメント

古材を使ったやりがいのある仕事でした。ご要望を叶えられて私たちも満足できる、長持ちする家を目指しました。

棟梁 櫻井 充さん

物件情報

設計者名 櫻 工務店
施工社名 櫻 工務店
敷地面積 619.30㎡[ 187.67坪]
延床面積 198.72㎡[ 60.22坪]
構造・工法 木造軸組工法
施工期間 8か月
外部仕上げ(屋根) 瓦葺き
外部仕上げ(外壁) 吹き付け塗装
内部仕上げ(床) 無垢マツ、無垢チーク
内部仕上げ(内壁) 塗り壁、ビニールクロス
内部仕上げ(天井) 無垢スギ
内部仕上げ(断熱材) ALCパワーボードに吹き付け塗装
内部仕上げ(柱) ヒノキ
使用メーカー(バス) TOTO
使用メーカー(トイレ) TOTO
使用メーカー(キッチン) タカラスタンダード
使用メーカー(照明) Panasonic、施主支給
使用メーカー(窓・サッシ) YKK AP
1回につき5社まで資料・カタログをもらう(無料)
オンライン相談・来店予約
送付内容: 会社パンフレット、施工例集

お客様の声

お客様の写真

施工された家にお邪魔して、素敵な家を建てているなと。櫻井さんの家づくりへの情熱をすごく感じたのと、こちらの想いを理解しようとしてくださる姿勢に惹かれました。大工さんと仲良くなって人間関係をつくることが大切。じっくりと時間をかけて、風向きを感じたり、図面をスケッチしたり、つくる過程も楽しめるといいと思います。

新築したきっかけ

母の実家を解体することが決まり、その古材や家具を譲り受けることに。昔ながらのいい家で古材をうまく活用したいと考え、家を新築して使うことにしました。

ロード中

Pagetop