静岡県中部

静岡・三河の工務店・新築・一戸建て・注文住宅・リノベ会社を検索できるイエタテ

注文住宅、リフォーム住宅会社を探す

住宅会社 住宅イベント モデルハウス 新築施工例 施工例特集 リノベ事例 フォトギャラリー 住まいのプロ 動画 コラム Q&A
  1. イエタテ
  2. 静岡県中部
  3. 共栄住研
  4. 新築施工例一覧
  5. 先々まで考えたゆとりのプラン 職人が選んだ安心と信頼の家

共栄住研

検討会社に追加する
施工対応エリア 静岡県中部
電話番号 050-5851-0375 ジャンル 新築、 土地相談

先々まで考えたゆとりのプラン 職人が選んだ安心と信頼の家

クリップする
O邸  家族構成:夫+妻+長男+長女
共栄住研【省エネ、間取り、建築家】成長した子どもたちも自分の部屋にこもらず、普段からみんなでリビングに集まっている時間が多いというO家族。LDKは木×白×黒ですっきりとした印象に仕上げた。床には自然塗装を施したナラ無垢材を使用
共栄住研【省エネ、間取り、建築家】黒ガルバリウムの外壁に銀いぶしの瓦を乗せたカッコいい外観。1階は各部屋収納付きの2LDKとゆとりのある間取り。4台分の駐車場、庭には菜園も作った
共栄住研【省エネ、間取り、建築家】高級感と落ち着きのある敷き瓦のポーチ
共栄住研【省エネ、間取り、建築家】テレビ背面は柄クロスでアクセントをつけた
共栄住研【省エネ、間取り、建築家】あえてダイニングテーブルは置かず、食事用のカウンターを造作。足が当たる部分は汚れが目立たず周囲とも調和するグレーに
共栄住研【省エネ、間取り、建築家】2階バルコニーは、晴れの日の洗濯&花火観賞用と屋根付きの雨の日洗濯用の2つ
共栄住研【省エネ、間取り、建築家】長男・長女の個室はそれぞれウォークインクローゼットつき
共栄住研【省エネ、間取り、建築家】長女の部屋は、白を基調にしスッキリとした印象。クローゼットの中にはアクセントクロスを採用
成長した子どもたちも自分の部屋にこもらず、普段からみんなでリビングに集まっている時間が多いというO家族。LDKは木×白×黒ですっきりとした印象に仕上げた。床には自然塗装を施したナラ無垢材を使用
黒ガルバリウムの外壁に銀いぶしの瓦を乗せたカッコいい外観。1階は各部屋収納付きの2LDKとゆとりのある間取り。4台分の駐車場、庭には菜園も作った
高級感と落ち着きのある敷き瓦のポーチ
テレビ背面は柄クロスでアクセントをつけた
あえてダイニングテーブルは置かず、食事用のカウンターを造作。足が当たる部分は汚れが目立たず周囲とも調和するグレーに
2階バルコニーは、晴れの日の洗濯&花火観賞用と屋根付きの雨の日洗濯用の2つ
長男・長女の個室はそれぞれウォークインクローゼットつき
長女の部屋は、白を基調にしスッキリとした印象。クローゼットの中にはアクセントクロスを採用

瓦屋根の大きな下屋が目を引くO邸。銀いぶしの敷き瓦に導かれて室内に入ると、ぬくもりのあるナラ無垢床にモノトーンの内装を合わせた大人っぽい空間が広がる。子どもたちが成長してからの家づくりだったこともあり、「新居のテーマは老後」と明るく笑いながら話す奥さま。寝室は1階に置き、水回りをその近くに配置。ぐるりと回れる動線が暮らしやすさに直結する。家づくりの職人でもあるOさんが「ここなら安心」と選んだ『共栄住研』と時間をかけて話し合い、家族の想いを込めた我が家をつくり上げた。

1回につき5社まで資料・カタログをもらう(無料)
来店予約をする
送付内容: 会社パンフレット 施工例集
スタッフ写真

スタッフからのコメント

とても仲の良いOさんご家族。各部屋ごとにいろいろなこだわりを実現しました。エアコン1台で家中快適な高気密・高断熱住宅です。

一級建築士 佐藤 丈夫さん

物件情報

設計者名 共栄住研 一級建築士事務所
施工社名 共栄住研
敷地面積 185.69㎡ [56.18坪]
延床面積 119.24㎡ [36.07坪](1階 77.84㎡、2階 41.40㎡)
構造・工法 木造軸組工法
竣工 2020年6月
施工期間 5か月
外部仕上げ(屋根)
外部仕上げ(外壁) ガルバリウム
1回につき5社まで資料・カタログをもらう(無料)
来店予約をする
送付内容: 会社パンフレット 施工例集

その他の新築施工例 ({{max}}件)

共栄住研

デザインと耐震、断熱・気密性能、全て高ランクな暮らしを実現
  • 本社所在地 静岡県静岡市清水区下野緑町15-29
  • 施工対応エリア 静岡県中部
  • 電話番号 050-5851-0375
  • ジャンル 新築、 土地相談

お客様の声

お客様の写真

『共栄』さんとは親方の元で修行していた頃から20年以上のお付き合い。大工さんも職人さんもみんな知っているので、安心して任せられると思いました。焦らず時間をかけ住宅会社さんと話し合い、いろいろな人の意見を聞きましょう。若い人ほど年配の方の意見も聞いた方が、老後を考えた家づくりができます。

新築したきっかけ

以前住んでいた所はバスの本数が少なく、老後を考えて交通の便利な場所に住みたくて。子どもが成長して学区を気にしなくてもよくなったのもあります。

ロード中

Pagetop