静岡県中部

静岡・三河の工務店・新築・一戸建て・注文住宅・リノベ会社を検索できるイエタテ

注文住宅、リフォーム住宅会社を探す

住宅会社 住宅イベント モデルハウス 新築施工例 施工例特集 リノベ事例 フォトギャラリー 住まいのプロ コラム Q&A
  1. イエタテ
  2. 静岡県中部
  3. 小玉建設
  4. 新築施工例一覧
  5. 地震に強く、自然素材にくつろぐ和モダンの家

小玉建設

検討会社に追加する
施工対応エリア 掛川~静岡市清水区
電話番号 050-5851-0690 ジャンル 新築、 リフォーム、 土地相談

地震に強く、自然素材にくつろぐ和モダンの家

クリップする
O邸  家族構成:夫+妻+長男+次男
重心を低く構えた和の外観。黒いスマート瓦がモダンな印象に。リビング前に設けたウッドデッキは家族の憩いのスペース。軒が深く、子どもたちは雨の日もシャボン玉で遊んでいるとか
深い軒は外観に重厚感を与え、夏の暑い日差しを遮るメリットも
塗り壁と無垢板のシンプルで清々しいLDK。リビングは天井を上げて空間にメリハリを
ご主人たっての希望で造られた本格和室。囲炉裏の上部に設置する「火棚」やR垂れ壁など職人の技とこだわりが細部にわたる
東面の採光窓は奥さまの背の高さに合わせて配置。高めのカウンターは収納もたっぷり
脱衣室の手前に設けたユーティリティスペース。奥の勝手口から物干し場へ直結。取り込んだ洗濯物がすっきり収納できる
キッチン通路の両側にパントリーを設置。洗面室に繋がる
吹き抜けのホールは開放感にあふれ、高窓から採光もたっぷり取り込んでいる
重心を低く構えた和の外観。黒いスマート瓦がモダンな印象に。リビング前に設けたウッドデッキは家族の憩いのスペース。軒が深く、子どもたちは雨の日もシャボン玉で遊んでいるとか
深い軒は外観に重厚感を与え、夏の暑い日差しを遮るメリットも
塗り壁と無垢板のシンプルで清々しいLDK。リビングは天井を上げて空間にメリハリを
ご主人たっての希望で造られた本格和室。囲炉裏の上部に設置する「火棚」やR垂れ壁など職人の技とこだわりが細部にわたる
東面の採光窓は奥さまの背の高さに合わせて配置。高めのカウンターは収納もたっぷり
脱衣室の手前に設けたユーティリティスペース。奥の勝手口から物干し場へ直結。取り込んだ洗濯物がすっきり収納できる
キッチン通路の両側にパントリーを設置。洗面室に繋がる
吹き抜けのホールは開放感にあふれ、高窓から採光もたっぷり取り込んでいる

「十数年前に実家の建て替えをお願いし、今回も、地震に強い構造で和風の家を希望していたので『小玉建設』さん以外考えられなかったですね」とご主人。長期優良住宅で、耐震性や省エネ、暮らしやすさをクリアしつつ、和とモダンを融合したデザイン性の高い家が完成した。特に杉やヒノキの無垢材をふんだんに使ったLDKと繋がる和室が圧巻。古民家風の設えと掘りごたつはご主人の希望だったが、小さな兄弟もすっかりお気に入りの様子。収納が多く片付けが楽になったこと、脱衣室と洗面室を分けてキッチンと繋ぐ回遊動線をつくり家事の時短に繋がったことが奥さまの一番の喜び!

1回につき5社まで資料・カタログをもらう(無料)
来店予約をする
送付内容: 会社パンフレット 施工例集 商品カタログ
スタッフ写真

スタッフからのコメント

耐震等級3・長期優良住宅の認定を取得し、制震ダンパーも搭載。性能に加えデザイン性も力を入れ、色合い・質感など、Oさまの思いが詰まった家になりました。

ホームプロデューサー 松場 将也さん

物件情報

設計者名 小玉建設
施工社名 小玉建設
敷地面積 537.09㎡[ 162.75坪]
延床面積 154.50㎡[ 46.74坪] (1階 108.06㎡、2階 46.44㎡)
構造・工法 木造軸組工法
竣工 2019年9月
施工期間 6か月
外部仕上げ(屋根) スマート瓦
外部仕上げ(外壁) サイディング材
内部仕上げ(床) 無垢板材
内部仕上げ(内壁) 塗り壁、無垢板材
内部仕上げ(天井) 無垢板材、クロス
内部仕上げ(断熱材) 高性能グラスウール
内部仕上げ(柱) ヒノキ材
使用メーカー(バス) タカラスタンダード
使用メーカー(トイレ) TOTO
使用メーカー(キッチン) タカラスタンダード
使用メーカー(照明) Panasonic
使用メーカー(窓・サッシ) YKK
設備・施設 制震ダンパーMIRAIE
1回につき5社まで資料・カタログをもらう(無料)
来店予約をする
送付内容: 会社パンフレット 施工例集 商品カタログ

お客様の声

お客様の写真

アパート住まいの時は生活音を気にしていましたが、今は子どもがのびのびできています。制震ダンパーを搭載したので安心感が高いです。

新築したきっかけ

いつかはマイホームをと考えていました。静岡県は子どもの頃から東海地震が心配されていたので、とにかく耐震はやれるだけのことはしておきたい気持ちが強くありました。

ロード中

Pagetop