イエタテ

静岡県中部

静岡・三河の工務店・新築・一戸建て・注文住宅・リノベ会社を検索できるイエタテ

注文住宅、リフォーム住宅会社を探す

住宅会社 新築施工例 リノベ事例 フォトギャラリー 住宅イベント モデルハウス 住まいのプロ コラム Q&A
  1. 鈴木 浩

ナチュラルライフ

検討会社に追加する
施工対応エリア 掛川~神奈川県西部
電話番号 050-5851-0500 ジャンル 新築、 リフォーム、 土地相談

手描きパースで伝える理想の住まいのアウトライン

プロの写真

一級施工管理技師/一級建築士 鈴木 浩

長泉町出身。父親が鉄工所を経営していた影響で、ものづくりが好きな子どもに育つ。高校、大学と建築科で学び、卒業後は三島市内の設計事務所に就職、5年間勤める。その後工務店に転職し、住宅の設計を手がけるようになる。2018年7月より現職。

『ナチュラルライフ』で営業、設計、工務と、業務全般を担当する鈴木さん。「嫌いな言葉は“めんどうくさい”。だって、これを言っちゃったら、進歩性がないですよね」と語る表情からは、多岐にわたる業務の重圧など微塵も感じない。過去の営業経験から、お客との直接のやりとりで得るものは多いという。自身が知らないことはすぐに調べて、次の打合せ時には答を用意した上で、プラスアルファの提案を心がけているそうだ。鈴木さんの手元には、常に手書きのパースが。顧客の要望を聞きながら、パーツの説明をしながら順次描き足される線からも、誠実さがうかがえる。

住まいのプロに質問しました

プロに質問しましたのイメージ

プロにとって家づくりとは?

常にお客さまと新しいことにチャレンジできることです。設計士の私の仕事は、施主さんの頭の中で漠然としているものまで、図面に描いて見せること。もともと仕事とは面倒なもの。その概念を捨てることで、常にフレッシュな気持ちで、工夫する楽しみを感じています。

どんな時やりがいを感じる?

やはり、月並みですがお客さまの笑顔が見られた時です。人が嬉しい時は、必ず笑顔になりますから。自分が手がけた建築物が形として残り、それを自分が目にできることも、嬉しいですね。
太芯のシャープペンシル

私の仕事の相棒は

太芯のシャープペンシル

パソコンやCADではただの1本の線でも、手描きで何本か重ねていくと立体感が増していく。使う芯は、鉛筆の良さを感じる1.2mmか1.5mm。

住まいのプロの評判

プロのイメージ
代表取締役/仲井 誠一さん

対話を大切にした家づくりを実践

設計と現場、両方の視点があるので、設計時はもちろん、施工途中の現場で「こうしたい」と思うことも相談すると、最大限叶えようと努力してくれます。これは施主さんから見ても頼もしいはずですよ。デザインのことも相談できるので、私にとっても心強い存在です。

住まいのプロの仕事内容

安心の構造2×4を取り入れてつくる 性能、デザイン性が高い理想のマイホーム

設計事務所にいた頃は官庁関連の建設に関わっていた。そうした大きな建物も手がけた一方で、人が幸せに暮らすために住宅の設計にもやりがいを感じている。同社では鈴木さんの得意な2×4工法も取り入れ、さらにバリエーションを増やしていく。

仕事内容の写真

打合せは手描きの図面に描き足しながら 本当に満足できる住まいを実現していく

鈴木さんが設計をする時に大切にしているのは、内と外の同時プランニング。つまり、間取りだけを優先するのではなく、外観のイメージも、話をしながら同時に固めていくのだ。「それが、暮らし始めてからの満足度にもつながるんです」と鈴木さん。

ロード中

Historytl2