静岡県中部

静岡・三河の工務店・新築・一戸建て・注文住宅・リノベ会社を検索できるイエタテ

注文住宅、リフォーム住宅会社を探す

住宅会社 住宅イベント モデルハウス 新築施工例 施工例特集 リノベ事例 フォトギャラリー 住まいのプロ コラム Q&A
  1. イエタテ
  2. 静岡県中部
  3. アトラス建設
  4. 新築施工例一覧
  5. コンパクトの中に理想をすべて 3年越しで叶えたマイホーム

アトラス建設

検討会社に追加する
施工対応エリア 静岡県内全域
電話番号 050-5851-0476 ジャンル 新築、 リフォーム、 土地相談

コンパクトの中に理想をすべて 3年越しで叶えたマイホーム

クリップする
S邸  家族構成:夫+妻+長女+次女 +長男
シンプルでありながら、さりげない気品が漂う漆喰の外観。一部を残した実家の庭ともほどよく調和して、自然のやすらぎを感じさせてくれる
ドアを開けると開放感のある玄関スペースが。土間収納を設け、お子さんの遊び道具まできれいに収納
憧れだった無垢材と漆喰に囲まれたLDK。和室は段差をつけて育児用品がしまえる引出し式収納を。ダイニングテーブルとベンチはDIY
カップボードの面材は無垢材でカスタムメイド。カウンター下の造作収納には散らかりがちな小物を
キッチンと水回りが隣接して、廊下とも直接つながる便利な動線。アーチ壁が素敵
時計がアクセントの2階廊下にはトップライトから明るい光が注ぐ。右上部の空間はロフトにつながる
子ども部屋は3部屋。今は勉強や遊びなど用途によって使い分けている
バンドマンでもあるご主人が音楽や読書を楽しむロフト
シンプルでありながら、さりげない気品が漂う漆喰の外観。一部を残した実家の庭ともほどよく調和して、自然のやすらぎを感じさせてくれる
ドアを開けると開放感のある玄関スペースが。土間収納を設け、お子さんの遊び道具まできれいに収納
憧れだった無垢材と漆喰に囲まれたLDK。和室は段差をつけて育児用品がしまえる引出し式収納を。ダイニングテーブルとベンチはDIY
カップボードの面材は無垢材でカスタムメイド。カウンター下の造作収納には散らかりがちな小物を
キッチンと水回りが隣接して、廊下とも直接つながる便利な動線。アーチ壁が素敵
時計がアクセントの2階廊下にはトップライトから明るい光が注ぐ。右上部の空間はロフトにつながる
子ども部屋は3部屋。今は勉強や遊びなど用途によって使い分けている
バンドマンでもあるご主人が音楽や読書を楽しむロフト

築を計画してから完成まで、約3年を費やしたS邸。実家の敷地の一部を農地転用しようとしたがうまくいかず、「あきらめた時もありました」と奥さま。それでも、実家の庭を解体して何とか建てられることになった。敷地の都合上、当初のプランよりコンパクトにならざるを得ない。『アトラス建設』が練り直したプランは、形は変わってもSさん夫妻が描いていた理想をそのまま引き継いだもの。例えば家事室はなくても、機能的な動線や収納、格納式の室内干しポールを活用することで家事の負担を軽減。ご主人の書斎代わりには、趣味を楽しむためのロフトを。「このスペースで希望通りの家が建てられる」と実感できた喜びは本当に大きかったそうだ。家族それぞれ友人を招くことも増えたS邸。奥さまは育休から職場復帰する予定だとか。S家の新生活は賑やかに動き出している。

1回につき5社まで資料・カタログをもらう(無料)
来店予約をする
送付内容: 商品カタログ、会社案内、その他関連資料一式

物件情報

設計者名 アトラス建設一級建築士事務所
施工社名 アトラス建設
敷地面積 108.51㎡[ 32.82坪]
延床面積 120.07㎡[ 36.32坪] (1階 61.69㎡、2階 58.38㎡)
施工面積 143.36㎡ [43.37坪]
構造・工法 木造軸組工法
竣工 2019年6月
施工期間 6か月
外部仕上げ(屋根) ガルバリウム鋼板
外部仕上げ(外壁) 漆喰
内部仕上げ(床) 赤松無垢材、和紙畳
内部仕上げ(内壁) 漆喰
内部仕上げ(天井) 漆喰
内部仕上げ(断熱材) 吹付断熱
使用メーカー(バス) TOTO
使用メーカー(トイレ) LIXIL、Janis
使用メーカー(キッチン) LIXIL ※カスタムメイド
1回につき5社まで資料・カタログをもらう(無料)
来店予約をする
送付内容: 商品カタログ、会社案内、その他関連資料一式

お客様の声

お客様の写真

もともと漆喰や無垢材を使った自然素材の家が好きで、デザインや予算をトータルで考えた時に理想を叶えてくれそうだと感じたので。『アトラス』さんは本当に建つのか分からない時から親身に動いてくれました。家づくりは妥協しないこと。工務店さんとの出会いは大切ですね。

新築したきっかけ

子どもが小学校に入学する頃、実家の敷地内に新築する予定でした。農地転用が許可されず遅れましたが、庭を解体することで実現できました。

ロード中

Pagetop