静岡県中部

静岡・愛知の工務店・新築・一戸建て・注文住宅・リノベ会社を検索できるイエタテ

注文住宅、リフォーム住宅会社を探す

住宅会社 住宅イベント モデルハウス 新築施工例 リノベーション リノベ事例 土地・建売 フォトギャラリー 住まいのプロ 動画 家づくりガイド イエタテ相談カウンター
  1. イエタテ
  2. 静岡県中部
  3. アクトホーム(木の住まいづくり研究所)
  4. 暮らしコラム一覧
  5. 日々の暮らしに光と風、木に包まれるうれしさを
施工対応エリア
浜松~静岡 / 島田・吉田・藤枝・掛川・牧之原・焼津・袋井・磐田・静岡・浜松
※基本は、弊社より車で1時間以内のエリア (その他のエリアについては、ご相談下さい。)
電話番号
0120-45-3101
ジャンル
新築 、 リフォーム 、 土地相談
1回につき5社まで 資料請求する
検討会社に追加する
アクトホーム(木の住まいづくり研究所) | 日々の暮らしに光と風、木に包まれるうれしさを

日々の暮らしに光と風、木に包まれるうれしさを

家族を大切にする暮らし パッシブデザイン

近所の公園へのお散歩から帰ってきたら、敷地内の家庭菜園へ。高台の茶畑は明るいグリーン、周囲の田んぼも次の季節の準備がはじまっている。さぁ、今年は何を植えようか。玄関に入ると、いつもと同じ、木の香り。LDKには南の窓から招かれた風がさわやかにめぐり、ソファでひと休みしている3人にやわらかな光が降り注ぐ。このシーンを眺めただけで、地元出身、キャンプ好き、自然体で日々を過ごすKさん夫妻が大切にしていることが伝わってくる。

家づくりの転機となったのは、ほぼ決まりかけていた某メーカーで感じた、小さな“なぜ”。窓を開けずに過ごすことがいいことのように語られる違和感。理由もなく価格が値引きされたことへの不信感。そんな時、『アクトホーム』が手がけた知人の家を訪れ、かつて憧れた木の家への思いがよみがえる。「1つの質問に100の答えが返ってきた」という齋藤社長の知識と熱意は、「大手=安心」という印象を抱いていた奥さまが信頼を深めるのに十分だった。

四季を経験し、うれしいことがたくさんあった。夏は心地いい風が吹き抜け、無垢の床はさらり。冬は太陽が期待以上のぬくもりを届けてくれた。「キズも味になりますから」と大らかに見守る姿勢も、木の家に暮らす喜びを大きくしている。撮影時は腕の中にいたお子さまも1歳を迎え、もうすぐ奥さまも職場に復帰する。効率的な家事動線。ロフトを含めた多彩な収納。それから省エネに貢献するZEH性能。成長とともに、さらなる魅力を実感することになりそうだ。

アクトホーム(木の住まいづくり研究所)|空間が縦横に伸び、開放感で満たされる。光が行き届き、風が循環するよう、窓の位置や軒の深さは季節ごとの太陽の高さや風の向きをふまえ計画されている。キッチンからは家族が見渡せ、シンプルな動線が家事の負担を軽減する

空間が縦横に伸び、開放感で満たされる。光が行き届き、風が循環するよう、窓の位置や軒の深さは季節ごとの太陽の高さや風の向きをふまえ計画されている。キッチンからは家族が見渡せ、シンプルな動線が家事の負担を軽減する

アクトホーム(木の住まいづくり研究所)|外観デザインには太陽光の発電量や北側にある母屋との関係にも配慮が及ぶ。外壁はガルバ、玄関両袖はホタテ漆喰仕上げ

外観デザインには太陽光の発電量や北側にある母屋との関係にも配慮が及ぶ。外壁はガルバ、玄関両袖はホタテ漆喰仕上げ

アクトホーム(木の住まいづくり研究所)|土間収納は格子の間仕切りで広さと明るさを演出

土間収納は格子の間仕切りで広さと明るさを演出

アクトホーム(木の住まいづくり研究所)|キッチン収納は同社のモデルルームを参考に。家具もあわせて依頼

キッチン収納は同社のモデルルームを参考に。家具もあわせて依頼

アクトホーム(木の住まいづくり研究所)|床は大井川流域産のスギ。目にも上質さが伝わる

床は大井川流域産のスギ。目にも上質さが伝わる

アクトホーム(木の住まいづくり研究所)|デッキはBBQに活躍。最近のブームは燻製づくり

デッキはBBQに活躍。最近のブームは燻製づくり

アクトホーム(木の住まいづくり研究所)|小上がりの和室にはカウンターを。壁は大工の手仕事

小上がりの和室にはカウンターを。壁は大工の手仕事

アクトホーム(木の住まいづくり研究所)|寝室に書斎コーナーを造作。壁には調湿・消臭作用に優れる独自開発の「お茶薫る珪藻土」

寝室に書斎コーナーを造作。壁には調湿・消臭作用に優れる独自開発の「お茶薫る珪藻土」

アクトホーム(木の住まいづくり研究所)|寝室には広々としたウォークインクローゼット。使い勝手もきっちりと配慮されている

寝室には広々としたウォークインクローゼット。使い勝手もきっちりと配慮されている

アクトホーム(木の住まいづくり研究所)|深い軒と吊りデッキがアクセントに

深い軒と吊りデッキがアクセントに

OWNER’S PROFILE

大井川の流域に生まれ育った夫妻。家づくりは大手からスタート。打合せを進める中で、「本当に建てたい家、叶えたい暮らし」が明確になっていった。

大井川の流域に生まれ育った夫妻。家づくりは大手からスタート。打合せを進める中で、「本当に建てたい家、叶えたい暮らし」が明確になっていった。

このコラムを書いた人

松浦 伸之

松浦 伸之

吉田町出身。静岡大学工学部卒業後、医療用具メーカーにて製造マシンの設計・製作に従事。ある事故をきっかけに、“うれしさの近くにある仕事”をと考え、2002年にデイクリップをスタート。

Pagetop

【イエタテ相談カウンター】無料の個別相談会を実施中!