静岡県中部

静岡・三河の工務店・新築・一戸建て・注文住宅・リノベ会社を検索できるイエタテ

注文住宅、リフォーム住宅会社を探す

住宅会社 住宅イベント モデルハウス 新築施工例 施工例特集 リノベ事例 フォトギャラリー 住まいのプロ コラム Q&A
  1. イエタテ
  2. 静岡県中部
  3. 510 architects
  4. 新築施工例一覧
  5. +αの空間が生活を豊かにする開放性の高い平屋

510 architects

検討会社に追加する オンライン相談可
施工対応エリア 静岡県中部を中心に県内全域(要相談)
電話番号 0537-29-6504 ジャンル 新築、 リフォーム

+αの空間が生活を豊かにする開放性の高い平屋

クリップする
M邸  家族構成:単身世帯
梁の間の窓と直行する形で生活空間部の掃出し窓が設けられ、風の抜け方向が上下で交差し、効率的に通風を確保できる。軒の出は900mmで夏の日差しをカットし、水平線を強調
土間よりキッチンをみる。梁の連続により空間の骨格をつくり、各室がロフトを介してつながる。仕上げは、梁はシナ合板で、床はカバフローリング、色味を合わせ統一
ダイニングから仏間方向をみる。建具を開け放つと各室がつながり、上部にはロフト、その奥の窓から光を導き、奥行きのある空間になっている
仏間と客間。法事などの時はワンルームとして使う。縁側との建具の開閉でプライバシーや通風をコントロールする。建具には半透明のツインポリカを用い、光の拡散を促す
縁側。日射や通風等の緩衝空間となっている。ひながぼっこや夕涼みに最適な場所。夜間や雨の日、花粉の時期などの選択物干し場としても機能
土間。広い土間状の玄関。明るく開放的な玄関で、道路側からの視線や騒音等の緩衝空間となっている。趣味の自転車の解体作業場や展示場所としても機能している
ロフトから和室をみる。反対側のロフトや和室が見える。梁と梁の間には両サイドに開口部があり、光を導いたり、風の抜け道になる。和室には制作の掘りごたつがある
ダイニング・キッチン夜景。梁下の小口には照明を配置し、生活空間の明るく照らす。この照明は制作照明で、スチールの枠に乳白色のアクリル板を取り付け、拡散性に配慮
梁の間の窓と直行する形で生活空間部の掃出し窓が設けられ、風の抜け方向が上下で交差し、効率的に通風を確保できる。軒の出は900mmで夏の日差しをカットし、水平線を強調
土間よりキッチンをみる。梁の連続により空間の骨格をつくり、各室がロフトを介してつながる。仕上げは、梁はシナ合板で、床はカバフローリング、色味を合わせ統一
ダイニングから仏間方向をみる。建具を開け放つと各室がつながり、上部にはロフト、その奥の窓から光を導き、奥行きのある空間になっている
仏間と客間。法事などの時はワンルームとして使う。縁側との建具の開閉でプライバシーや通風をコントロールする。建具には半透明のツインポリカを用い、光の拡散を促す
縁側。日射や通風等の緩衝空間となっている。ひながぼっこや夕涼みに最適な場所。夜間や雨の日、花粉の時期などの選択物干し場としても機能
土間。広い土間状の玄関。明るく開放的な玄関で、道路側からの視線や騒音等の緩衝空間となっている。趣味の自転車の解体作業場や展示場所としても機能している
ロフトから和室をみる。反対側のロフトや和室が見える。梁と梁の間には両サイドに開口部があり、光を導いたり、風の抜け道になる。和室には制作の掘りごたつがある
ダイニング・キッチン夜景。梁下の小口には照明を配置し、生活空間の明るく照らす。この照明は制作照明で、スチールの枠に乳白色のアクリル板を取り付け、拡散性に配慮

新築を建てるにあたりMさんが要望したのは、デザイン性はもちろんのこと、「収納スペースが多い」、「鉄骨造」のふたつ。「鉄骨造の特徴を最大限に活かしつつ、収納スペースを十分に確保できる空間を提案していただきました」と施主さん。玄関は土間状の広い空間。間仕切りを開くと、シナ合板で仕上げされた大きな梁の連続の空間が現れる。生活空間はその梁下部分に入れ子状に入っていて、梁と梁の間には、荷物を置いておくには十分なくらいの収納量が確保されたロフトがある。建替えのため、土間や縁側という従来暮らしていた住宅の記憶も取り入れ、それらの空間とともに、非常に使い勝手のよい回遊動線となっている。また、この家は、各々の部屋は独立していながらも、ロフト部分を介してつながり、家のどこにいても、お互いの気配が伝わるようになっており、つながりながらもプライバシーを確保できる。土間や縁側、ロフトといった+αの空間は、さまざまな居場所や機能を展開していける柔軟性のある住まいとなっている。

  • +αの空間が生活を豊かにする開放性の高い平屋
  • 非常に使い勝手のよい回遊動線
Check Point
1回につき5社まで資料・カタログをもらう(無料)
オンライン相談・来店予約
送付内容: 会社パンフレット
スタッフ写真

スタッフからのコメント

平屋でありながら気積が高いため、開放的です。すべての天井高を高くするのではなく、室により天井高を調整し、空間のメリハリをつくっています。梁と梁の間の窓と、土間や縁側の窓や可動間仕切りを開閉することで、光や風をコントロールできるパッシブな住宅です。

代表・後藤昌史

物件情報

設計者名 510 architects
敷地面積 845.40㎡ [255.22坪]
延床面積 109.31㎡ [33.00坪]
構造・工法 鉄骨造(軽量鉄骨・フィーレンデール梁)
施工期間 6か月
外部仕上げ(屋根) FRP防水
外部仕上げ(外壁) ガルバリウム鋼板
内部仕上げ(床) カバフローリング
内部仕上げ(内壁) ビニールクロス、シナ合板
内部仕上げ(天井) ビニールクロス
使用メーカー(バス) TOTO
使用メーカー(トイレ) TOTO
使用メーカー(キッチン) クリナップ
使用メーカー(照明) 制作(NIPPO)、DAIKO
使用メーカー(窓・サッシ) YKK
1回につき5社まで資料・カタログをもらう(無料)
オンライン相談・来店予約
送付内容: 会社パンフレット

お客様の声

お客様の写真

無料相談をきっかけに、後藤さんは、こちらの要望にもしっかりと耳を傾けてくれる気さくな人柄だと知りました。決め手は、主な要望として、収納スペースを確保すること、鉄骨造すること、のふたつを確実に実現でき、その他の細かい要望にも柔軟に対応しながらも、デザイン性にも特化し、様々な要望を解決してくれると確信したためです。週末や長い休みの日には、姉妹、姪や甥やそのこどもたちが遊びにきたり、泊まりにきたりし、快適に暮らしています。以前の家と変わらず、土間や縁側があり、とても明るく風通しもよい快適な家ができて本当に良かったと思っています。

新築したきっかけ

前に住んでいた家は、田の字型のプランに、縁側と土間があり、天井も高い元養蚕農家の木造住宅でしたが、公的な土地利用の関係で、もともと住んでいた伝統のある家を新築移転をせざるを得なくなってしまったので。

ロード中

Pagetop