静岡・三河の工務店・新築・一戸建て・注文住宅・リノベ会社を検索できるイエタテ

  1. 建てたからこそ言いたい!先輩施主あるある座談会 【前編】

コラム・特集  建てたからこそ言いたい!先輩施主あるある座談会 【前編】

建てたからこそ言いたい!先輩施主あるある座談会 【前編】

建てたからこそ言いたい!先輩施主あるある座談会 【前編】

【吹き抜け、お風呂】

藤本:
うちは吹き抜けの壁を一面ガラス張りにしたんです。日差しが入って明るいので照明はほとんど使わないですね。
昼間は基本的に照明いらずです。吹き抜けは一長一短あるけど、広々して気分いいですよ。それとボクはお風呂が好きなので、お風呂にはこだわりました。ユニットバスじゃなくて掘って造ってもらったんです。露天風呂じゃないんだけど、窓を開けると庭を見ながら入れるようにして。夏でも冬でも窓を全開にして、開放的ですよ。最高です。

谷澤:
窓全開にして、外から見えないの?

藤本:
一応設計上はね。カミさんが言うには実は見えてるらしいんだけど、オレは全然気にしない(笑)

【動線、エコママパック】

谷澤:
私は動線にこだわりました。廊下を極力なくして、玄関のエントランスから扉一つで、すぐリビングに。リビング奥にはキッチン、左に回るように食品庫、洗面所、トイレ、階段を並べて、ぐるっとリビングに戻れるようにしたんです。移動がラクで家事もとてもスムーズ、お気に入りです。家族の居場所もすぐわかっていいですよ。それと「エコママパック」という、太陽光発電+オール電化+LED+エコ仕様トイレ+食洗機のセットにしたんですが、これはよかった。メンテも楽だし、光熱費も安くて助かってます。

坂本:
太陽光発電って、実際どのくらい売電できるの?

谷澤:
それが、結構売電できるんですよ。多いときは月2万円、冬や雨が多い月でも最低1万円はいきますよ。

坂本:
ホントに! それはすごいね。

【ウッドデッキ、2階の風呂】

志水:
うちはウッドデッキを作ってよかったね。前に酔って帰宅したら、鍵を忘れて家に入れなくって…。仕方なくデッキでひと晩過ごしたんだけど、なかなか快適なんだよ~。

松村:
デッキの使い方じゃないですね(笑)

志水:
だね(笑)。それと、デッキがリビングと子ども部屋とつながっていて、回遊できるようになってるんです。だから子どもたちが走り回ったりできて、楽しいですよ。あと、予想外に便利で快適だったのが、お風呂を2階にしたこと。当然、洗濯機も2階に置くことになったんだけど、そのままベランダに干せるので、洗濯が全て2階で完結できるんです。ちょうど軒つきのベランダもあったから、雨でも干せるし、いいんですよ。

谷澤:
1階が片づきそう~。案外、洗濯物でリビングが乱れちゃいますよね。

松村:
あるある、ソファーがモリモリにね!

志水:
まぁ、うちは2階の寝室に洗濯物がモサッとしてるんだけどね(笑)

【洗面所、シューズクローゼット】

寺本:
私の家も2階にお風呂なんです。志水家をマネたんですけど、これはホント便利。あと、洗面所を広く3畳とったんです。だから洗濯は洗面所内で干してから外に、取り込む時もハンガーごと持ってきて、畳みながら、そのまま収納。洗面所で全部済むので洗濯がすごく楽です。化粧もココでしますし、いつも小さな子どもがついて回るから、広い洗面所もオススメですよ。

松村:
洗面所は意外と長時間いるもんね。

寺本:
あともう一つ、2階のお風呂の利点。おもちゃが1階にあるから、お風呂に入った後、子どもが遊ばない! ベッドに直行できるので、生活習慣のリズムが作りやすいですよ。

坂本:
いいね~。「鬼さんがでるぞ~」なんて脅さなくていいもんね(笑)

志水:
そういえば、玄関のシューズクローゼットも考えてたよね?

寺本:
そうなんです。半分土間にして、ベビーカーや三輪車なんかも収納できるようにしたので、玄関はスッキリできました。

【無垢の床】

坂本:
うちは奥さんが喜んでくれてるからそれでいいです。

志水:
おいおい、こだわりないのかよ~!

坂本:
まぁ床は、無垢にしてよかったですね~。うちはパイン材という、ちょっと柔らかい木なんです。だからゴロゴロ寝転がっても気持ちがいい。傷はつくんですけど、それも味だなぁって思ってます。どう暮らしてもいずれ傷はつきますからね~。

松村:
だね~。うちは息子にクレヨンで床に落書きされたけど、それも味かな(笑)。

坂本:
無垢だとどこで昼寝しても嫌な感じがしなくていいですよ。

寺本:
うちも床の上でゴロゴロするけど、無垢はいいよね。そう畳の小上がりも気持ちいいよね。

【家具、照明】

松村:
私は家具や照明にちゃんと予算をとっておいたのがよかったですね。いざ暮らすってときに、家具のインパクトって結構ありますよね。家はきれいなんだけど、家具がイマイチだと残念じゃないですか?

志水:
あるよね~、カラーボックスもってきちゃったり。

松村:
依頼した会社さんに「家具にはお金をかけなさい!」って言われて、初めはそんな発想がなかったから
言ってもらってよかったです。

坂本:
ちょっとこの照明なんですか! すごくないですか~?あ~これはもしかして

志水:
普通じゃ手がでない北欧系のヤツじゃないか?

松村:
リフォームだからですよ~(笑)。でも予算って限界があるじゃないですか? 特にキッチンは結構高いですよね。だからうちは、キッチンは一番安いのにしたんです。メリハリです。

志水:
うちもキッチンは安いんだよ~。キッチンとトイレ2つとお風呂をセットで100万円という破格値のヤツを、工務店さんが探してきてくれて大分コスト削れたね。使い勝手は比べたことないからわからないけど、それでも全然困らないよ。

まとめ

家づくりの考え方や暮らし方はみんな違うもの。これが絶対という正解はないけれど、いずれも生の体験談なので、ぜひみなさんの家づくりの参考にしていただけたら嬉しいです。次回は「こうすれば良かった」という失敗談をご紹介します。

ライターのご紹介

イエタテ編集部
イエタテ編集部

フリーマガジンイエタテ・家を建てるときに読む本・WEBイエタテを運営するイエタテの編集部。フリーマガジンイエタテ夏号が先日発行しました!あなたの家づくりに役立つ情報をお届けします。

関連のコラム記事はこちら

住んでみてわかった! あるある成功失敗談 後編
2016-07-12
住んでみてわかった! あるある成功失敗談 後編

ライター:イエタテ編集部

住んでみてわかった! あるある成功失敗談 前編
2016-06-23
住んでみてわかった! あるある成功失敗談 前編

ライター:イエタテ編集部

CLOSE