静岡県東部

静岡・三河の工務店・新築・一戸建て・注文住宅・リノベ会社を検索できるイエタテ

注文住宅、リフォーム住宅会社を探す

住宅会社 住宅イベント モデルハウス 新築施工例 施工例特集 リノベ事例 土地・建売 フォトギャラリー 住まいのプロ 動画 コラム Q&A 家づくり相談窓口
  1. イエタテ
  2. 静岡県東部
  3. コラム・特集一覧
  4. 人気の間取りガイド
  5. よくある! しまった! 間取りの失敗ランキング6 〈対策ポイントつき〉

コラム・特集  よくある! しまった! 間取りの失敗ランキング6 〈対策ポイントつき〉

よくある! しまった! 間取りの失敗ランキング6 〈対策ポイントつき〉

よくある! しまった! 間取りの失敗ランキング6 〈対策ポイントつき〉

失敗➀ 足りない! 使いにくい! 収納の量・配置の失敗

失敗➀ 足りない! 使いにくい! 収納の量・配置の失敗

もっとも多く聞かれたのが「収納」の失敗。「収納は多い方がいい!」とたくさん作ってみたのはいいけれど、いざ暮らし始めると使いづらかったり、ほしいところになかったり…。自分たちの家での過ごし方や一日をイメージして計画しないと、「こんなハズじゃなかった!」が多く発生してしまうのが収納なのです。

【先輩たちの体験談】
「玄関を広くしたのは良かったけれど、いつも履かない靴や道具まで丸見え。玄関収納がまるで足りませんでした。」
「日用品がいつも迷子に。必要な場所に収納がなくて、結局あれこれ出しっぱなしになっています。」
「収納したいものと奥行きや幅が合っていなくて使いにくい…。」
「"収納はたくさんある方がいい"と部屋ごとに小ぶりの収納をいくつも配置したけれど、いちいちそれぞれの場所に片付けるのが面倒!」

【こんなことに気をつけよう 対策ポイント】
①片付けるものをなるべく具体的にイメージしよう。目的に合わせて場所やサイズを決めるのがベター。
②家族の衣類はまとめてしまうのも一つの手と、ウォークインタイプのファミリークローゼットも増えている。今、どんなスタイルが人気か住宅会社に尋ねてみるのもおすすめ。

失敗② あのシーンを想像できていなかった 動線の失敗

失敗② あのシーンを想像できていなかった 動線の失敗

例えばよく耳にするのが「家事動線」。水回りをコンパクトにまとめて家事ラクを実現したつもりが、その先の動きを考えていなかった…というのも実はよくあるうっかりミス。先輩たちは、日々の細かな動きの中で「こうすればよかった」を感じているようです。

【先輩たちの体験談】
「玄関そばに手洗いのできる洗面を設ければよかった! 感染予防対策はもちろん、子どもたちが手についた砂でLDKを汚してしまうのを防げたはず。」
「トイレが寝室から離れている。夜起きてトイレに行きたい時や、朝がちょっと不便です。」
「ランドリースペースとクローゼットが遠いので、洗濯物を片付けるのが手間!水回りをまとめるところまでは良かったんだけど。」

【こんなことに気をつけよう 対策ポイント】
➀家具や家電の配置を決めて、実際に使うシーンをイメージしながら検討を。「こんな暮らし方がしたい!」を住宅会社に伝えてみるのも○。

失敗③ ここに欲しかった! コンセント・照明の失敗

失敗③ ここに欲しかった! コンセント・照明の失敗

コンセントや照明は、住み始めてから変更することがかなり難しいもの。大きな家電のことは頭に入っていたけれど、それ以外が考えられておらず1か所のコンセントが混み合ってしまうケースや、日々の掃除やスマホ・タブレット類の充電を想定していなかった…という先輩の声が多く聞かれました。

【先輩たちの体験談】
「キッチン裏のコンセントが大混雑! 電子レンジ、トースター、ポットに炊飯器…。どれもこれも毎日使うものだから、三口のプラグを買い足しました。スッキリさせたかったのに残念。」
「ベッドサイドにコンセントを計画しなかったのは痛恨のミス! 就寝中、枕元にスマホを置いて充電したかった…。」
「ダイニングの照明がダイニングテーブルの中心にありません(涙)。ダイニングテーブルの大きさを先に考えていなかったのがよくないのですが、こだわりの照明&テーブルなだけに悲しいです。」

【こんなことに気をつけよう 対策ポイント】
➀配線をごちゃごちゃさせたくないなら、コンセントの位置は生活イメージから逆算! 冷蔵庫、洗濯機、テレビ以外の家電用品の使用頻度や配置にもよく気を配って。
②照明は空間を演出する重要な要素。適切な位置はもちろん、どんな明かりが好みか、それによってどんな雰囲気にしたいのかを考えるのもポイントに。

失敗④ 日中カーテンが開けられない!視線・プライバシーの失敗

失敗④ 日中カーテンが開けられない!視線・プライバシーの失敗

つい、家の中のあれこれを計画することに夢中になって、内と外のつながりが頭からすっぽり抜け落ちてしまっていたという先輩もちらほら。敷地と道路の高低差による外からの視線や、隣家との位置関係が後から気になってしまっては、せっかく建てた家の住み心地も残念な結果に…。

【先輩たちの体験談】
「玄関を開けると室内が丸見え! 配達員さんも視線のやり場に困っている様子。プライバシーとは…!?」
「リビングの窓と隣家や通りからの視線の高さが同じ。ついうっかり目が合ってしまう、なんてこともあります…。」
「来客時、お客さまの通り道から家族の暮らしが筒抜け! 来客のたびに慌てて家中を片付けなければいけなくて大変です。」
「リビング南側の大開口の窓はお気に入り。なのに、正面の道路は通学路。特に夕方は子どもたちをはじめ、道行く人の視線を気にしてカーテンを開けておけません。」

【こんなことに気をつけよう 対策ポイント】
➀外からどのように自宅が見えているのかもシミュレーションしよう。また、隣の家の窓の配置もチェック。なるべく位置が被らないように配慮したい。

間取りの失敗⑤ 思うように使いこなせない… 広さの失敗

間取りの失敗⑤ 思うように使いこなせない… 広さの失敗

置きたいインテリアや理想の暮らしに合わせて広さをしっかりと計画するのとしないのでは、見た目も使い勝手も快適性も変わってくる。リビングだけでなく、キッチンや洗面台などは実際に使うシーンをイメージするのが重要。

【先輩たちの体験談】
「脱衣所をもう少し広くするべきだった。朝の忙しい時間は順番待ちが発生します。」
「キッチンを実際に使ってみると、なんだか狭い。ひとりならいいけれど、2人で作業するのはちょっと…な広さ。」
「なんとなく設けてしまった和室。広さが中途半端で使いづらい。物置になっています。」

【こんなことに気をつけよう 対策ポイント】
➀どんな風に使いたいかを想像して伝えよう。置きたい家具や、家族の生活を具体的にイメージできているとより失敗を防ぐことができる。

間取りの失敗⑥ 採光・通風って大事… 明るさ・温度の失敗

間取りの失敗⑥ 採光・通風って大事… 明るさ・温度の失敗

窓の大きさ、配置にこだわってみたけれど、日照や風の通りについては想定しきれていなかったという先輩が続出。窓はあるのに日が差し込まなかったり、日当たりが良すぎて室内が高温になってしまったり…。せっかくお気に入りの間取りを実現できても、室内の快適さはいつも空調頼りでは少しさみしいものです。

【先輩たちの体験談】
「住宅密集地なのに、窓の配置の判断が甘かった。1階までなかなか光が入らず、日中も電気をつけて過ごしています。」
「南に大きな窓のあるリビングは明るくてとてもいいのですが、日照時間が長く想像以上の暑さに。」
「吹き抜けのあるリビングの冷暖房効率が十分に考えられていませんでした。特に冬場、足元が冷えます。」
「風通しが悪くてジメジメしている部屋がある…。湿気や結露によるカビが心配です。」

【こんなことに気をつけよう 対策ポイント】
➀「南窓=正解!」ではないので、周辺環境から光と風をイメージすることが大切。自然を上手く味方につけたつくりにすれば冷暖房効率もグンとアップし、地球にもお財布にも優しい暮らしが叶う。

間取りの失敗を防ぐためにできることは?

➀実例を見る
実際に家を建てた人たちの体験談やたくさんの事例は、自分の生活に合う間取りを考える際のヒントに。まずはWEBイエタテの施工例から好みの家を探してみよう。

▶︎イエタテで好きな施工例を探してみる

上記のリンク先で居住予定エリアを選び、条件を設定して検索!

②イメージする
「自分たちの生活スタイルに合う間取り=暮らしやすい間取り」になるので、いかに生活を具体的に思い描くことができるかがポイント。1日の流れはもちろん、置きたい家具やどこに何を片付けるかなども具体的にイメージできるとよい。

③環境を知る
隣家や周囲の建物の状況、通りの交通量、日当たりなどを考慮した間取りで視線や明るさの問題もクリア! 住宅会社に候補の土地を事前に見てもらうのもおすすめ。プロの目線で周辺環境の特徴を見極めてもらおう。

④体感する
実際の家を見学して、間取りを体感することも重要。面積や空間の広がり、動線をイメージしやすくなる。WEBイエタテで行きたい見学会・モデルハウスの検索・予約をしてみよう。

▶︎イエタテで希望エリアの見学会・モデルハウスを探す

上記のリンク先で居住予定エリアを選び、条件を設定して検索!

ライターのご紹介

イエタテ編集部
イエタテ編集部

フリーマガジンイエタテ・家を建てるときに読む本・WEBイエタテ・わたしの住まいみんなの暮らしを運営するイエタテの編集部。あなたの家づくりに役立つ情報をお届けします。

関連のコラム記事はこちら

該当するコラム記事がありません

Pagetop